放課後の向うがわⅡ-1


《説明》

杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は7/13まで連続掲載、以後毎週金曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。

「ふふ。
 信じない?
 作り話だって思ってるでしょ。
 わかるわよ、信じてない目だって」

 美里はテーブルに身を乗り出し、いたずらっぽく美弥子の瞳を覗きこんだ。

「いいからいいから。
 わたしだって、誰も信じないと思うもの。
 だから、今まで誰にも話さなかったんだ。
 美弥子さんが、初めてよ。
 人に話したの。
 あー、なんかノド乾いちゃった」

 美里が語り終えたのは、転校先の学校での出来事だった。
 3年前……。
 いや、ほんの2年半前のことでしかないのだ。
 2人が通う高校から、美里が転校して行ったのは。
 しかし美里には、十分すぎるほど長い旅だったに違いない。
 あどけなかった少女は、すっかり大人びて帰っていた。

「おいしい紅茶ね。
 もう一杯、いただいていい?
 あれ?
 ポット空だわ」

 美里の物語に引きこまれ、ティーポットが空になっていることにも気づかなかった。

「あ、大丈夫。
 自分で入れて来るから。
 立たなくていいってのに。

 美弥子さん。
 さっきから気になってたんだけど。
 ほら、ベランダのテーブルセット。
 スゴく素敵ね。
 あの白い椅子、海辺のリゾートとかにあるヤツなんじゃない?
 外人さんが日光浴してるみたいな。
 背もたれが倒れるんでしょ?
 ねえ?
 今度はあそこで飲みたいな。
 いいでしょ?
 暑い?
 大丈夫よ、曇ってるんだもの。
 わたしは、紅茶入れてくるから……。
 美弥子さん、カップをベランダに運んでもらえない?
 せっかく立っちゃったんだから。
 お願いできる?」

「あー、やっぱり外は気持ちいいわ。
 ほんと、リゾートにいるみたいね。
 曇り空が、ちょっとだけ残念だけど。

 ねえ。
 さっきの話には……。
 続きがあるんだ。
 と言っても、あの木造校舎のお話じゃないの。
 あそこには、2度と行けなかった。
 続きってのは、あけみ先生とのお話。
 音楽室で、あの不思議な物語の顛末を聞かされた後のこと。

 あけみ先生が、写真部の顧問だって話は、したわよね?
 で、誘われたわけ。
 入部。
 迷いは無かったな。
 放課後、寄宿舎に戻るまでの時間つぶしになるしね。
 それにやっぱり、あけみ先生のことを、もっと知りたかった。
 ていうか……。
 やっぱり、自分のことを知ってる人のそばにいたかったんだろうね。
 聞いてくれる?
 あの日の続き。
 こっちの方が、ずっと衝撃的なお話なのよ」

―――――――――――――――

 音楽室に呼ばれた、その週の金曜日だった。
 携帯にメールが入った。
 あけみ先生からだった。
 アドレスは、音楽室で教えてたの。
 後で連絡したいからって言われて。
 メールは、放課後、体育館に続く廊下に来てほしいって内容だった。
 行ってみると……。
 あけみ先生は、もう待っててくれた。

「時間、大丈夫?」
「はい」
「寄宿舎に帰るだけ?」
「はい」
「じゃ今日は、写真部の部室に案内するわ。
 いいのよね?
 入部」
「はい」

 あけみ先生は、わたしの返事ににっこり微笑むと、黙って歩き出した。
 体育館に続く廊下から、本校舎に戻った。
 文化部の部室のあるエリアは知ってた。
 体育館から、すぐ近くの場所。
 写真部も、当然そこにあると思ってた。
 でも、あけみ先生の後ろ姿は、そこをあっけなく素通りした。
 わたしの当惑に気づいたのか、あけみ先生が振り向いた。

「写真部は、ここにはないの。
 待ち合わせ場所をあそこにしたのは……。
 あなたがまだ、校内をよく知らないと思ったからよ」

 あけみ先生は、すれ違う生徒の会釈に鷹揚に応えながら歩いていく。
 わたしは後ろから付いていきながら……。
 先生のお尻ばっかり見てた。
 ひょっとして今日も……。
 紺色のスカートの下には、縄が食いこんでるんじゃないか、なんてね。
 そんな妄想しながら歩いてたら……。
 先生が、突然立ち止まった。
 背中にぶつかりそうになって、慌てて飛びのいた。
 一瞬だけど、いい匂いがしたな。

 先生は、大きな扉の前に立ってた。
 本校舎から続いた廊下が、その扉で行き止まりになってた。
 廊下の窓から見える景色で、だいたいの居場所はわかった。
 本校舎の外れ。
 そして、この扉の向こうは……。
 あの建物のはず。
 校内探検してるときから、その建物は気になってた。

 本校舎は、普通の四角いコンクリートなんだけど……。
 そこにくっつく形で、その建物が立ってた。
 ヨーロッパのお城みたいなの。
 上の方は、水色の屋根が載ったドームみたいになってるし。
 でも正直、あんまり素敵だとは思わなかった。
 なんか……。
 ラブホみたいな感じでさ。
 でも、いったい何の建物だろうって、不思議に思ってた。
 授業じゃ、ぜんぜん使われないみたいだし。

「ここ、何だかわかる?」

 わたしがクビを振ると、先生は満足そうに笑った。

「ここから先はね……。
 言ってみれば、“禁区”ね。
 生徒はもちろん、一般教師も入れないエリア。
 理事長のプライベートスペースなの」

 先生は、種明かしをするような仕草で、スーツのポケットから鍵束を取り出した。

「でも、わたしは入れるの。
 パスポートがあるのよ。
 今日はあなたを、この“禁区”にご招待するわ。
 今の1年生でここに入るのは、たぶんあなたが初めてじゃないかしら。
 生徒会長だって、任期中に1度呼ばれるかどうかってくらいだもの」
「あの……」
「何?」
「写真部の部室って……」
「そう。
 ここにあるのよ」

 生徒が入れないようなエリアに、どうして部室があるんだろう?
 あけみ先生は、わたしの困惑を心底楽しんでるみたいだった。
 先生は、マジシャンみたいな大げさな手振りで、鍵穴に鍵を挿しこんだ。

 扉の向こうは、大きなホールだった。
 そう。
 ホールとしか言いようがないの。
 何にもないんだもの。
 でも、装飾は凝ってたわね。
 よく言い表わせないけど……。
 宮殿のダンスホールみたい。
 縦長の意匠を凝らした窓。
 古典風の絵画。
 でも、調度類が何もない。
 壁際に、椅子が何脚か置いてあるだけ。
 美術館で、監視員が座ってる椅子みたいだった。

「ここ、何に使う部屋だと思う?
 似たようなとこ、見たことない?
 ほら、ホテルなんかのイベントホール。
 結婚式とかに使われるスペースよ。
 ここも、パーティなんかを開くために作られたみたい。
 確かに、落成式の日には、外部からお客さんがたくさん来てたみたいだけど……。
 その後は、聞かないわね。
 ここが使われたって話。
 ま、ここじゃ、立食パーティしか出来ないだろうしね」

 先生は、パンプスの靴音を木霊させながらわたしを先導した。
 わたしの内履きは、床のタイルでキュルキュルと音を立てた。

「部室は、この上。
 エレベーターもあるけど……。
 こっちの方が、いいでしょ」

 先生は、壁際に廻らされた階段を上り始めた。
 金色の手すりが細い木柵の上に渡ってて、柵の隙間からもホールを見下ろせる。
 階段は、ホールの膨らみに沿ってカーブしてるから……。
 上ってるうちに、目眩がしそうだった。

 2階に上がると……。
 でもあれ、2階って云うのかな?
 ホールは、もっと高くまで吹き抜けになってるの。
 そのホールの真ん中くらいの高さのとこに、バルコニーみたいなのが付いてる。
 階段の行き先がそこ。
 そのバルコニーからホールを見下ろしたら、ほんとに目が回りそうになった。
 そんなに高いわけじゃないのにね。
 中途半端な高さってのが、むしろ怖いのかも知れない。
 そのバルコニーに背を向けると、広い廊下が伸びてた。
 床は、ペルシャ模様みたいな絨毯が敷かれてた。
 なんか、豪華客船みたいな雰囲気だった。
 乗ったことないけど。

 先生は歩きながら、廊下の突きあたりを指差した。

「あの扉が、理事長室」

 先生の脚は、突きあたりの少し手前で立ち止まった。

「写真部の部室はここよ」

 先生は、廊下に面した白い扉に向かうと、スーツのポケットから、再び鍵束を取り出した。
 鍵束の立てるシャリシャリという音が、廊下を駈けてホールに逃げていくように聞こえた。
 わたしの気持ちも、きっと逃げたかったんだと思う。

「はい、どうぞ。
 暗いから、足元に気をつけてね」

 先生に促されたけど……。
 何だかイヤな気がして、脚が動かなかった。

「どうしたの?
 閉じこめられるとでも思ってない?」

 そのとおりだった。
 開かれたドアの隙間からは、矩形の暗闇が広がってた。

「そんなことしないわよ」

 そう言って先生は、先に部屋に踏みこんだ。

「今、明かり付けるから」

 視界から先生が消えると、壁際でスイッチ音がした。
 オレンジ色の明かりが灯った。
 そう。
 教室みたいな、蛍光灯の光じゃ無かった。
 電球色の明かり。

「ほら、入って」

 再び視界に現れた先生が、明かりの下で手招いた。
 明かりが揺れてたのかな。
 先生の顔に出来た翳が、動いてるように見えた。

 恐る恐る踏みこんだ部屋は、廊下の外の世界とは、まったく違ってた。
 なんか、夜の世界って感じ。
 見上げると、天井が高い。
 鉄骨の梁みたいなのが見える。
 そこから、裸電球が下がってて……。
 力のない光を落としてる。

「窓に板が張ってあってね。
 光が入らないのよ」

 ようやく目が慣れてきた。
 不思議な部屋だった。
 部屋っていうより、物置に近い感じかな。
 だだっ広い。

 電球が下がる鉄骨の下には、なぜか太い木の梁が、幾本も渡ってる。
 古民家みたいな感じ。
 床も板張り。
 明かりが弱いから、よく見えなかったけど……。
 油系のワックスでも塗られてるようだった。
 板が張られてるって窓は、薄暗い中でも、すぐにわかった。
 板の継ぎ目が、横糸みたいに光ってるの。
 外の光が漏れてるんだね。

「今のとこ、明かりはこれしかないのよ。
 壁にコンセントがあるから……。
 今度、ライトでも持って来なくちゃね。
 これじゃ、お茶も飲めないわ」
「あの……」

 わたしが聞きたかったのは、もちろん……。
 ほんとにここが、写真部の部室なのかってこと。
 それらしい機材はまったく見あたらない。
 それどころか、部員が座る椅子もない。
 そもそも、人のいる気配がないのよ。

「なあに?」
「ほかの部員の人は……」
「いないわよ。
 部員は、あなた一人」
「え?」
「まだ、部の申請してないの。
 ていうか、部員一人じゃ無理でしょ」

 わたしはきっと、どういう顔していいかわからなかったんだと思う。
 先生は、そんなわたしの顔を、いたずらっぽく覗きこんだ。

「部員はいないけど……。
 モデルさんはいるのよ。
 これから紹介するわね。
 あと、カメラはちゃんとあるわ。
 ほら、そこの机」

 先生が指差した壁際には、木製らしい大きな机が据えられてた。
 太い脚の、重そうな机だった。
 その上に、確かにカメラがいくつか載ってた。
 その中のひとつに、わたしの目は吸いつけられた。
 それは、お弁当箱みたいな形をしていた。
 忘れようもない。
 ともみさんが持ってた、ポラロイドカメラだ。

「覚えてた、そのカメラ?
 あ、忘れるわけないか。
 あなたは、行ってきたばっかりなんだもんね。
 14年前の、あの日に」

 先生の目は、悲しそうだった。

「うらやましい……。
 あの日のすぐ近くにいるあなたが。
 きっと、記憶も鮮明なんでしょうね。
 わたしのはもう、セピア色。
 どんな大事な記憶でも、年月と共に色褪せてしまう。
 写真と一緒よ。
 でも、あなたを見つけてからは……。
 セピア色の写真に、色が戻った気がするの。

 ねえ。
 今日も穿いてるの?
 あの、レモン色のショーツ。
 こないだ、見せたでしょ。
 14年前のあなたのショーツ。
 記憶と一緒に、あの布地も色褪せてしまった。
 なにしろ、あのショーツには、わたしの涙が染み過ぎたから。
 幾度、あのショーツを握りしめて泣いたことか。
 もちろん、ともみさんの持ち物があれば、そっちに縋ったわよ。
 でも、ともみさんは何も残してくれなかった。
 あの日の記憶に縋るには、あなたのショーツしか無かったの。

 あ、こないだ、思いついたんだけど……。
 ともみさんは、これから入学してくるわけよね。
 あなたの後輩として。
 そのともみさんに、あの日のわたしに……。
 何か残してくれるように頼むってのは、どうかしら?
 こういうのって、パラドックスって云うんでしょ?
 もし、ともみさんが、何かを残してくれたら……。
 わたしが、あなたのショーツに涙を零すこともなくなる。
 そしたら、わたしのその記憶は、いったいどうなるんだろう?
 わたしは、消えて無くなるの?」

 先生に詰め寄られ、わたしは思わず一歩下がってた。
 背中が壁に着き、後頭部が軽く音を立てた。
 先生はその音で、ようやく我に返ったみたいだった。

「ごめんね。
 あなたを責めても仕方ないわよね。
 そうそう。
 モデルさんが、お待ちかねだったんだ。
 こっち来て。
 えーっと……。
 あなた、名前なんって云うんだっけ?
 14年前には、自己紹介なんてしなかったもんね」
「棚橋美里です」
「そう。
 棚橋さん。
 美里ちゃんね。
 じゃ、今からそう呼ぶわ」


本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事:

放課後の向うがわⅡ-1」への3件のフィードバック

  1. Mikiko

     ご無沙汰いたしております。
     Mikikoでございます。
     え?
     お前なんて知らない?
     ……という方も、おられるでしょうね。
     なので、少しだけ自己紹介させていただきます。

     わたくしことMikikoは、『Mikiko’s Room』というサイトを主催するエロ小説書きでございます。
     サイトの開設は、4年前になります。
     先々月、4周年を迎えさせていただきました。
     開設以来、『由美と美弥子』というレズビアン小説を連載しております。
     それがなんと!
     本日の投稿で、1,011回。
     われながら、執念深く続いたものだと感心しますが……。
     先日、1,000回のお祝いは、サイト内でさせていただきました。
     で、さらに、世間の迷惑を顧みず……。
     「勝手に記念イベント」と称し、新作を『緊縛新聞』さんに連載をさせていただくことになりました。
     題名は、『放課後のむこうがわⅡ』。
     ごくごくわずかな方は、覚えていてくださったかと思います。
     実は、昨年の9月から今年の1月にかけて、計20回にわたり……。
     こちらで、『放課後のむこうがわ』という小説を連載させていただいてたんです。
     すなわち!
     誰でもおわかりになるかと思いますが……。
     今回連載する『放課後のむこうがわⅡ』は、その続編になります。
     もし、この第1回をお読みになって、前編もちょっとだけ読んでみてもいい、とお思いの方は……。
     右上にあるサイト内検索バー(携帯の方は下)に、“Mikiko”と入れてみてください。
     わたしの小説一覧が表示されます。

     あと、わたしの悪い癖で……。
     イントロが長いんです。
     つまり、それなりのシーンに至るまでに、少々お時間をいただきます。
     どうか、お見捨てなくお読みいただければ幸いです。
     なお、連載終了時期は……。
     いつになるかわかりません。
     なにしろ、最後まで書いてないんです。
     早い話、自転車操業です。
     でも逆に、みなさまからのご意見ご希望があれば、取り入れることも可能かなと思っております。
     ブーイングが多ければ、途中退場ということにもなりかねませんが……。
     そうならぬよう、頑張ってまいります。
     なにしろ、杉浦先生の画像が付いてるんですから。
     それだけでも、見る価値ありますよね。
     てなわけで……。
     みなさま、しばしのお付き合い、よろしくお願いいたします。

  2. 杉浦則夫

    大作ほんとうにありがとう、とても楽しく読ませてもらっています。
    今後も楽しみです、皆さんもどうぞよろしくお願いします。

  3. Mikiko

     こちらこそ、このような発表の場をいただき、感謝しております。
     つたない作品ですが、先生のお写真に力をいただき、頑張って参ります。
     読者のみなさまの忌憚なきお言葉、お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です