放課後のむこうがわ 2


本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

放課後のむこうがわ 2

 で、やっぱり……。
 その後の展開が気になるじゃない?
 好奇心が抑えられなくてさ。
 2人の後を追って、校舎の角から覗いてみた。
 でも、もう2人の姿は見えなかった。
 角を曲がりこむと……。
 木造校舎の表側だった。
 生徒玄関みたいな、広い入口が見えた。
 どうやら2人は、そこから中に入ってしまったみたい。
 どうしようかと思ったけど……。
 よく考えたら、遠慮することなんか無いのよね。
 自分の学校なんだからさ。
 もし、見つかって咎められたって……。
 転校したばっかりで迷いました、で済むじゃない。

 入口まで駆け寄ると、そっと中を覗いてみた。
 誰もいなかった。
 ていうか、人の気配がしないの。
 平日の校内とは思えない。
 やっぱりそこは生徒玄関らしくて、大きな木製の下駄箱が並んでた。
 でも、靴が無いのよ。
 古びた内履きは、ところどころに入ってるんだけど……。
 外履きがひとつも無い。
 ってことは、生徒はひとりも中にいないってこと?
 まだ、部活が行われてる時間なのに。
 そこで、ようやく気づいた。
 この校舎は、今は使われて無いんじゃないかって。
 だって、生徒が出入りしている校舎なら、下駄箱が空っぽなんてはず無いんだもの。
 生徒が中にいる区画には、外履き。
 下校した生徒の区画には、内履き。
 どちらかの靴で、下駄箱は満たされてるはず。
 でも、あの2人の靴さえ無いのは不思議よね。
 ここから入ったってのは、思い違いなんだろうか……。

 生徒玄関は、広い廊下に面していた。
 廊下を隔てた正面の窓からは、中庭が見えた。
 樹々が鬱蒼と繁って、ほしいままに枝を伸ばしてる。
 窓から差す光が廊下に落ちて、窓枠の影を映してた。
 廊下は、すっかり色の抜けた飴色。
 床板に凹凸があるのか、そこここに光が浮いてた。
 かすかに、油の匂いがした。

 わたしは、思い切って廊下に上がった。
 内履きのままここまで来ちゃったから……。
 履き替える必要も無いし。
 歩いた後ろを振り返ると、少しゴム底の跡が着いてたけどね。

 廊下は、玄関前から左右に伸びてた。
 向かって左手の先は、校長室や教員室が並んでそうな雰囲気だった。
 廊下の突きあたりには、塗装の剥げた金属ラックに、掃除道具が下がってた。
 そこから廊下は、中庭を囲むように折れてるらしい。
 折れた先にはたぶん、教室が連なってたと思う。
 わたしはそっち方向は選ばず、右手の廊下を目指した。
 だって、教員室なんかのありそうな方には、行きたくないものね。
 あの2人だって、きっと一緒よ。

 向かって右手の先も、中庭を囲むように曲がりこんでるみたいだった。
 でも、曲がり角の手前で、足が止まった。

 声が聞こえたのよ。
 間違いなくさっきの声。
 ともみさんって呼ばれてた、他校の子。

「あけみ。
 ほんとに似合ってる。
 会うたびに、ますます似あってくるわ。
 馴染んでくるっていうのかしら?」

 わたしは、そっと角から覗いてみた。
 驚いたわ。
 手ぶらだったからいいけど、何か持ってたら落っことしてたかも知れない。

 廊下の先は、ちょっと不思議な構造だった。
 廊下の右手はずっと、下駄箱のあるコンクリート土間に面してるわけだけど……。
 その土間が、廊下の突きあたりから、左に折れてるの。
 つまり廊下は、中庭に曲がる手前で途切れてるわけ。
 でもね、そこには木橋が掛かってたの。
 コンクリートの川にかかる橋みたいな感じね。

 橋を渡った先は……。
 舞台みたいに見えた。
 灰色の冷たい川が、客席と舞台を隔ててる。
 2つの世界を繋ぐのは、花道みたいな木橋。

 舞台の設定は、2階に続く広い階段だった。
 ともみさんは、その階段の下で、背中を見せて立ってた。
 あけみちゃんは、階段の手すりを支える柱の前で俯いてた。
 両腕を、後ろに回してね。
 制服の上腕から胸は、太いロープに戒められてた。

 一瞬、何が起こったのかわからなかったわ。
 あの親密そうに見えた2人の、ひとりが縛られてるんだもんね。
 でも、その場の雰囲気からして、縛ったのはともみさんとしか思えない。
 ともみさんは、ロープの張り具合を確かめるように、あけみちゃんの前を左右に歩き始めた。
 ともみさんの背中越しに、階段脇が見通せた。
 階段脇からずっと、中庭に面して土間コンクリートが続いてて……。
 行き止まりは通用口みたいだった。
 通用口は開いてた。
 裏山の緑が、すぐそこに見えたわ。

 ともみさんの靴音が、床板を鳴らしてた。
 そこで、初めて気がついたの。
 この2人の靴が、生徒玄関に無かったわけ。
 2人とも、外履きのまま上がってたのよ。
 どうやら、使われてない校舎って予感は、あたってたみたい。
 人のいる気配が無かったしね。
 空気が動いてない感じ。

「あけみ。
 顔あげて」

 ともみさんの声に、あけみちゃんの顎が上がった。
 縋るような瞳が、ともみさんを見あげた。

「またそんな顔して。
 ヤらしい顔。
 すっかり気分出ちゃってるみたいね。
 ちょっと縛っただけで、そんなになるんだから……。
 驚いちゃうわ。
 そういうのって……。
 マゾって言うんだよ」

 あけみちゃんの胸が、小刻みに起伏し始めた。
 あけみちゃんの胸には、乳房を挟むように、ロープが上下に渡ってた。
 紺ブレに、深い皺が寄ってた。
 おそらく、あけみちゃんの腕には、縄目がついてたと思う。
 はた目から見ても、きつい縛り方だった。

「どうしてほしいの?」

 あけみちゃんは、小鼻を細かく震えさた。
 泣き出す寸前みたいだった。
 でも、戦慄いてるように見えた唇からは、思いがけない言葉が零れた。

「もっと……。
 もっと縛って。
 もっと……、もっときつく」

 訴えるような言葉とともに、あけみちゃんの瞳から、涙が零れた。

「相変わらず変態ちゃんだね。
 でも、ほんとに綺麗な顔。
 涙が似合う顔よね。
 男の子が見たら、イチコロじゃないの?
 でも……。
 そんな顔しながら、下の口からも涙を流してるなんて知ったら……。
 きっと、人生に絶望しちゃうよ?
 さぁて、今日は……。
 どうしてやろうかな?」

 そう言いながらともみさんは、再び歩き始めた。
 あけみちゃんを見据えながら、右に左に。
 あけみちゃんの目が、子犬のようにともみさんを追っていた。

第三話へ続く

文章 Mikiko
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事:

放課後のむこうがわ 2」への5件のフィードバック

  1. 海苔P

    今回、読んでいて1か所どうしても腑に落ちない点が・・・

    「あけみちゃんの腕には、縄目がついてたと思う」
    制服のブレザーの上から縄目はつかないんだよ!
    ブラウスの上からでも実際はつかないんだよ!
    縄の跡なら、つくんだけどね!

    読まれる方によって違いがあるかもしれないけど私のイメージでは
    縄目は縄の模様まで残ってるイメージがするんだ!
    縄の跡は縛られて赤いくなってるイメージがするんだ!

    Mikikoさんにしたら、跡が付くくらい、きつく縛られていた事を表現したかった事は判るんだけどね!

    「そんな顔しながら、下の口からも涙を流してるなんて知ったら……。」

    この部分は思はずドキッとしちゃった。
    想像しちゃったよ!
    涙のように雫が零れ落ちて
    床に零れた雫が波紋を描いて跳ね上がるさまが頭に浮かんじゃったよ!

  2. Mikiko

     そうか。
     ブレザーの上からは、縄目がつかないのか。
     知りませんでした。
     ひょっとして、経験あり?
     でも本文は、あのままでいいんじゃないかな?
     語り手の美里は、わたしと同様、そのことを知らないわけですから。
     しかし……。
     この後の場面でも、いろいろとボロが出てきそうだなぁ。

  3. 海苔P

    え~とね!
    考え方としては、布地がクッション代わりになるのです。
    縄目の溝が浅い物は布地によって、縄目が無くなっちゃうのです。
    ブレザーみたいに厚手の物は縛り方、一つで縄の跡も残らないよ!

    コスプレでの着衣緊縛は流石にないですね!
    ここでは、これ以上の追及は止めてね!
    いずれ、また・・・

    素人が頑張って書いたんだからボロが出ても良いと思うよ!
    次回の機会の時に同じミスはね!
    と、思っただけだよ!

    知識があっても私には書けないよ!

  4. Mikiko

     「素人が頑張って書いた」ってエールは、あんまり嬉しくないけど……。
     ま、事実だからしょうがないか。
     知識がなくても書くという蛮勇が……。
     わたしの取り柄かも知れません。

  5. やみげん

    >縄の跡

    なるほど…。
    でもこれって、Mikiko様の知識云々よりも、語り手、美里ちゃんの記憶が錯綜しているだけかもれませんよ。その時その時で強烈に残った記憶の断片が、ランダムに脳内合成され、在りもしなかった事や光景を、さも真実として思い込むことは、珍しいことではありませぬ。特に官能に関わる深領域では、その傾向が顕著に思えます。
    …というような解釈で、如何でしょうか?まぁ、後付ではありますが。
    実際、人の記憶ほど、不確かなものはないと思う次第です。

    それにしても。
    海苔ピー様は、縛りに詳しいですね。よく見てらっしゃる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です