放課後のむこうがわ 5


本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

放課後のむこうがわ 5

 ともみさんは両手をお尻に回し、スカートを押さえながら、床まで腰を下ろした。
 体育座りに姿勢を整えると、真っ直ぐにあけみちゃんを見上げた。

「それじゃ……。
 どうぞ御覧ください」

 ともみさんは、そのまま後ろに転がった。
 紺のスクールベストが床に着くと同時に、両脚が高々と上がった。
 靴底が、まるで燭台のように天上を指してた。
 このとき初めて気づいたんだけど……。
 ともみさんの履いてる靴が、うちの学校と同じだったの。
 シューレースの付いたプレーントゥ。
 珍しいでしょ?
 まわりの学校は、みんなローファーだもんね。
 ひょっとして、姉妹校なのかなって思った。

 さて、ともみさんの格好よね。
 スカートはもう、捲れあがってる。
 股間のスリットまで、はっきりと見えた。
 でも、ほんとに小さいおまんこだったの。
 毛もないから、まるで子供のみたい。

「見える?」
「……見える」

 ともみさんの両手の指先が、股間で揃った。

「もっと見て。
 中まで」

 股間に添えられた指先が、左右に開いた。
 肉色の、小さな花が咲いた。
 ほんとにちっちゃな、おちょぼ口。

「どう?」
「可愛い……。
 妖精みたい」
「ふふ。
 妖精におまんこなんてあるの?
 でもやっぱり、子供みたいなまんこだよね。
 ひょっとしたらさ……。
 あの樹の精に魔法をかけられて、ここだけ成長が止まっちゃったのかも。
 だけどね……。
 これでも、立派に感じるんだよ。
 ほら、陰核もちゃーんと勃ってるでしょ?
 小粒ちゃんだけど」

 ともみさんの指先が、恥丘を引き上げた。
 わたしの視力じゃ、小粒の陰核までは確認できなかったけど……。
 あけみちゃんには、はっきりと見えてたはず。
 あけみちゃんは、下半身をもじもじと動かし始めた。
 揃えた両脚を、擦りつけるようにしてる。

「だーめ。
 勝手に始めちゃ。
 わたしが先よ」

 ともみさんは、挙げた両脚を、さらに胸近くまで折り畳んだ。
 両膝が、肩に着きそうだった。
 ともみさんは、その両膝の内側に、両肘を引っ掛けた。
 肘を張り、両膝を固定した。
 凄い格好よね。
 股間は丸見え。
 小さなおまんこが、天上向いてたわ。
 肘は固定したまま、ともみさんの両手の先だけが、おまんこに添えられた。

「よーく、見てね」

 指先に力が籠り、おまんこを剥き開いた。
 生ハムみたいなおまんこの花が、天を向いて咲いた。

「どう?
 中まで見える?」
「見える。
 ちいちゃくて可愛い」
「お尻の穴も見える?
 ともみがうんちする穴」
「見えるよ。
 ぴくぴくしてる」
「あー。
 気持ちいい。
 人に見てもらうと、なんでこんなに気持ちいいんだろうね。
 ちょっと、弄っちゃお。
 ふぅぅん。
 もうヌルヌル。
 でも、もうちょっとヌルヌルしたいな。
 あけみちゃん、唾たらして。
 顔突き出したら、届くでしょ?」

 あけみちゃんは懸命に上体を折り、顔を差し伸ばした。
 肩を離れた髪先が、胸前で揺れた。
 紺ブレに食い込んだ縄が、ぎりぎりと音を立てそうに見えた。
 あんなに引っ張ったら、きっと腕に跡がついちゃうよ。
 でも、あけみちゃんは、そんなことなんか少しも考えてないみたい。
 両脚でも踏ん張って、懸命に顔を突き出してる。

「届きそう?」

 あけみちゃんの顔が上下に振れると、頬がすぼまった。
 虚空にキスするみたいに突き出した唇から、透明な雫が零れた。
 透きとおった水飴のように伸びる唾には、水銀色の泡が、綴れ織りに纏わってた。

「あぁ。
 届いた。
 あけみの唾が、ともみのおまんこまで届いたよ。
 入ってる……。
 あけみの唾が……。
 ともみのおまんこに入ってる。
 ふぅぅ。
 気持ちいぃ」

 ともみさんの指先は、陰唇を潰すように動いてた。
 指先に、生ハムのような襞が絡んでた。

「やっぱり、我慢出来ない」

 指先が迫りあがり、クリを隠す位置に定まった。
 揃えた指が、注射痕を揉むように動き始めた。

「あひぃ。
 気持ち……、いぃ。
 見てる?
 見えてる、あけみ?」
「見てるよ。
 でも、ダメ。
 ひとりで行かないで。
 わたしを置いてかないで」
「指が……。
 指が、止まらないよ」

 クリを揉む指先が、楕円の軌跡を描き始めた。
 クリの周りを巡る衛星みたいだった。
 オーバルを描く軌跡は、徐々に速度を増し……。
 やがて指先の輪郭が消えた。
 両脚の燭台が、ゆらゆらと揺れる。

「イ、イク……」
「だめぇ」
「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
「置いてかないでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」
「ぅわきゃっ。
 わきゃっ」

 ともみさんの尻が跳ね上がった。
 両肘を外れた脚が、中空を突き刺して伸びた。
 足の甲が、バレリーナのように反ってた。
 ともみさんの背中は、アーチを描いて浮いてる。
 全身が、肩と尻だけで支えられてた。
 オブジェみたいだった。
 持ち上げた頭だけが、小刻みに振れた。
 内巻きのボブに、窓からの光が揺れてた。

「あがぁ」

 空気が漏れるような声と共に、首が真後ろに倒れ、頭が床に転がった。
 首が横に倒れると、ともみさんの顔がわたしの方を向いた。
 引っこもうとしたけど、間に合わなかった。
 でも、ともみさんはわたしを見てなかった。
 見開いた両目には、瞳がなかったの。

「ともみさん、ともみさん」

 あけみちゃんの呼びかけは、もう届かなかった。
 ともみさんの身体から、力が抜けていった。
 空気栓を抜かれた人形みたいだった。
 足裏がゆっくりと着地した。
 靴底が床を滑り、膝が伸びていく。
 膝裏が伸びきると、靴先が上を向いた。
 靴先は、2、3度揺れて鎮まった。
 それきり、ともみさんの身体は、機能を止めた。

第六話へ続く

文章 Mikiko
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事:

放課後のむこうがわ 5」への3件のフィードバック

  1. ハーレクイン

    毎回、楽しく読ませていただいております。
    これまでコメントする機会がなかったのですが、今回、ここまでの感想をまとめて述べさせていただきます。

    「写真の連作作品にストーリーをのせる」という企画ですが、モデルの「岩城あけみ」ちゃんの雰囲気と、物語の舞台をまず文章化するため、ご苦労されたと思います。
    語り手、美里が転校した学校の立地、高校の生徒たち、寄宿舎や、旧校舎の情景……。
    服装・髪型・立ち居振る舞いなどの詳細な描写が、ここで杉浦氏の作品「放課後のむこうがわ・岩城あけみ」ちゃんに見事にシンクロします。
    情感あふれるリリカルな出だし。
    先が楽しみですねえ。

    「あけみ・ともみ」
    オープニングセレモニーの舞台は旧校舎一階、階段下。
    観客、美里を舞台にまで導く、またも詳細な描写。
    「あけ・とも」ファーストショウは緊縛の王道「高手小手縛り」。
    両腕を固定され、身動きもならず、嗜虐に翻弄される可憐な少女……。

    ここで、あけみちゃんの名台詞。
    >もっと……
    >もっと縛って
    >もっと……、もっときつく

    縛ったあけみちゃんを前に、ともみさんの言葉嬲り。
    >オナニーしましたか?
    >どこでしましたか?
    >どんな格好でしましたか?
    あけみちゃんの答えの可愛いこと、いやらしいこと。もうたまりませんね。

    そして今回、初の絶頂オナニーシーン。
    これでもか、というほど克明に描写されるともみさん。
    凄いですね。

    途中で何度か述べさせていただきましたが、この作品の真価は「細部にわたる克明な情景描写」にあると思います。
    連載は総20回と聞いております。物語はまだ始まったばかり。
    この先、どのような名シーンが展開されるのでしょうか。

  2. Mikiko

     丁寧なコメントをありがとうございます。

     この物語を書き出したのは……。
     6月だったと思います。
     やみげんさんからお話をいただいたのは、昨年の12月だったんですが……。
     忙しさにかまけ、ずーっと、ほったらかしにしてありました。
     やみげんさんからは、さりげなーく、“忘れてないぞ”というメッセージをちょうだいしており……。
     さすがに後ろめたくなり、5月後半ころから考え始めたものです。

     わたしは、先にストーリーを作るタイプではないのですが……。
     送っていただいた画像を見てて……。
     2人の女生徒が、どうして違う制服なんだろうってことが、どうしても引っかかりました。
     この説明を付けないまま書き出すわけにはいきません。
     で、ある日、テレビを見ながら、ぼーっと考えてたら……。
     天啓のように、シチュエーションが浮かびました。
     それを掴んでしまうと、ストーリーは、比較的容易に手繰り寄せることができました。
     おおざっぱなストーリーは、10分くらいで出来たと思います。
     と云っても、ストーリーらしきものは、物語の最後の部分しかありませんが。
     で、その最後の部分を、真っ先に書き始めたんです。
     こういう書き方は、わたしにとって初めての経験でした。
     結末が決まっているので……。
     物語は、そっちに収斂させていかなければなりません。
     これは、わたしにとって、かなり困難な命題でした。
     なにしろ、思いつくまま脱線していくのが持ち味(?)ですので。
     前回の場面も、いきなり脱線して、“変質者”登場となったわけですが……。
     こんなことをしてたら話が終わらなくなると、自分を戒めた覚えがあります。

     言ってみれば、2人が別の制服を着ていたことが……。
     ストーリーを作ってくれたわけです。
     もしあの2人が同じ制服だったら……。
     何も考えずに書きだして、収集がつかなくなってたかも知れません。
     杉浦先生は、どうして2人に違う制服を着せたのでしょうね?

     描写が克明になってるのは、ひとえに元画像があったためです。
     机脇のデータホルダーに、印刷した画像を挟んで、それを見ながら書いてたからです。
     すでにある画像に物語を載せるわけですから……。
     描写は逆に簡略化することもできたんですよね。
     克明描写となったのは、わたしの粘着質な性格のなせるわざでしょう。
     これがはたして吉と出たかどうかは……。
     わたし自身では、判断がつきません。
     読んでくださるみなさまのジャッジを待ちたいと思います。

  3. Mikiko

     ひょっとして……。
     制服が別なのは……。
     単なる手違いだったんじゃ?
     小説ではスルーしましたが……。
     ともみさんが、ブラウスじゃなくてポロシャツを着てたのも気になりました。
     でも、そういう整合性の綻びから、物語は生まれるのかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です