放課後のむこうがわ 13


本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

放課後のむこうがわ 13

「アシスタントさん。
 あなたの格好も、かなりイケてるわよ。
 下半身丸出しで、カメラ構えてるとこ。
 タンポンのヒモ、ぶら下げてさ。
 あなたの後ろにも、カメラマンが欲しいわね」

 背中に視線を感じた。
 もちろん、誰もいるわけないんだけど。
 レーザーみたいな視線が、裸のお尻を灼き上げるのを感じた。
 わたしは、思わず尻たぶを絞った。

「ちょっと。
 なに、お尻ひくひくさせてるの。
 ヤラしい子ね。
 ほんとに、筋金入りの変態だわ。
 しっかりカメラ構えてちょうだいよ。
 お尻ひくひくさせたら、ブレちゃうんだから」

 わたしは懸命にカメラを支え、シャッターを切った。

「さぁ、あけみ。
 上るのよ。
 これがあなたの、お姫さま階段」

 ともみちゃんは起ちあがると、手に持ったロープを吊りあげた。

「あぁぁぁ」

 悲鳴を噴き零しながら、あけみちゃんのお尻が持ち上がった。
 太腿までがくがくと震わせながら、両膝が伸び……。
 踵が浮き上がった。

「ほら、ちゃんと歩んで」

 ともみさんは、後ろ向きのまま、階段を登り始めた。
 あけみちゃんのお尻の割れ目には、ロープが深々と喰いこんだ。
 お尻の肉に隠れて、ロープが見えないほどだった。
 おそらく前の方は、もっと喰いこんでたはず。
 おまんこがひしゃげるくらいにね。

「はい!
 あんよはじょうず」

 尻たぶを震わせながら、あけみちゃんが階段を登り始めた。
 太腿が摺り合うほどの内股で、懸命に上体を支えてる。
 上は、紺の制服を着たまま。
 膝から下は、紺のストッキング。
 上下の紺に挟まれた下半身だけが、剥き出しの肌色。
 そこだけ、別の生き物のように見えた。

「あけみ。
 こっち見ちゃダメだって。
 カメラは下にあるのよ。
 顔をカメラに見せて」

 顔を横に倒したはずみに、あけみちゃんがバランスを崩した。
 膝が落ちた。
 長い髪の先が、階段を掃く。

「気をつけてよ。
 両手縛ってあるんだから、落ちたらタダじゃ済まないからね」

 あけみちゃんは、膝を震わせながら起ちあがった。
 顔を横に倒し、斜め後ろを見ながら、懸命に階段を上ってく。

「ほら、カメラ!」

 ともみさんの叱責に、慌ててカメラを構え直した。
 シャッターを切りながら、わたしも階段を上っていく。
 あけみちゃんの内腿が、窓からの光を返してた。
 濡れてるのよ。
 ナメクジが這ったような筋が、膝下のストッキングまでネラネラと続いてた。

「ほら、もう一息」

 ともみさんは、踊り場まで上がってた。
 大きな窓のある踊り場だった。
 細い窓桟で区切られたガラスが、天井近くまで聳えてる。
 踊り場の縁に立つともみさんは、窓からの光を背中に浴びてた。
 逆光のシルエットは、まるで黒い陽炎みたいに見えた。
 輪郭線が、ハレーションを起こしたみたいに揺れてるの。

「どうしたの?」

 あけみちゃんの足が、止まってた。
 背中が大きく波打ってる。

「もう少しじゃない。
 顔、こっち向けていいから」

 あけみちゃんが、ともみさんを振り仰いだ。

「おいで」

 ロープを握ったともみさんの手が、スカートの裾を掴んだ。
 上体を煽らせると同時に、両手を大きく開いた。
 スカートが、扇のように広がった。
 そこには、無毛の股間が開いてるはず……。
 でも、真っ暗なシルエットの中は、何も見えない。
 まるで、黒い鳥が羽を拡げたみたいだった。
 シルエットの暗がりには、無数の星が瞬いてるようにさえ見えた。

 あけみちゃんは、その暗がりを目指して上ってく。
 片膝が階段に落ちた。
 ふくら脛が震えてる。
 踏ん張った靴裏が、段の縁を滑った。

「あっ」

 あけみちゃんは、大きくバランスを崩した。
 ともみさんは、とっさにロープを引っ張った。
 もちろん、あけみちゃんが転がり落ちないようにだろうけど……。
 でもそれは、股間のロープを激しく引き絞ることになった。
 下から見上げるお尻に、ロープは見えなかった。
 割れ目に深く食いこんで、お尻の膨らみに埋もれちゃったんだね。
 もちろん、前は、もっと強く絞られてたはず。
 陰唇を2つに割り裂いたロープは……。
 おそらく、陰核を潰してた。

「か。
 あかかか」

 あけみちゃんは階段に突っ伏して、激しくお尻を痙攣させた。
 躍動する尻たぶに、陽の光が踊ってた。

「失敗失敗。
 もっと焦らしてやろうと思ってたのに……。
 うっかり、イカせちゃったよ。
 でも……。
 ほんとヤラしい顔してる。
 アシスタントさん。
 ちょっと来てごらん」

 ともみさんに促され、わたしは階段を駆けあがった。
 あけみちゃんの横顔を覗きこむ。
 頬を階段に摺りつけながら、まだ顔はびくびくと動いてた。
 でも……。
 見開いた目蓋の中に、瞳は無かった。
 真っ白い眼球が、虚空を見つめてる。
 アヒルみたいに開いた口からは、泡が噴き零れてた。

「気持よさそうでしょ?
 ほんとに気持よさそうにイクのよ、この子。
 憎らしいくらい」

 あけみちゃんの全身から、ようやく痙攣が収まった。
 口元を噴き零れた泡が、階段の縁から垂れてた。

「こら、あけみ。
 起きなさい」

 ともみさんがロープを引いても、あけみちゃんに反応は無かった。
 背中に回った両手が、ロープに引かれて動くだけ。

「完全に向こうの世界ね。
 引き戻してやる」

 ともみさんはロープを投げ出すと、再びスカートの裾を持ち上げた。
 裾をまとめて、胸前にたくし上げる。
 無毛の下腹部を隠すものは、何も無かった。
 血管が透けそうなほど、真っ白なお腹だった。
 なだらかな腹部の裾野は、恥丘でわずかに隆起してた。
 性器は下を向いてて、ほとんど見えない。
 キスを求める唇みたいに開いた襞が、微かに覗いてた。

「素直に起きない子には……。
 お仕置きしなくちゃね」

 ともみさんはスカートをたくし上げたまま、階段に腰を下ろした。
 腰を進めながら、あけみちゃんの髪を握り、頭を持ち上げる。
 そのまま、あけみちゃんの顔が横たわってた段に、お尻を割りこませた。

第十四話へ続く

文章 Mikiko
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事:

放課後のむこうがわ 13」への3件のフィードバック

  1. ハーレクイン

    うーむ、あけみちゃん、股縄でいったか。
    お尻の割れ目に食い込む縄。
    おまんこの裂け目に食い込む縄(写真ではこちらは見えない、残念)。
    あけみちゃんの陰核を磨り潰す「ま・た・な・わ」。

    気持ちよさそうだなあ、あけみちゃん。
    それに、ともみさんはさらに「お仕置き」してくれるそうだぞ。
    いいなあ、あけみちゃん。

    それにしても「お姫様階段」って……なんだろうね。

  2. Mikiko

     女優さんのお尻、可愛いですよね。
     縄の喰い込むお尻は、やはりぽっちゃりめが似合いますね。

     「お姫様階段」は……。
     シンデレラが、ガラスの靴を落としたような階段じゃないでしょうか?
     そう言えば……。
     ガラスの靴を履いた足ってのは、SM的風景ですよね(もちろん見たことありません)。
     そんな靴が、幅広4Eのわけないから……。
     爪先が、烏賊みたいに細らんでるでしょうね。
     ガラスに接する肌は、白く色を変えてる。
     ガラス板に、唇を押し付けたイメージかな?
     ふむふむ。
     象徴的場面として、使えそうだぞ。

  3. ハーレクイン

    「お姫様階段」は……やはりシンデレラの階段か。

    「でもシンデレラや、12時の鐘が鳴る前に帰ってくるんだよ。
    さもないと、魔法が解けてしまうからねえ」

    >ガラスの靴を履いた足ってのは、SM的風景

    おー、妄想の女王の妄想の翼がいよいよ拡がるか。
    それにしても……。

    あけみちゃんの可愛さは尋常ではないなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です