月別アーカイブ: 2011年2月

コラム「溶解 後編」

縛るという行為は、官能に溶解していく己と他者との境界を、辛うじて保つ機能があるように私には見える。性的快楽を媒介にして融合しようとする精神を、あえて現実に留め置く。
それでもなお、縄目より染み出し、心が一つになる事が出来たならば、二人は、より強固で分かち難い愛を手に入れたと言えるのである。
まさに、それ自体が苦行と言えよう。緊縛プレイは一見、縛る者がサド、縛られる者がマゾと記号化されているが、しばしば、「両者ともマゾ」といった解釈が成り立つのは、この為ではなかろうか。

俯瞰して見る。
実は、緊縛自体が充分に背徳的であり、その魅力の虜となった者達は、精神内部、とりわけ宗教的な価値観に置いての“善”“悪”、その境界が最初から溶解した状態にある。

さらに俯瞰して見る。
すでに特異な嗜好の区分けが液状化した事で、大衆化が加速している。その“恩恵”は、緊縛にだけに止まらず、それまで「変態」と蔑まれた全ての分野に及ぶ。
「変態」に対する背徳心や羞恥心が溶解した現代。どれほど他者には理解しがたい嗜好であろうと、擬似的なものであれば、ほぼ制限無くその快楽を手に出来る。

結果、その幻影の中で官能自体が一種の不感症、麻痺状態にあるのではないか。エロティシズムによる心の溶解は、その副次的効果として個々の抱く官能基準すら曖昧にしてしまったと言えよう。
少し前までは、正常と異常の境界が明確に在り、自己の異常性をハッキリと知覚出来た。
それが、どうだ。
今や天地無く、心の形を知る手がかりが「快感の記憶」以外見当たらない。相対的基準を失った、かつてのエロ青年、エロ少年が、今昔の作品の対比に置いて過去作品に軍配を上げる姿は、無限の抽象世界に漂う不安を、闇雲に訴えているようにも映る。「自らが強く望んでいた状況」、であるにも関わらず、だ。

さて、エロと同様、精神を溶解させるものに「音楽」がある。

声を合わせ、作者の想いをなぞりその情景に同化する陶酔感。ライブ会場での、ビートに肉体を委ねる抽象的な快楽と、その一体感に伴う高揚は、やはり心の壁を溶解するのだ。その様は、SEXに興じる姿と重なる。音楽もやはり官能に近いところに存在すると言って良いだろう。

9.11テロをきっかけに、アメリカではジョンレノンのイマジンが放送自粛された。
理由は、「想像してごらん 国境の無い世界を」がナショナリズム高揚に水を差すとの判断があったとされる。またその後の、キリスト教とイスラム教の宗教戦争とも言われたイラク戦争にあって、冒頭の「想像してごらん 天国のない世界を」一節が、キリスト教を否定していると受け取る向きもあったようだ。
いずれにせよ。この曲が言っている事は、宗教も含めた統治のシステムを維持する為に、これまで何千年とかけてでっち上げてきた、あらゆる境界の溶解である。だが実は、そのようなものは最初から存在しないのだ。その事に人々が気づくことは、戦争好きの支配者にとって誠に不都合であったに違いない。

かつて、音楽で世界を変えようとした者たち。彼らも心の溶解を以って、既存社会の変革を目指したのではなかったか。しかしそれは、体制そのものと言っても良い巨大な商業主義に飲み込まれ、同化した事で挫折した。同時に、普遍的に純化した真実の在処、イデア界への扉は閉ざされたのである。今後も、彼らがイデアの眩い光を見ることは無いだろう。

そして同時代。日のあたる場所で若者たちが「Love&Peace」を叫んでいた陰で、世の中にエロを発信し続けた先人たちもまた、ほぼ確信的に、同様のカオスを夢想したのではなかったか。

より強力な溶解作用を持つエロティシズム。それをビジネスとしたポルノ産業は、少なくとも明治以降の日本に置いて、弾圧・排除の対象であった。逆説的な意味で、これもまた支配の一形態と言って良い。
しかし、それでも。
エロはいかなる制約もすり抜け、触れたものの心を容赦なく溶解させる。それには、支配行使のメカニズムも当然含まれる。ゆえに、為政者はエロを恐れ、規制に躍起となるのだ。

溶解という現象から垣間見えるのは、イデアへと帰還する精神の成長に他ならない。
諸々を溶解させるエロティシズムは、人類がまだ手にしていない、次代の社会システムの発見を容易にするであろう。だが、現出した世界が理想郷であるかどうかは誰にも分からない。ただ少なくとも、現支配層にとっては、さぞ居心地の悪いものになるだろう事だけは間違いように思われるが。

猥褻物頒布や児童ポルノ法違反といった俗世の見地ではなく、もっと高次において、そういった“危険物”をやり取りしている事の自覚はあるのか。自問の日々である。

これには、送り手受け手の区別は無い。わずかで良いのだ。エロに関わる全ての人々が、その底知れぬ力を意識する時、エロは、本当に地図に引かれた国境をも溶かすのかもしれない。

「想像してごらん 全てが溶け合う世界を」

昭和緊縛史 第17-18集

今週の緊縛桟敷での旧原稿の掲載は篠本かとみです。
篠本さんは今回発売の昭和緊縛史の17集にも収録されておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

また、このCD-ROMには、下記のような当時を振り返った杉浦則夫手記や、マニアの皆様による情報を掲載した小冊子が同封されております。

篠本かとみ(第十七集 収録)
篠本かとみ初出はSMセレクト82年9月号のグラビア「浣腸讃歌」、モデル名中園裕子。ほかに清川鮎の別名あり。色っぽい顔とグラビア映えするスレンダーな体つきで人気が高いです。清川鮎という別名もある。<情報提供>

田中まきえ(第十八集 収録)
田中まきえ剃毛の効果がよくでるには恥丘のひろがり、大小陰唇の未発達ぐあいがそろうと股縄二本でぎりぎりに隠れ、恥丘にくいこむ縄筋がエロチックだ、まきえがまさにそんな股間部をかねそなえた18歳でした、プロダクションから説明も受けず撮影現場に入ったまきえは「毛を剃ります」とやぶからぼうに告げられ顔を真っ赤にして恥じらったが、編集者に片隅においやられて呻きながら剃毛されていた、まきえのように美しく剃りあがる子の恥毛は毛が細く柔らかくみずみずしい毛質だ。初めての撮影のようで、大変な仕事だと観念して大変協力的であった。-けごん旅館-<杉浦則夫手記>


昭和緊縛史 第17-18集 同時発売開始

緊縛桟敷キネマ館 にて発売中
杉浦則夫緊縛桟敷

コラム「溶解 前編」

官能は精神を溶解させる。
SEXの快感。エクスタシーに伴う、あの蕩ける様な感覚は「溶解」そのものだ。
愛の言葉を重ねれば重ねるほど、個々の精神は明確な境界を描く。衣服を脱ぎ捨て、互いの裸体を強く合わせても、肉体は絶望的に二人を分かつ。しかし、肉棒と膣壁の薄い皮膚の擦れによって生じる快感が、生々しい滑りと共に、彼らの心の境界を溶解させていく。

70年代終盤、自販機本ブーム。
視覚に訴えるという手段を持って、主に男性に擬似的快感を与えた。読者は、一瞬ではあっても、現実と仮想の境界を見失うのである。大量に、同時に、起こったこの共通体験は、若者の性の意識に多大なる影響を与えたはずだ。「フリーセックス」などという刺激的な言葉が輸入され、苦笑の他無い様々な曲解を生んだのもこの頃でなかったか。

当時の自販機本を読見かえすと、驚くほど哲学的、思想的な文章に出会う事がある。
すでに学生を中心とした新左翼運動は、過去のものとなっていた。
が、しかし。その気分を引きずった一部のインテリ層、とりわけ闘争に挫折したかつての活動家達が、アンダーグラウンドの自販機本の業界に流れ込んだとの理解は間違っていないだろう。あきらかに、プロレタリア文学に源流を見とれるその文章を読めば疑う余地は無い。

既存の統治システム解体を試みた急進的左翼思想の残骸と、統治の根幹を成す道徳規範を溶解するエロティシズムが同居した、この奇妙な出版物は80年代初頭の爆発的ブームとなって、日本を席巻する。

表紙に“レイプ”を謳っていても、その半分のページがニッコリと微笑むモデルで埋められていた。そんな自販機本群にあって、緊縛作品はやはり亜流のキワモノ扱いだったハズだ。それでも結構な数のタイトルがリリースされている。だがその多くは、一見して縛りの甘さから、作り手がそういった嗜好の持ち主でない事をうかがわせた。マニアからすれば、表紙を見ただけで“ハズレ”とされ、決して購入に至る事の無い代物だった。

まさか。縛られた女性を、伝統や歴史に拘束された、あるいは米国に支配されている日本に重ね合わせ、「快楽によって内側から溶解させ、呪縛から解き放たれる様を描いて見せるのだ」との企画意図があったかはともかく。そのような元活動家が居たとしても、なんの不思議も無い。そんな時代であったと思う。

ブームが終焉を迎える80年代半ば。衰退の直接的原因であった当局の摘発強化に伴う「出せば片っ端からパクられた」状況も、なにも「猥褻」それだけの理由ではあるまい。「新左翼の残党狩り」、それこそが隠された真の目的であった事は容易に推測できよう。

だがその後も、時にホームビデオ、時にインターネットという強力な媒体を解して、そして2000年に入り、オタク文化を隠れ蓑にしながら、徐々に、しかし確実にエロは「溶解」という、その密かな企みを実現していくのである。

対する伝統的支配層にとって「性の乱れ」に端を発する規範の溶解は、由々しき事態だ。
なによりまず、統治の為の最小単位、「家」の概念が希薄となる。この現象は、ヒトの持つ集団への帰属意識を巧みに利用し、緻密に積み上げられたヒエラルキーを土台から崩す。
技術革新やパラダイムシフトのたびに、体制側からの封じ込めが行われるのはこの為である。ポルノ表現の肥大と萎縮の変遷は、すなわち当局の時々の意向に連動した、生々しい記録と言えよう。

性欲は元来、食欲や睡眠欲と同様、個人の意思では完全なコントロールが出来ない欲求だ。
国家はこれを逆手に取る。国民を支配する為には、「容易に守れない法律」をつくれば良い。反体制分子には、これをもって警察権力を行使する。もちろん、その前段階に周到なる用意を持って、道徳規範を作り上げる事は言うまでも無い。この場合の“道徳”とは、カントの言う道徳律とは全く別な社会便宜上の人造物である。
(現在も機能している独裁国家を観察してみれば分かる。彼らは例外なく「性」のコントロールに躍起ではないか。)

そして今年7月には、改正東京都青少年健全育成条例が施行される予定だ。
「刑罰法規に触れる性行為や近親婚、強姦などを不当に賛美・誇張」するマンガやアニメの描写を販売規制するらしい。はて、該当するエロ描写など、とっくに成人向けとされていたハズだが。

今は、女性向けの一般漫画がスゴイらしい。なんでも男同士の性描写有り、レイプ有り、近親相姦有り、という。どうやらリビドーは、今や男女の境も溶解させた模様である。

「子供の為」を大儀としながら、表現規制に直結しているこの条例の問題点は、すでに色々なところで指摘されているので、此処では書かない。
ただ、全共闘議長だった作家が、規制推進の側に居る事、その歴史の皮肉を大いに笑いたいと思う。

エロは、心を溶解させる。
権力は、志を溶解させる。

北谷静香

今週の杉浦則夫緊縛桟敷の更新は、北谷静香。
マン。レイが唇を女の性器にみたてて作画して以来、多くの作家が美しい唇の画像をてがけた、北谷静香のそれはそんな作家たちの琴線をふるいたたせるほどに美しく色気ずいている、米国女優のアンジェリーナ。ジェリーにならぶほどに艶ぽくある、またダッチワイフのごとく男の性器をくわえんとするがごときに開くさまはまさに天性の娼婦を想わせる。だがいったん公の場にあれば大企業のOLとして凛々しく働く、マネートレイディングなどで小銭を稼ぐ今の若者だ。

杉浦則夫緊縛桟敷 より原稿掲載

川上ゆう 新作のご案内

昨年末に川上ゆうさんを極寒の中縛り上げた作品が
ついに公開致しました。

前半は、
言葉による心の追いつめから、自慰そしてスパンキング、最後は吊りで果てます。
言葉責めでは神田つばきさんも出演しています。上記作品ページ→

後半は、
麻縄と足での踏みつけによる顔面うっ血の首締め、美しいポーズを多数収録し、
失禁放尿、つり上げてのバイブ責めもあります。上記作品ページ→

皆様どうぞ、川上ゆうちゃんの緊縛映像を高画質HDにて堪能下さいませ。
緊縛桟敷キネマ館 にて発売中