放課後のむこうがわ 17


本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

放課後のむこうがわ 17

 あけみちゃんの背中が、教卓を離れた。
 歩き始めた幼児みたいな足取りで、2、3歩あゆんだ。
 でも、あっという間にバランスを崩すと、上体を捻りながら沈んだ。
 まるで、床に吸いこまれるスパイラルみたいだった。
 でも、微かに残った意識が、上体の姿勢だけは保ったみたい。
 あけみちゃんは、教卓の側面に背中を凭せ、しゃがみこんでた。
 瞳は上目蓋から落ち、宙に泳いでた。
 胸が大きく起伏してる。

「危なかったね。
 上体縛られたままひっくり返ったら、可愛い顔に傷がついちゃうところよ」

 ともみさんは、そんなあけみちゃんを尻目に、机をひとつ動かしてた。
 天板に金属パイプの脚が付いた、生徒用の机。
 それを柱の前に据える。
 この教室の中にはね、柱が何本か立ってるの。
 20センチ角くらいの太い柱。
 最初からこういう設計なのか……。
 それとも、後から補強されたのかもね。
 上半分は白く塗られてたけど……。
 木製の柱だと思う。

 ともみさんは机を、その柱にぴったりとくっつけた。

「あけみ。
 こっちおいで。
 診察台を作ってあげたから。
 これから、あけみのヤラシーまんこを、診察してあげます」

 あけみちゃんの表情が、明らかに輝いた。
 ともみさんの仕草を追ってた瞳が、息づくように膨らんだ。
 あけみちゃんは床に両膝を突くと、懸命に起ちあがった。
 後ろ手に縛られた上体を振りながら、机の脇まで歩んだ。

 あけみちゃんは机の天板にお尻を載せ、自ら迫りあがろうとしたけど……。
 上体を縛られたままじゃ、無理だった。

「ひぃぃぃ」

 もどかしさが、口をついて漏れ出た。

「あわてないの。
 手伝ってあげるから」

 ともみさんが、あけみちゃんを抱えるように机に載せた。
 背中を柱に凭せかける。
 尾骨が天板に着くほど、お尻は前に流れてる。

「それじゃ、患者さん。
 診察の姿勢を取ってください。
 脚を上げるのよ。
 ほら、赤ちゃんがオシメ替えてもらう格好」

 あけみちゃんの両腿が、胸前まであがった。
 膝は二つに折り畳まれ、靴底は天板まで下りてた。

「どうも安定が悪いなぁ。
 落っこちそうだ。
 固定が必要ね」

 ともみさんの片手には、ロープが握られてた。
 どこから出したんだろう。
 ほんとにマジシャンみたい。
 ていうか、その時のともみさんは、全能の人だったのかも。
 手の平を開けば、欲しい物が向こうから飛びこんでくる、みたいなね。

 ともみさんは、あけみちゃんの上体を柱に縛り付け始めた。
 ブラウスと縄が擦れるキュルキュルという音が、まるで宙に鳴る鞭のように聞こえた。
 たちまち縄は、あけみちゃんを括りあげた。
 両腿にも縄が掛けられ、上体と結ばれた。

「はい、出来上がり。
 あけみ、嬉しい?」

 あけみちゃんは、ともみちゃんを見上げながら、一生懸命うなずいた。
 瞳は、憧れるように輝いてた。
 主人を見上げる子犬みたい。
 シッポがあったら、千切れるほど振ってたかも。

「でも、その姿勢って……。
 自分じゃ、どうすることも出来ないんだよ。
 気持よくなろうとしたら……。
 ちゃーんと言葉にして、お願いするの。
 ほら。
 もう、机にお汁が垂れてる。
 さぁ、どうして欲しいの」
「弄って。
 弄ってください」
「どこを?」
「おまんこ」
「はしたない子ね。
 襞々が捲れ切ってる。
 陰核が、鼻筋みたいに持ち上がってるよ。
 鼻の頭を、ちょいと潰してやったら……。
 あっという間に、白目剥いちゃいそうだね。
 でも、そんな簡単にはイカせてあげないから。
 まずは、診察。
 おまんこ測定」

 ともみさんは、さっきの長い定規を握ってた。
 机の前に、しゃがみこむ。

「何センチあるかな?」

 ともみさんは、あけみちゃんの股間に定規を押しあてた。

「あひぃ」

 あけみちゃんの顎が上がり、頭頂が柱を擦った。

「えーっと。
 5センチ……。
 4、5センチかな?
 これって、標準なのかな?
 わたしのは何センチだろ?」

 ともみさんは起ちあがると、スカートを捲りあげた。
 もちろんその下は、何も穿いてない。
 張り出た腰骨に夕暮れの光が浮いて、産毛まで数えられそうだった。

 ともみさんは、自らの股間に定規をあてた。

「あけみ。
 目盛り読んで」

 あけみちゃんは眉に皺を寄せて、ともみちゃんの股間を凝視してる。
 かなり目が悪いみたい。

「4センチ……、くらい?」
「頼りないね。
 ま、ミリまでは見えないか。
 だいたいおんなじってとこね。
 でも……。
 おまんこ剥き出すと、どうしてこう気分出るんだろ。
 弄りたくて堪らなくなるわ。
 ほら、陰核までパンパン。
 見える?」

 ともみさんは、指先で恥丘を引き上げながら、股間を突き出した。
 あけみちゃんの視線は、レーザー光のように一点を灼いてた。
 ともみさんの陰核が、溶け出すんじゃないかって思えるほど。
 そんなあけみちゃんの顔を、ともみさんは口角を上げて見下ろしてた。

「あんまり焦らすのも可哀想ね。
 じゃ、とりあえずサイズ測定はこれでおしまい。
 それでは……。
 お待ちかねの、触診に移ります」
「ひぃぃぃぃ」
「患者さん。
 はしたない声出さないでください」

 ともみさんは、再び机の前にしゃがみこんだ。
 あけみちゃんは、懸命にお尻を迫り出してる。

「ほんとにヤラシイ陰核。
 まさしく勃起してるんだからね。
 陰核の皮が、ヨットみたいに帆を張ってる。
 悪い子。
 そういう子の頭は、ちょっと叩いてあげようか。
 ひょい」
「あぎ」

 あけみちゃんのお尻が跳ねあがり、机の脚が騒々しいステップを踏んだ。

「ちょっと反応良すぎ。
 指でグニグニしたら、あっという間だね。
 ダメよ。
 すぐイッちゃ」

 ともみさんは、引っこめた人さし指を、宙に立てた。
 そのまま、自分の鼻に引きつける。

「くさーい。
 メスの匂いがプンプンする」
「ひぃぃぃぃ」
「これは、キケンな液体ですねー。
 指が溶けちゃいそう。
 掃除が必要みたいなので……。
 これを使いましょう」

 スカートのポケットを探ったともみさんの指には、小さな白い棒が摘まれてた。

「わかりますね?
 綿棒です。
 でも、普通の綿棒じゃないのよ。
 レンズクリーニングの専用品」

 ともみさんは、綿棒を胸前に掲げた。
 まるで、小さな灯し火みたいに。
 あけみちゃんの瞳は、その灯火に焦点を結んでた。
 ちょっと寄り目になるほどにね。

「クリーニングしますよ」

 ともみさんの胸元が、机にくっついた。
 もう、ともみさんの顔のすぐ前が、あけみちゃんの股間だった。
 綿棒を持たない方の手が、宙に弧を描いた。
 あけみちゃんの瞳が、軌跡を追う。

「あひゃ」

 ともみさんの片手は、股間に着地してた。

「包皮の裏側には……。
 恥垢というキタナイものが溜まりがちです。
 そこを、入念にお掃除しなくちゃなりません。
 まずは、包皮を剥きましょう。
 むぎゅー」

 股間に宛てがわれたともみさんの指が、反りながらすぼまった。
 指の狭間から、あけみちゃんの陰核が突き出てた。
 真っ赤な色。
 子犬のおちんちんみたい。

「悪い一つ目小僧ですね。
 め」

 綿棒の頭が、陰核を突いた。

「わひぃ」

 あけみちゃんの膝から下が跳ねあがった。
 紺のハイソックスが宙を掻き回す。

「はしたないですねー。
 お尻の穴まで丸見えよ」
「見てー。
 あけみのお尻の穴、見てー」

 あけみちゃんの両脚が、コンパスみたいに開いた。

「ひくひくしてる。
 カメラの絞りみたい。
 見つめてると、吸いこまれそうだよ」

第十八話へ続く

文章 Mikiko
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事:

放課後のむこうがわ 17」への3件のフィードバック

  1. やみげん

    「全能の人」
    思春期に誰もが抱く“万能感”を、ともみは体現しているわけです。
    それでいて、「あけみ」そのものを生み出す事は出来ず、性的支配という副次的作業よってのみ主従関係が成り立つ。
    彼女の、苛立ちともどかしさが、透けて見えるようです。

  2. ハーレクイン

    あけみちゃん。フルオープンM字開脚。
    これよくあるのは、縛られる方は床の上なんだけど、
    放課後の旧校舎では、生徒用の机の上、いやいや、
    診察台の上なんだよね、あけみちゃん。
    これなら、あけみちゃんのおまんこは、ともみさんのまさに眼前。
    ともみさんのやりたい放題し放題だよねえ。

    >シッポがあったら、千切れるほど振ってたかも

    え、まさか、しっぽぶんぶん?

    今回の名シーン。

    >あけみちゃんは机の天板にお尻を載せ、
    自ら迫りあがろうとしたけど……
    上体を縛られたままじゃ、無理だった。
    「ひぃぃぃ」もどかしさが、口をついて漏れ出た

  3. Mikiko

     改めて今回の写真を見直すと……。
     2枚とも、スゴいポーズしてますよね。
     でも、この写真を見て、わたしが一番惹かれたのは……。
     あけみちゃんの表情。
     飼い主に嬲られながら、安心しきってる顔です。

     しかしながら……。
     見れば見るほど、『?』が湧き出てくる写真です。
     一番下の段だけ磨りガラスの窓。
     そして、なぜか窓に向けて据えられた机。
     そして、白い柱も不思議ですよね。
     教室の中にあんな柱、普通あります?
     この写真だけからでも、いくらでも物語が紡げそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です