放課後のむこうがわ 8


本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

放課後のむこうがわ 8

「ふふ。
 今日はお客さまもいるから……。
 スイッチ入りまくりね。
 それじゃ、お望みを叶えてあげますか」

 ともみさんは、床の鞄の上にカメラを置くと、ゆっくりとあけみちゃんに近づいた。
 あけみちゃんは、涙を零しそうなほど潤んだ瞳で、ともみさんを迎えた。
 ともみさんが指先を伸ばす。
 三つ編みに指が届いただけで、あけみちゃんの身体が跳ねた。
 電撃に触れたみたいだった。

「髪に触っただけで、こんなに感じるんだからね」

 ともみさんは三つ編みの毛先を持ち上げると、あけみちゃんの顔を化粧筆のように掃いた。
 されるがままになりながらも、あけみちゃんの瞳は恨めしそうだった。

「あんまり焦らしちゃ可哀想か」

 ともみさんは髪から手を離すと、階段を1段上がり、あけみちゃんの後ろに回った。
 階段柱の縄を解いてるらしい。
 ときどき縄が引っ張られるのか、あけみちゃんの眉間に皺が寄った。
 ほどなく、胸前を戒めていた縄が、脚元に落ちた。
 縄抜けしたマジシャンみたいだった。
 縄と一緒にスカートの裾も落ち、白い太腿は隠されてしまった。
 一見すると、普通の女子高生の姿に戻ったんだけど……。
 紺のハイソックスの足首には、白いパンティが絡んでる。

「スカート、邪魔ね。
 脱いで。
 あ、全部脱いじゃダメだからね。
 スカートだけ」

 あけみちゃんの自由になった両手が、スカートのファスナーに回った。
 微かなジッパー音と共に、スカートが真下に落ちた。
 あけみちゃんは、足元のスカートを跨ぎ越した。
 まるで、結界を踏み越えるように。
 スカートは、抜け殻のような姿で床にうずくまってた。
 あけみちゃんが、そのスカートに手を伸ばそうとした。

「ストップ。
 このままにしといて。
 絵になるから。
 そうね……。
 鞄もあるといいかな。
 アシスタントさん。
 あけみの鞄、スカートのそばに置いてみて」

 ともみさんは階段から跳ねるように下りると、床のスカートと鞄を眺めてる。

「うん。
 オッケー。
 この後ろに、股を開いた女子高生。
 うん。
 いい構図」

 ともみさんは、あけみちゃんを眺めながら後ずさった。
 自分の鞄の脇まで来ると、勢いをつけてしゃがんだ。
 スカートが空気を孕んで捲れ、真っ白なお尻が見えた。
 この人もショーツを穿いてなかったんだって、改めて気づいた。
 穿いてるのは、わたしだけ。
 この2人の仲には、まだ入りこめてないんだって気がした。
 命じて欲しかった。
 あなたも脱ぎなさいって。

 そんなわたしにはお構いなしに、ともみさんは、背中を見せたまま鞄を開いた。
 取り出したのは、2本のロープ。
 さっきまであけみちゃんを戒めてたロープは、階段下にうずくまったまま。

 ともみさんは、ロープを持って起ちあがると、あけみちゃんに歩み寄った。
 あけみちゃんは、子犬のような目をして、ともみさんを迎えた。

「やっぱ、上は縛った方がいいな」

 ともみさんは、手に持ったロープを肩にかけると、床のロープを拾った。

「手、後ろに回して」

 あけみちゃんの上体には、再びロープが掛けられた。
 ロープがブレザーを擦る音が、小気味よく聞こえた。
 まるでマジシャンの手技だった。
 乳房を挟んで2段のロープが、瞬く間に打たれていった。

 紺のブレザーに、麻色のロープ。
 胸元のロープにかかる、赤いリボン。
 下半身は裸。
 紺のハイソックスの足首に絡まるショーツ。
 正装のように見えた。

「階段に座って。
 2段目くらいがいいな」

 階段の中央には、左右を分ける白線が引かれてた。
 もう色褪せて、半分消えかけてたけど。
 その白線の真上に、あけみちゃんは座った。
 階段下から見ると、白線に串刺されたみたいだった。

「足開いて。
 鞄とスカート挟むみたいに」

 あけみちゃんは、階段下に伸ばした脚を、大きく拡げた。
 シューレースの付いたプレーントゥが、鞄とスカートを挟んで伸びた。

「うーん。
 やっぱり膝が開いてると、構図が悪いよね。
 膝閉じてみて。
 足先はそのままの位置でね」

 あけみちゃんの両膝が、内側に折れた。
 でも、足先が開いてるので、膝が着くまでは閉じれなかった。

「ほら。
 いい感じになった」

 膝が内側に折れることで、あけみちゃんの身体は“人”の字型を作ってた。
 その脳天から股間を、階段の白線が貫いてる。

「記号みたいに見えるよね」

 言われてみれば、そんなふうにも見えなくもなかった。
 あけみちゃんの姿は、天を指す矢印みたいだった。

「記号まで昇華したとき、人は一番綺麗に見えるのかも。
 でも、これじゃ……。
 自分で股拡げてることになっちゃうから……」

 ともみさんは、肩のロープを1本下ろすと、あけみちゃんに近づいた。
 階段に片足をかけ、あけみちゃんの太腿を縛り始めた。
 ともみさんの指先は、力強く動いてた。
 ヨットマンみたいだった。
 たちまち綺麗な結び目ができた。
 あけみちゃんの太腿は、ヨットを舫う杭のように見えた。

 両腿を縛り終えると、ともみさんは上体を起こした。
 片方のロープを持って、階段柱の脇に立った。

「アシスタントさん。
 そっちのロープ持ってちょうだい。
 早く。
 そっちの階段柱に巻きつけるのよ。
 そう。
 両側から引っ張るの。
 あけみは、腿を内側に絞って。
 そうそう。
 こんなとこかな。
 アシスタントさん、その位置で縛ってちょうだい。
 大丈夫。
 下手くそでも。
 そっちの結び目はカメラに写らないから」

 あけみちゃんの両腿から伸びるロープが、階段柱まで張り渡された。
 斜め上方に向かって、左右のロープは相似形に伸びてた。

「あけみ、もっと力入れて絞って。
 ロープが弛んじゃうでしょ」

 あけみちゃんの両腿に力が籠った。
 内腿にロープが喰いこむ。

 ともみさんは階段柱を離れ、あけみちゃんの正面に立った。

「アシスタントさん。
 こっち来てちょうだい」

 下手くそな結び目に未練を残しながら、わたしはともみさんの脇に身を移した。

「どう?
 いい感じじゃない?」

 ともみさんの問いかけに、わたしは頷いてた。
 あけみちゃんの両腿は、内側に向かって絞られ……。
 その両腿からは、斜め上方にロープが伸びてる。
 膝から下は、“ハ”の字を描いて開いてる。
 ほんとうに、何かの記号みたいだった。

「でもなぁ。
 あまりにも人工的かなぁ。
 シンメトリー過ぎるよな。
 ま、片足にだけショーツが絡んでるのが……。
 アクセントと言えば言えるんだろうけど。
 どうするか……」

 ともみさんは、あけみちゃんの脚元にしゃがみこみ……。
 脱ぎ落とされたスカートと鞄の位置を、微妙に調節した。
 スカートは、脚元にストンと落ちた形そのままで、キュプラの裏地が盛りあがってた。
 それを見てるうち……。
 またヘンな気分になってきた。
 わたしの腿にも、同じ裏地が触れてる。
 あのツルツルの裏地が腿に擦れる感じって、すっごくエッチだよね。

「ちょっと、アシスタントさん。
 なにモゾモゾしてんの?
 ひょっとして、また気分出してるんじゃないの?
 子供みたいな顔して、とんだおませさんだね。
 そういう子のあそこって、どんなんだろ。
 あ、そう言えば……。
 モデルが下半身すっぽんぽんなのに、アシスタントがそれじゃ、失礼よね。
 わたしだって、パンツ穿いてないんだから。
 下、脱いじゃいなさい」

 わたしは、泣き笑いみたいな顔をしてたと思う。
 ほんとは、脱ぎたかった。
 露出したかったってわけじゃないよ。
 ま、その気持がぜんぜん無かったとは言わないけどさ。
 それより、2人と一緒の姿になりたかったんだ。
 でも、はいそうですかって脱いだら、変な気がしてさ。
 だから、どうしていいかわかんない顔で、ともみさんを見つめてた。
 もっと強く命じてほしかった。

「ほら、何してるの。
 あなたが変態ちゃんだってことは、もうわかってるのよ。
 ほんとは、見せたくてしょうがないんでしょ。
 脱ぎなさい」

 ともみさんは、わたしの心を見透かしたように命じてくれた。
 わたしは素直にうなずき、スカートを脱ぎ落とした。

第九話へ続く

文章 Mikiko
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事:

放課後のむこうがわ 8」への4件のフィードバック

  1. ハーレクイン

    『放課後』8、読ませていただきました。

    あけみちゃん。次は高手小手、開脚縛りか。
    カメラマンともみさんは、縄師ともみさんでもある。手慣れたものだ。しかも当然だが、縛り方、結びの一つにもこだわる縄師ともみ。
    そして、カメラマンともみの眼は、構図、モデルのポーズ、小道具の一つに至るまで妥協しない。

    みさとちゃん。
    せっかくアシスタントに採用してもらったんだから、縛りと撮影のテクニックをしっかり学ぶんだよ。将来きっと役に立つ(ほんまかいな)。

    >ともみさんは……命じてくれた。
    >「……脱ぎなさい」

    よかったなあ、みさとちゃん、晴れて脱ぐことが出来て。
    これで「あけ・とも」コンビの仲間入りかな。
    よかったなあ。

  2. Mikiko

     今回の画像は、執筆当時、一番よく見てたものです。
     印刷したものをデータホルダーに挟み、机の脇に掲げてました。
     でも、このシーンを書き終えた後……。
     画像ごとにこの調子で書いてたら、終わらなくなると思いました。
     なので、こんな詳細描写は、この画像が最初で最後です。

  3. 海苔P

    掲載されてる画像とMikikoさんが書いていく描写が重なっていくのが面白かったのにな~!
    靄のかかった下絵にMikikoさんの描写によってパズルの様に一つ一つピースが嵌め込まれて完成していくのが良かったのになぁ~!

    第2話の画像の意味がずっと解らずにモヤモヤしてたけど、まさか第7話で出てくると思わなかった。
    第2話の画像が複線とは思わず、やられた感が凄くてコメント書く気にはなりませんでした。
    読みながら頭の中にスーと浮かんできたのが、また悔しかったです。
    読んでる最中は第2話では無く、ここで使う方が良かったんちゃうんて思ってたけど・・・
    ヨクヨク考えれば進行中の行為ではないので、変な錯覚を起こさない為には頭の中に少し過ぎる方が効果的だよな!
    と、思うと益々してやれれた感が強くて・・・

    『あけみちゃんの両腿は、内側に向かって絞られ……。
     その両腿からは、斜め上方にロープが伸びてる。
     膝から下は、“ハ”の字を描いて開いてる。』

    この構図て羞恥心が現れてて好きだなぁ~!
    見られたく無いから脚を閉じようとしてる感じが良いんだよね!

    『脱ぎなさい』

    思わず背筋がゾクとしちゃった!

  4. Mikiko

     このシーンを書きながら……。
     「由美美弥」の未投稿ストックが減っていくのを傍目にして……。
     こんな書き方してたら、大変なことになると思いました。
     全体の構成を考えてから書く人なら、そんなことないんでしょうけどね。

     「放課後のむこうがわ」は、1話ごとの切り出しから画像の選択まで……。
     すべて、やみげんさんにやっていただきました。
     わたしは、書きっぱなしの束をお渡ししただけ。
     ですから、海苔Pさんの“やられた感”は、やみげんさんが受け取るべき賛辞となります。
     この小説を、“連載作品”にしてくださったのは、まさに、やみげんさんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です