月別アーカイブ: 2011年4月

新作追加「緊縛バイブ潮吹きLive」

緊縛桟敷キネマ館も皆様に支えられ、活気づき初めております。皆様毎度のご利用、誠にありがとうございます。

この度は、新作のご案内をさせて頂きます。


本日沢井真帆さんの現場動画HD版を公開致しました。
沢井真帆 [特別単体編 緊縛バイブ潮吹きLive]

少女が散々に縛られ、バイブをつっこまれ、弄られ、オナニーを強要され、
スチールの撮影現場にも関わらず、潮吹きをしてしまいました。
する必要の無い潮吹きは、不思議なもので
まるでお漏らしをしたような恥ずかしさに似ていたように思えます。

今回はTHE緊縛バイブ特集とでも言えますでしょうか、
濡木痴夢男さんの緊縛も懐かしく思えます。

上記作品のページです→

—————————————————————————–

余震も続き、被災されている皆様におきましては
大変苦しい時期ではございますが、
日本全土で協力し現在の苦境を是非乗り越えましょう。

弊社も微力ながら募金を続け、
余震の中細心の注意をはかり、撮影を頑張っていきます。
ツイッターで撮影中継も行っておりますので、
ほんの少しでも楽しい一時をご提供出来ればと思います。

以上、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

窒息願望のマゾヒスト

緊縛を好む女性に窒息願望のマゾヒストが多いのには驚く、この4カ月ばかり興味があって調査してみると10人中10人がその願望を持っている。

私の撮りためているこの女性も強くその願望をもち危険に晒されながら欲求に応えている、慣れない頃に正座の姿勢をとらせて首を上げさせたところよけいに縄が首にくいこみ顔色が土色に変わるのを見て慌てて縄を解く失敗をした。
縄を止める時に指2本分の隙間を作らず固く止めたのが原因だ、女は窒息を求めているのだから強く締まるほど興奮するから安心はできない。

また縄止めに余裕があっても首を責めている時間にも充分注意を要する、ほどよい時間で妥協しないと女が柔道にある落ちることになってしまう、格闘技を心得ている人はそんな時の蘇生術を心得ているが無術の人はそのようなことにならないように充分注意。

本能=性欲が物欲に負けた日

緊縛新聞をご覧の皆様、お久しぶりです。
気楽に読んでいただけそうな思い出話を書かせていただきます。

私がSMセレクト誌を購入し始めた頃は、まだ学生だったのでお金がなく、年2回発行されていた写真集「秘蔵版緊縛フォト」まで買うことは出来ませんでした。
東京の古書店で大金はたいて購入した、2代目の76年7月号の「秘蔵版緊縛フォト」を見るたびに思い出す、忘れられない事件があります。
まだ20代半ばゆえ、溜まってくると悶々としてきて落ち着きがなくなり、そわそわする日々ばかりの年頃。
ついにはどうにも我慢できなくなり、新しいネタ(もちろん上質の緊縛写真)が欲しくて欲しくて、どうしようもなくなってしまった暑い夏の日でした。
狙いは、その頃住んでいた実家から遠い場所にあった、人のよさそうなおじさんが一人でやっていた古本屋。
そこに買いそびれた、その頃お気に入りだったモデルさんで、後に日活ロマンポルノの女優さんとして活躍することになる水島美奈子さんが載っている、76年7月号の「秘蔵版緊縛フォト」があるのを知っていたので、意を決して買いに行くことにしました。
小説SMセレクト75年4月号グラビア「羞恥に泣く19歳」に月原篠名で、SMセレクト75年12月号グラビア「期末試験」に本田綾子名で掲載されていた、女学生姿で縛られた姿がとても印象的な美人でした。
買いに行く道々では、セレクト誌にあった逆海老足吊りの別カットがあったら、そのページでフィニッシュしよう、などと実用的なことを考えながら、下半身の一部は硬度120パーセント、ひょっとしたらよだれすらたらしていたかもしれません。
他にもSM誌や写真集があったら、買えるだけ買ってやろうとかなりのお金も用意、それほどに買う気満々、そして残液感ゼロの一気放出を目標に出す気も満々で、鼻息荒く店の戸を開けました。
するとそれまではなかった、見慣れないレコード棚にまず目がいったのです。
その店は以前から本のほかに、レコードも置いてあってたのは知っていました。
しかし、店の隅に無造作に平積みにしてあって、レコード自体も私には興味のない、演歌や歌謡曲ばかりだったので、まともに見ることもなかったのでした。
一応ちょっとのぞいてみようと、洋楽のシングルコーナーを見て驚きました。
いきなり当時、レコード収集家としてのキャリアもスタートさせていた、私が捜し求めていた、ずっと欲しかった1枚のシングルが出てきました。
しかも200円と実に安い。
当時すでにプレミアがつき、マニアが血眼になって探しているレコードが、定価の半分でいいやと、適当に決めたとしか思えない安値で目の前に。
これはきちんと全部見たほうがいいと、汗だくになりながらも、はしからはしまでまでチェックを開始。
正直この段階で、あれほど愛おしかった、水島さんの緊縛姿はすでに脳裏から消えていました。
当時大好ファンだったフランスの美人女性歌手のレコードは、はじめて見る初期のものから後期のものまで10数枚ほどもあり、充実の品揃えに大感激。
さらに、これだけシングルを買っていた人なら、必ずLPも買っているに違いないと勘を働かせ、今度はLPの棚をチェック。
我ながらいい勘してました、大事に聞いていたと思われる、きれいなお宝LPも大量に発見。
なんだかんだで、結局シングルを50枚近く、LPも30枚ほどを買うはめになり、持参したお金は全てレコード代に消えてしまいました。
結局、当初の目的だった写真集もSM誌も1冊も買わずじまい。
何よりもレコードを探すことに夢中になりすぎ、店に入ってきた時の勢いはどこへやら、あれほどいきり立っていたものは縮こまってしょぼくれてしまい、悶々としていたやるせない思いまできれいに消え去り、お宝レコードを大量にゲットできた満足感で、すっかりすっきりと上機嫌になってしまったのでした。
意気込んで買いに来たのに、目的の写真集とSM誌の代わりに、大量のレコードを買って帰る羽目になったなんて、全く思っても見なかった結果で、お宝中古レコードの魅力が、SM誌や写真集への欲望に勝ってしまった、ある意味記念すべき日となりました。
実に恐るべきは、人様のものに対する底知れぬ欲の深さ。
まさしく生涯唯一の、本能=性欲(あるいは緊縛写真に対する情熱)が物欲に負けた日でした。
なお、その3日後、一度は収まったと思われた性欲は当然復活、今度は数冊のSM誌や写真集とともに、76年7月号の「秘蔵版緊縛フォト」も購入、帰宅後やっと残液感ゼロ状態といえるほどにすっきり出来たことは言うまでもありません。

キャリア35年様 投稿文

緊縛桟敷セレクション

この度、緊縛桟敷キネマ館にて、
緊縛桟敷セレクション※5人が新規発売開始になりました。

※緊縛桟敷セレクションとは月額会員サイト杉浦則夫緊縛桟敷にて、
掲載された写真を半数に厳選してモデル別に販売しているコンテンツです。

モデル名は、「森川マリ」「真崎寧々」「城井桃」
「水無月み遊」「浅井千尋」の五人です。
今回のタイトルは、バリエーション豊で様々な嗜好の方に
満足して頂けるのではないかと思います。

杉浦則夫緊縛桟敷

下記画像をクリックすると、キネマ館の各モデル詳細ページが開きます。


皆様どうぞ、緊縛画像を心行くまでご堪能下さい。

以上、どうぞよろしくお願い致します。