月別アーカイブ: 2011年6月

新作追加「緊縛陶酔Live 持田茜」

緊縛桟敷キネマ館 コンテンツ「もう一つの緊縛桟敷」にて、持田茜さんのHD版 新作が本日発売開始となりました。

杉浦則夫緊縛桟敷で掲載されなかった未公開シーンを多数収録した、怒濤の撮影現場緊縛Liveドキュメント作品。


本日持田茜さんの現場動画HD版を公開致しました。
持田茜 [特別単体編 緊縛陶酔Live]

麻縄で縛られヨダレを垂らしながら吊られる女、持田茜の緊縛Live。
美少女真性マゾ持田茜を容赦なく縄で責め尽くす。
肌に縄がかかる瞬間にスイッチが入り、底なしの縄酔いが始まる。

上記作品のページです→

—————————————————————————–
皆様のご支援のおかげで、
緊縛桟敷キネマ館もようやく活気づいてきました。
今後も皆様に愛されるような作品制作を全力で行わせて
頂きますので、どうぞご支援ご教授の程何卒よろしくお願い致します。

それでは皆様どうぞ、緊縛画像を心行くまでご堪能下さい。

杉浦則夫緊縛桟敷DVD-ROM 新作

緊縛桟敷キネマ館 コンテンツ通販にて、杉浦則夫緊縛桟敷DVD-ROMの新作2タイトルが本日発売開始となりました。

今回は緊縛桟敷で人気の連載モデル川上ゆうさんや、城井桃さんが収録されています。

割引制度について
杉浦則夫緊縛桟敷の会員様は値引き制度がありますので、こちら→からご購入下さい。

緊縛桟敷六十三巻
つるのゆう [お人形さんのような少女の浣腸から噴射]
城井桃 [連載モデル 和服がよく似合う淑女、責められ狂う]
■撮り下ろし原稿 壱) つるのゆう[315] 弐) 城井桃[405]
■旧未掲載原稿 壱) 俵ひとみ[26] 弐) 中川紀子[39] 参) 斉藤ユカ[44]
■白黒原稿 壱) 井上真紀子[48] ■掘出し原稿 壱) 第二十一弾[33]


緊縛桟敷六十四巻
須永佐和子 [責縄 真性マゾ熟女を責縄が追いつめる]
愛海一夏 [スーツ あどけなさが残る新人社員を縛り上げる]
川上ゆう [大女優 和服緊縛 写真集での掲載カットも含む力作]
■撮り下ろし原稿 壱) 須永佐和子[315] 弐) 愛海一夏[360] 参) 川上ゆう[360]
■旧未掲載原稿 壱) さくら[29] 弐) 今村京香[26]高橋恭子[14] 参) 佐藤ゆうこ[58]
■白黒原稿 壱) 山田康子[49] ■掘出し原稿 壱) 第二十二弾[30]


————————————————————————————————-
今年の夏も本格的に熱くなってきております。
急な気温変化にお体を壊さぬよう、どうぞお気をつけ下さい。

それでは皆様どうぞ、緊縛画像を心行くまでご堪能下さい。

愛海一夏

「あいみいちか」と読んで下さい。
へんてこな名にそぐわず性格は人なっこく従順で結婚したらアットホームで幸せに暮らすタイプ。だが時々好奇心おう盛なはみだし心で夫の目を盗んで縄拘束のプレーイに出かけるタイプと一海をかってに運命ずけてしまった。
クスコであそこを開いたカットがある、初めてクスコで開かれたあそこの奥をのぞいた時はこのような肉腔の中で我が子息は過激な運動と窒息するような圧迫に耐え涙を流しはてるのかと関心と敵意で眺めたものだ、大陰子は外観であつて容姿とからめあわせてみつめれば一人の女のために戦争さえもひきおこすほどの魅力に満ちたものであるが、膣腔となれば医学の領域にはいりとたんにその魅力を失うはめになる、人の魅力は皮一枚とはよくいったものだ。

新作 緊縛桟敷セレクト

この度、緊縛桟敷キネマ館にて、
緊縛桟敷セレクション※5人が新規発売開始になりました。

※緊縛桟敷セレクションとは月額会員サイト杉浦則夫緊縛桟敷にて、
掲載された写真を半数に厳選してモデル別に販売しているコンテンツです。

■千川杏南
可愛らしい唇の少女です。
口を責めた後はしっかり下のお口にもお仕置きしています。

■姫山桜桃
全身に施された刺青に麻縄が食い込んでいきます。
見応えのある吊りでは緊縛美を堪能できるのではないでしょうか。

■Eri
若い女教師が縛られ、排便させられ、
バイブをつっこまれ調教されていく様をどうぞご覧下さい。


■和泉しずく
ローソク・バイブ・イルリガードル…
責めに責められた和泉の美しい黒髪が乱れます。

■大塚ひな
こんな美少女の緊縛姿はそう見ることはできないでしょう。
スパンキングでヨダレを垂らしてしまう一面もあり。

上記作品は杉浦則夫緊縛桟敷にて、掲載された原稿です。
緊縛桟敷キネマ館にて発売開始となりました。

皆様どうぞ、緊縛画像を心行くまでご堪能下さい。

コラム「女教師 向島かすみ」下

【女教師 向島かすみ 】
新卒の小学校教師である向島かすみは、すでにクラスの男子児童達の性奴隷となっている。
省みれば稚拙で単純な罠だったが、お嬢様育ちの女教師はいとも簡単に堕ちてしまったのだ。
いまや、校内のいたる場所、教室はもちろん、廊下で、トイレで、体育倉庫で、小さな悪餓鬼の群れが、担任教師の肉体を求め、貪るようになっていた。そして、小さく細い未成熟な肉棒を精一杯硬くして、覚えたての快感を、かすみの中へとぶちまけるのだった。
そんな教え子たちとの禁断の淫戯を偶然目撃し、それをネタに女教師を脅迫してきたのが、目の前の醜い男なのだ。彼は、かすみの学校の用務員であった。

「我慢し過ぎると、ガキどもの前でお漏らしするハメになるからな!」
昼間、授業の合間の休憩時間だった。男は、いつもの階段下の用具室に女教師を引っ張り込む。そして、嫌がる彼女にイチジク浣腸を数個施し、次の授業に送り出した。
イヒヒヒ…きっとかすみ先生は授業を中断して、トイレへ駆け込むだろう。誰にも見られた事の無いお嬢様女教師の排便姿。アノ臭いにまみれ、恥辱に打ち震える姿を観賞しながらの言葉嬲りも面白い。汚物を出し切った処で、アナルを堪能するのも悪くない。

しかし結局。用務員の期待した悲劇は起こらなかった。
この辛抱強い女教師は、抗し難い便意に耐えて45分間の授業を乗り切ったのである。授業中にトイレに行けば、どんな仕打ちが待ち受けているのかは、容易に想像できる。これまで幾度の辱めを受けて尚、高美を保ち続けている彼女に受け入れられるはずも無かった。

女教師の強い意志と忍耐もまた、それを持たぬ男には汚すべき対象であったかもしれない。
その後、校内でかすみと二人きりになる機会を逸した彼は今夜、イチジク浣腸の何倍も強力な浣腸液と、それを注入する為のイルリガードルを持ち、彼女の部屋を奇襲したのだ。児童との痴態を写真に撮られ、それをネタに脅されている。これまで幾度と無く、用務員の破廉恥な要求に屈している女教師に、突然の私室訪問を拒む事は許されなかった。

児童達の無邪気ゆえ、時には痛みを伴う乱暴な凌辱も耐えがたかったが、この忌むべき男のネットリとした変態嗜虐には、心の底より嫌悪が沸いた。肉体からは、自然と拒絶の信号が発せられる。麻縄を掛けられるだけで、ザワザワと鳥肌が立ち得体の知れない汗が出た。ヤスリのように硬くざらついた指が柔肌に触れる度に、彼女は身をよじり、全身に纏わり付くような粘着から逃れようとするのだが、その様は男の加虐心を益々煽るばかりであった…。

羞恥にじっと耐える「女教師 向島かすみ」の、何と妖艶な事か。出来れば、いつまでも堪え、いつまでも苦悶に歪んだ表情を見ていたい気もする。
だがまもなく、敗北の音が鳴り響き、部屋中に汚臭が立ち込めるだろう。
官能の支配を拒み、高美にあり続ける女教師のプライドが瓦解する。その至福の瞬間を心躍らせ待つことにしよう。


向島かすみの作品を見る(緊縛桟敷キネマ館)