放課後のむこうがわ 16


本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

放課後のむこうがわ 16

 目が醒めたのは、どれくらい後のことだったろう。
 意識を失ってすぐみたいな気もしたし……。
 すごく時間が経ったみたいな気もした。

 わたしがいたのは、階段を上りきったとこ。
 あの2人の姿は見えなかった。
 校舎は、しんと静まり返ってた。
 2階の廊下にも、大きな窓が続いててね……。
 そこから射しこむ午後の光が、床板を暖めてた。
 光がさらさらと降り積もる音が、聞こえてくるみたいだった。

「え?」

 わたしは、ほんとに音を聞いたみたいに思って、耳を澄ませた。

 でもそれは、人の声だった。
 もちろん、あの2人の声。
 声は、光の射しこむ窓の向かい側、教室の中から聞こえてきた。
 2人に置いて行かれたんじゃないかって思ってたけど……。
 そうじゃなかった。
 2人は、まだいたんだ。

 わたしは、声のする教室に向かった。
 真っ直ぐ歩いてるつもりなのに、脚元が定まらない。
 夢の中を歩いてるみたいだった。
 見下ろす両脚は、付け根まで剥きだし。
 スカート穿いてないんだから……。
 さっきまでの出来事は、夢じゃないはず。
 でも、交互に歩んでいく両脚を見下ろしながら……。
 自分の脚じゃないように思えた。
 やっぱり、半分夢を見てたのかな。
 実はね。
 それからの記憶は、はっきりと時系列が繋がってないんだ。
 水に浮かぶ泡みたいに、ところどころ顔を出す感じ。

 2人の声は、だんだん大きくなってくる。
 もちろん、わたしの方が近づいてるからだけど。
 教室の扉は、開け放たれてた。

 目に飛びこんで来たのは、大きな窓。
 木桟で区切られたガラスが、一面の天井までを覆ってた。
 窓の外には、裏山の緑がのしかかるように見えた。
 窓の上下は3段になってるんだけど、一番下の段だけ、磨りガラスなの。
 あれはたぶん、授業中に窓の外が見えないようにしてるんだね。
 だって、あんなに山が近くに見えたら、気が散っちゃうもの。

 外は晴れてたけど……。
 陽の光は、窓から射しこんでなかった。
 たぶん、そういう方角になるように、教室が設計されてたんだと思う。
 天井まである窓から陽が射しこんだら、授業にならないもんね。

 その窓硝子を背に、あけみちゃんは立ってた。
 でも、窓に背中を付けてたわけじゃないの。
 窓の前に、木製の教卓が置いてあったんだ。
 そこにお尻を凭れるようしにて立ってた。
 ヘンよね?
 なんで、窓に向いて教卓があるんだろう。
 で、黒板の方を見ると……。
 そこにも、ちゃんと教卓があるのよ。
 どちらの教卓の上にも、ガラスの花瓶に花が生けられてた。
 まるで、先生が2人いるみたい。
 でも、一人の先生は、窓の外に向かって授業をしてる。
 きっとさ……。
 その先生の授業は、夜にあるんだよ。
 で、窓の外には、この世のものでない生徒が集まってる。
 なんてね。
 もちろん、これは冗談だけど。
 でも、いろんな想像をかき立てられる、不思議な教室だった。
 生徒の机だって、整然と並んでないんだ。
 てんでんばらばらに散らばってた。
 テレビで、山の分校みたいな教室が映されることがあるでしょ。
 複式学級みたいな。
 あんな雰囲気だね。

 で、あけみちゃんだけど……。
 窓に面した教卓にお尻を預け、少し前かがみで立ってる。
 あられもない姿で。
 下半身は、もちろん裸のまま。
 でも、もう股間に縄は渡ってなかった。
 両股は内股気味に閉じてるから、性器までは見えないけど……。
 縦長に整えられた陰毛は、はっきりと見てとれた。

 上半身は、上着を着てなかった。
 ブラウスだけ。
 ボタンはすべて外され、前身ごろが大きく開いてる。
 ブラが、胸下に引きおろされてて……。
 乳房が丸見えだった。
 その乳房を、上下の縄が潰してた。
 上着を脱がせて、また縛りなおしたってことだよね。
 その縛った主は、背中を見せて立ってた。
 もちろん、ともみさん。
 ともみさんの格好は、さっきと変わらない。
 スクールベストまできっちりと着け……。
 タータンチェックのスカートも、ちゃんと穿いてる。
 もっとも、その下はノーパンだったろうけど。

「どうしたの?
 そんな前かがみになって」

 ともみさんの声。
 でも、あけみちゃんが、腰を折るように屈んでるのは、無理も無いのよ。
 ともみさんは、長い定規を持ってた。
 厚いプラスチックの、透明な定規。
 50センチくらい測れそうな大きさだった。
 その定規の先が、あけみちゃんの股間に届いてるの。

「あぅぅ」

 あけみちゃんのうめき声があがった。
 厚い定規が撓んでた。
 股間にあてられた先っぽには、大きな力がかかってるはず。

「あふぅ」
「イヤらしい子ね。
 そんな顔して」

 あけみちゃんは眉を歪めてた。
 でも、それが苦痛を訴える顔じゃないことは、遠目からもわかった。
 閉じた内腿を、しきりに摺り合わせてる。
 きっと内腿には、膣液が伝ってたんじゃないかな。

「あけみがイヤらしー子だってことは、誰が見たってわかるんだよ。
 このおっぱい見たらね」

 ともみさんの定規が持ち上がり、あけみちゃんの乳房を小突いた。

「ひぎっ」

 あけみちゃんの身体が、スタンガンを当てられたように跳ねた。
 閉じられてた両腿が、左右に離れた。
 ナメクジの這ったような跡が、内腿に光って見えた。

「ほら、これ」
「あぁっ、あぁっ」

 ともみさんの言うことは、よくわかった。
 乳首が、ビンビンに起ってるの。
 綺麗な肉色の乳首なんだけど……。
 乳輪ごと持ち上がってた。

「ひぃぃぃ」

 食い縛った唇を割り、あけみちゃんの声が漏れた。
 定規の先が左右に振れ、乳首を嬲ってた。
 あけみちゃんは、懸命に内腿を擦り合わせてる。

「定規でイクつもり?」
「指で……。
 指で触ってぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」
「ダメー。
 定規でイキなさい」

 定規は乳首を離れ、宙に持あがった。
 その軌跡を、あけみちゃんの目線が縋るように追った。
 目線を振り切るように、定規が、タクトの軌跡を描いて振りおろされた。

 パーン。

 森に響く銃声みたいに聞こえた。

「あぎゃっ」

 定規の先が、あけみちゃんの乳首を潰してた。
 あけみちゃんの顎が落ち、洞穴みたいな口蓋が覗いた。
 両目は大きく見開いてる。
 瞳が、上目蓋に半分隠れるほどせり上がってた。

「ほんとにイッちゃった?」

 あけみちゃんが、細かくうなずいたように見えた。
 でもそれは、ともみさんの問いに答えたわけじゃないみたい。
 あけみちゃんの上体が、大きく前傾した。
 口の端から、涎の糸が床まで伸びた。

第十七話へ続く

文章 Mikiko
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事:

放課後のむこうがわ 16」への4件のフィードバック

  1. Mikiko

     みなさま、新年明けましておめでとうございます。
     本年もよろしくお願いします。
     と云いながら……。
     連載終了まで、あとわずかとなってしまいました。
     どうか最後まで、お付き合いをお願いします。

     窓を向いて据えられた教卓。
     不思議な写真です。
     杉浦先生の写真には……。
     無限の想像が掻き立てられます。

  2. ハーレクイン

    いやあ.
    何と申しましょうか。
    あまりほめて、作者を甘やかしてもどうかと思うのですが……。
    もう、この世のものとも思えぬ言葉と情景ですねえ。

    >光がさらさらと降り積もる音
    >それからの記憶は……水に浮かぶ泡みたい
    >先生は、窓の外に向かって授業をしてる
    >この世のものではない生徒

    あけとも里。
    何処へ行くのでしょうか。

  3. Mikiko

     光が降り積もるイメージは……。
     中原中也の『一つのメルヘン』から。
     高校時代、傾倒しましたねー。

  4. ハーレクイン

    秋の夜は、はるかの彼方に……陽は、さらさらと
    さらさらと射しているのでありました
    ……………………………………………………
    いつのまにか、
    今迄流れてもゐなかつた川床に、
    水はさらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました……

    あと四回で完結ですか『放課後のむこうがわ』。
    魂を絞られるようです。
    「むこうがわ」には、いったいなにがあるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です