放課後のむこうがわ 10


本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

放課後のむこうがわ 10

「ダメー。
 まだイカせてあげない。
 そうだ。
 この写真、アシスタントさんにも見てもらわなきゃ」

 ともみさんが、写真を翳しながら近づいてきた。

「ちょっと、アシスタントさん。
 ずっとそのままの恰好なの?
 縛られても無いのに。
 こちらも、とんだド変態ちゃんだね。
 ほら。
 どう?
 あけみの晴れ姿。
 綺麗でしょ」

 ほんとに綺麗だった。
 でも、綺麗なだけに……。
 脚の付け根は対照的だった。
 ヒダヒダが捲れて、ピンク色の中身まで見えてた。

「うわ、凄い。
 今、溢れたよ。
 ゴボッて。
 お尻まで垂れてる。
 悪い子ですねー。
 そうだ!
 お仕置き、忘れてた!」

 ともみさんは身を翻した。
 わざとだろうけど、思い切り身体を回したから……。
 スカートが舞い上がった。
 引き締まったお尻が、尾てい骨まで見えた。

 ともみさんは、あけみちゃんの脚元まで戻るとしゃがみこみ……。
 すぐにわたしの元に取って返した。

「これこれ。
 そもそも、これを出そうとしてたんだよ」

 手に持ってたのは、タンポンだった。
 ともみさんは、剥がしたセロファンをスカートのポケットに入れた。
 床に捨てなかったのを見て、躾のいい学校なんだなんて、ピント外れなこと思ってた。

 ともみさんは、タンポンのヒモを持ってぶら下げた。
 タンポンは、指先を支点にして、くるくると回り出した。
 人工衛星のおもちゃみたい。

「どこに入れてあげようかな?」

 わたしは目で訴えた。

「そんな目をしてもダメー。
 ちゃーんと声に出さないと、わかりません。
 ひょっとして、鼻の穴?」

 懸命にかぶりを振った。

「それじゃ、どこかなー?」

 そう言いながら、ともみさんは、わたしの脚元にしゃがみこんだ。
 スカートの裾が、緞帳のように床を掃いていた。
 その幕前には、真っ白く尖ったお尻。
 そして……。
 無毛の股間が開いてた。
 まさしくそこは、開いてたの。
 ヒダヒダが捲れて、おしっこの穴まで見えた。
 もちろん、洞穴みたいな膣口も。
 ともみさんは、そこをヒクヒクと動かしてみせた。

「こんな格好してると、うんこ出そうだわ。
 そうそう。
 アシスタントさんは、この校舎のトイレ、使ったことある?
 無いの?
 一度使ってごらん。
 トイレ……。
 っていうか、あれは“お便所”だね。
 臭いの。
 長年、この校舎を使ってきた女子高生たちの……。
 おしっことおりものの臭いが、染みついてるんだろうね。
 いくらお掃除しても、消えないんだよ。
 もう、あの臭いに包まれただけで、気が変になる。
 臭いトイレって、どうしてあんなに興奮するんだろ。
 オナニーしないでいられないのよ。
 あぁ。
 想像したら、ますますヘンな気分になってきた」

 ともみさんは、腰をうねらせた。
 洞穴のような膣口から、水飴みたいな雫が伸びて……。
 床まで届いた。

「いかんいかん。
 まーた、お仕置き忘れてた。
 さて、このタンちゃん……。
 どこに入れてほしいのかな?
 ひょっとして……。
 耳の穴?
 ……には、入らないよね」

 ともみさんがぶら下げて回すタンポンが、だんだん下腹部に移ってきた。
 やがてそれは、陰毛の上でくるくる回り始めた。
 まるで、着陸場所を探してるように。
 わたしは、股間を突きあげて訴えた。

「入れてほしい?」

 懸命にうなずいた。

「そう。
 入れてほしいの。
 でも、ダメー。
 だってそれじゃ、お仕置きにならないじゃない。
 ふふ。
 実は……。
 入れてあげないのが、お仕置き。
 どう?
 焦らされて切ないでしょ?」
「してぇぇぇぇぇぇぇ」

 突然、声が聞こえた。
 わたしの声じゃないのよ。
 でも、自分の口が勝手に叫んだように思えた。
 わたしの気持ちそのままだったから。
 叫んだのは、もちろんあけみちゃん。

 ともみさんは、わたしの顔を覗きこみ、口角を大きく上げて微笑んだ。

「どうやら、あっちの子が限界みたい。
 あんな声出されたら、外に聞こえちゃうわ。
 ちょっと黙らせてくるから……。
 このままじっとしてるのよ。
 いい?
 自分で弄っちゃダメよ」

 ヒモを吊るした指が開いた。
 タンポンは、陰毛の上に軟着陸した。

「わたしが戻るまで、触らないこと。
 ちゃんと両脚、抱えててね」

 わたしの答えも聞かず、ともみさんは踵を返した。
 あけみちゃんが、股間を突きあげて迎えてた。

「悪い子ね。
 大きな声出して。
 誰か来たら、どうするつもり?
 こんな格好で見つかっちゃうのよ」
「いいの!
 それでもいいの」
「男の先生が来ちゃうかも」
「……」
「来てほしい?」
「はい」
「ひとりじゃないかも。
 腐臭に群がるハイエナみたいに……。
 学校中の男の先生が、集まってくるわ。
 で、あけみは……。
 階段に磔になったまま、次々と犯されるの」
「ふぅぅん」
「おまんこから溢れるほど、いっぱい精液出されて……。
 順番を待てない先生は、口にも突っこむ。
 顔にぶっかける先生もいるわ。
 瞬く間にあけみは、精液まみれ。
 花盛りの栗の木の臭いに、全身が包まれる。
 でも、最後は……。
 絞め殺されるの。
 淫行の口封じのためにね。
 精液まみれのまま、あけみは死んでいくのよ。
 うんこを、ぼたぼた漏らしながら。
 どう?
 犯されたい?」
「犯して……。
 犯してぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」
「またそんな声出して。
 ほんとに悪い子。
 じゃ、犯してあげるわ」

 ともみさんは、自らのウェストに手を回した。
 次の瞬間、スカートが真下に落ちた。
 形のいいお尻が剥き出された。
 窓から射しこむ光が、尻たぶの窪みに翳を作ってた。

第十一話へ続く

文章 Mikiko
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事:

放課後のむこうがわ 10」への3件のフィードバック

  1. ハーレクイン

    うーむ。
    ともみディレクター。
    主演女優あけみちゃんと、飛び込み新人女優美里ちゃんを相手に、
    やりたい放題し放題。

    タンポン嬲り。
    まずやられるのはあけみちゃんか。

    磔で犯されるあけみちゃん。
    精液まみれのあけみちゃん。
    絞殺されるあけみちゃん。
    うんこを漏らすあけみちゃん……。

    うーむ。
    美しい情景ですねえ。

    あけみちゃんの、断末魔の絶叫。
    「犯してぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」
    ともみ女王様は、どのように犯してくれるのかなあ。
    楽しみだね、あけみちゃん。

  2. 海苔P

    「そう。入れてほしいの。でも、ダメー。
     だってそれじゃ、お仕置きにならないじゃない。
     ふふ。実は……。入れてあげないのが、お仕置き。
     どう?焦らされて切ないでしょ?」

    なんか、ずるいです。
    お仕置きされて焦らされてるのは読者の方だと思います。

    美里やあけみはともみに虐められてるけど
    読者はMikikoさんの話に焦らされてるよ!
    まだ、Mikikoさんだけに焦らされてるだけなら良いけど、やみげんさんからも虐められてる感があるのが悔しいです。

    この後の展開どうなるの?
    どうやってあけみちゃんを犯すのか楽しみです。
    美里は、またもや・・・
    可愛そうにね!
    その内、美里にも良い事がありますように・・・

  3. Mikiko

     今ごろ思いあたるってのもなんですが……。
     3人のシーンってのは、書きやすかったんです。
     焦点を切り替えながら、場面を進められました。
     画像に写ってる2人に、美里を加えたのが成功だったのかも?
     あけとも2人だけだったら、煮詰まってたかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です