月別アーカイブ: 2014年1月

永瀬あき 少女の花電車 緊縛桟敷 掲載開始

Nagase_003永瀬あき杉浦則夫緊縛桟敷 にて掲載開始。

今回の撮影は冬の斜めにさす陽が部屋いっぱいにさす豪邸でおこないました。和室も二部屋あり後半の週に使用しました。
長沢あきのプロフィール 身長148cm バスト65Cカップ ウエスト58cm ヒップ86cm シューズ23cm
ロリコンキャラで多くのフアンを魅了していたが公式には昨年引退。

この撮影においての私の想いは永瀬をできるだけ自然な動きでどれだけ羞恥の表情を写せるかであった。
羞恥心をプロのモデルに求めるのは不可能にちかい、彼女達は最初からそれを捨て文字道理の裸いっかんで業界に入る、それでも現場を離れれば普通の女の子にもどる。
引退した永瀬にそれを求めての撮影でした。感情をできるかぎり消して、口を半開きにした一見白痴にちかいような可愛さがとてもいい 〜だが本人はいたって知的で芸術論を理論をまじえてうまく話す〜

少女にかける縄はできるだけ少なめに、開脚も拘束で開くのではなく男が与える恐怖の命令におびえ開くのです。あきは恥ずかしさでついつい閉じてしまうのを「開いて見せろ、さもないと俺のブルドックに舐めさせるぞ」と脅されるのです。怖さと悲しさでなにも考えられません。そんな恐ろしさをいくどもくりかえし与えるのです。ついにオマタに太い筆を差し込まれて<唯我独尊>と書けと云う<天下において自分に及ぶものなし>なんと傲慢な男でしょう。こんなか弱い私を餌に快楽を処理しようとする男が天下を論じるのか。ああ私は貝になりたい。
永瀬の少女の不思議な色気をけげんに思う奈加師。ついに後ろ腕に縄をかけるだけにしてあきを放置した、少女の肌が少女だけかもつ曲線が艶やかな光をなしていた。

恥ずかしい話番外編 〜あきはトイレから帰ると次のシーンは性器をおもいきり開かせられたシーンでした。あそこに小さな紙を付け残して帰りました、それを見つけた俺はそんな性器のふき残しを好むフアンのためにそれを大切に撮ろうとしたが、いざ撮ろうとした時にはポロリポロリと落ちてしまっていた。フアンの方々おしいことをしました。〜

140116_600_model

注意:
月額会員サイト 杉浦則夫緊縛桟敷でのアリスの掲載は二ヶ月間で終了します、
以後はグループサイトの緊縛桟敷キネマ館にて販売される予定となっております。

リンク:杉浦則夫緊縛桟敷 →
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

翔田千里 赤裸々な責め 緊縛桟敷 掲載開始

Shyouda_001翔田千里杉浦則夫緊縛桟敷 にて掲載開始。

明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。

あねご肌の美人翔田。我が師に失礼して「花と蛇」のイメージで見て下さい。もう一人の登場人物の妹ぶんは制作費の関係でカット。それでも翔田演じる静子夫人はこんな赤裸々な責めをうけたのではないだろうか、熱演していただいた翔田さんには深く感謝いたします。少々裏版で師に怒られますかも失礼いたします。

和服の裾がめくれ、白い肌の臀部があらわにされたとき眼前ではじける霊気が見えた、うっすらと香木の香りの蜃気楼で包まれた肉の塊が深い影を作る臀部のエロチシズムにたじろぐ、背後から犯せ犯せと妄想の嵐、だがまだまだ視姦で満足しよう。突然に静子夫人の恥ずかしげな小さな呻きがもれる、背後から見つめられて放置される恥じらいが女を犯す。身をくねらせて恥ずかしさから逃れようとする女を見つめるて視姦の快楽で楽しむ。以下我が妄想がいりまじる。
裾を割った立ち姿の潮吹きを見たいものだと、おしげもなくあらわにされた陰部を晒す静子夫人、身がわりとして覚悟はあってももはやこんな姿を大勢の男達に晒す恥じらいに悔しさに身を熱くのたうつ夫人。
だがこんな責めはうぶなことと太い張り型がもちだされる。はしごに柱にとがっしりと縛られた姿では太い張り型の責めをどんなに抵抗しても防ぎようがない、諦めの裡に堕ちて行く夫人にじわじわと熱いものが肉体に生まれてくる、憎悪と快楽が身内にいりまじる混乱に不思議な肉の快楽、吐息さえももらしている自分に気がつく。私は堕ちたとはらりと涙をこぼす夫人

140102_600_model

注意:
月額会員サイト 杉浦則夫緊縛桟敷でのアリスの掲載は二ヶ月間で終了します、
以後はグループサイトの緊縛桟敷キネマ館にて販売される予定となっております。

リンク:杉浦則夫緊縛桟敷 →
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →