放課後の向うがわⅡ-7


 先生は、もう一度瞳を伏せ、手首を返して時計を見た。
 時計を見詰めるメタルフレームの女教師。
 試験監督のようだった。
 ただし、上半身だけ見れば。
 なぜなら、その女教師の下半身は、剥き出しだったから。
 股間には、縄が食いこんでる。
 縄瘤が、肥大したクリトリスのようにも見えた。
 その下で潰されてる本物のクリを想ったとき……。
 わたしの股間が、堪らなく疼いた。
 思わず太腿を擦り合わせる。

「どうしたの?
 おしっこ?」
「い、いいえ」
「ふふ。
 てことは……。
 気分出ちゃってるわけね」
「……」
「そのまま、してみる?
 オナニー。
 見られながらって、スゴくいいわよ。
 転入初日……。
 あなたも、教壇に立って挨拶したでしょ。
 たとえばそのとき……。
 いきなりスカート下ろして、オナニー始めたら、なんて……。
 考えなかった?
 ない?
 ま、そうよね。
 転校生に、そんな余裕なんて無いわよね」

 内腿を、生温い液体が伝うのがわかった。
 命じてほしかった。
 オナニーしなさいって。
 でも先生は、笑窪だけ作って笑うと、視線を機械に戻した。

「こっち来て。
 座学はこれでお終い。
 ここからは、実習よ」

 わたしの脚は、内腿を摺り合わせるように、勝手に歩んだ。

「ほほ。
 スゴい格好ね。
 そんな中学生みたいな体型して、性欲は大人並みってこと?
 ま、あなたの資質は、14年前に見てるから……。
 驚きはしないけど。
 ほら、こっち来なさいって。
 女子高に『技術』の時間は無いけど……。
 今日は、特別講義ね。
 手動ウィンチの操作法。
 これ握って」

 先生は、ドラムの片側に付いたハンドルを指さした。
 ドラムの側面からは、ドラムに沿って金属のアームが伸び……。
 その先に、アームとは直角に、樹脂製らしい黒い握りが付いてる。
 ほんとに、巨大なリールみたいな形だった。

「そう。
 両手じゃなくても大丈夫よ」

 こんなもの握らせる先生の意図が、まったくわからなかった。
 まさか、本当にウィンチの講義じゃあるまいし。

「回してみて。
 逆。
 反対方向。
 そうそう。
 軽いでしょ」

 ハンドルは、軋むことも無く動いた。
 たっぷりと油が差されたような、滑らかな手触りだった。
 でも、ハンドルには、はっきりと荷重が感じられた。
 回すごとに、機械がカチカチと音を立てた。
 梁を渡るロープが、ぴんと張ってた。
 ロープの先は、ビニールシートに隠れてる。
 でもそこには、明らかに吊り荷がある。

「はい、まだよ、まだよ。
 回して回して」

 先生は機械の側を離れ、暗幕のように下がるシートの脇に立っていた。
 先生の位置からは……。
 シートの向うがわ、つまりわたしが引き上げてる吊り荷が、はっきりと見えるはず。

「もう少し」

 先生は片手を頭の脇まで上げ、巻きあげスピードを指示するように、指先を回した。
 下半身だけ剥き出しの姿で。
 わたしは思わず、自分の股間を見下ろしてた。
 真っ白な下腹部に、下向きに生えた陰毛。
 性器は見えない。
 そこがどうなってるかは、触らなくてもわかった。
 どうしようもないほど熱かったから。
 自ら熱を発し、熱い雫を零してる。
 太腿を、雫が伝ってた。
 触らなくてもわかってたけど……。
 触りたかった。
 いやらしく溶け崩れてるおまんこを、思い切り掻き回したかった。
 先生の目は、吊り荷に向いてる。
 片手を腰に当て、掲げたもう一方の手は、頭上で回転してる。
 まるで、工事現場の監督みたい。
 でも……。
 その下半身は裸。
 剥き出しの素っ裸なのよ。

 堪らなくなって、わたしの片手が、下腹部に伸びかけた。

「ストップ!」

 伸びかけた手が、火傷をしたように飛び退いた。
 でも、先生の目は、わたしを見てなかった。
 先生の制止は、ウィンチの巻き上げの方だったの。
 気がつくと、ウィンチから梁へ渡るロープは、さっきよりも強く張ってるみたいだった。
 梁から真下に下がるロープも、棒のように張り切ってる。
 吊り荷の重さを感じさせた。
 止めたハンドルに、心なしか重みを感じた。

「ハンドル、離しても大丈夫よ。
 自動ブレーキが掛かってるから、離しても戻らないの」

 わたしは、恐る恐る黒い握りから手を離した。
 電球の光を返す樹脂の肌に、わたしの汗が光って見えた。
 手を離しても、ハンドルは動かなかった。

「ウィンチの操作実技は、これでお終い。
 簡単でしょ。
 だれでも合格ね」

 先生はシートの向う側から、2,3歩戻ると、シート脇に立った。

「さーて。
 それじゃ、お披露目しましょうか。
 あなたが吊り上げた荷物を」

 先生の手が、ブルーシートに掛かった。
 わたしの瞳を確かめるように見ながら……。
 先生は、マジシャンの手つきでシートを引き下ろした。
 ゴワゴワした音を立てて、ブルーシートが外れると……。
 そこは、薄暗い舞台だった。
 舞台の真ん中に、何か下がってる。
 それがわたしが吊り上げた荷物だってことはわかった。
 でも、それが何なのか、わたしの脳は理解できなかった。
 吊り荷は、電球の光を浴びていた。
 肌色だった。
 一瞬、大きな肉のブロックでも下がってるのかと思った。
 でも、それも一瞬。

「うわっ」

 吊り荷が何なのか理解できた途端、わたしのお尻は、床まで落ちてた。

「そんなに驚いてもらえると、ほんとにやりがいがあるわ。
 わが写真部、専属のモデルさんよ。
 どう?
 あなたが吊り上げたのよ」

 ロープから下がってたのは、人だった。
 それが何か、一瞬理解できなかったのは……。
 その人が、逆さに下がってたから。
 天地が逆の人間を、脳が咄嗟に処理出来なかったんだね。

「綺麗でしょ?」

 若い女性だった。
 真っ裸の。
 いえ、正確に言うと、縄を纏ってた。
 首の後ろから回る縄目が、胸元で網のように拡がり、乳房を戒めてる。
 上下に走る縄で、乳房はひしゃげてた。

「誰だと思う?」

 わからなかった。
 その女性は、白い布地を噛み締めてたから。

「猿轡してちゃ、わからないか。
 前説してる間に喚かれるとぶち壊しだから……。
 静かにしてもらってたの。
 じゃ、取ってあげましょうね」

 先生は、天井から下がる女性に歩み寄り、わたしに背を見せた。
 オーバーブラウスの裾は、ウェストの下で途切れてる。
 丸々とした相臀が、ほしいままに見えた。
 日を浴びずに実った白桃みたいだった。

「苦しかったでちゅか?」

 先生は、女性の首を愛しむように抱いていた。
 生首を弄んでるようだった。
 女性は、イヤイヤをするように身じろいだ。
 でも、先生を突き放すことは出来ない。
 両腕が後ろに回ってたから。
 胸元に拡がる縄が二の腕にも渡り、腕肉が括れてた。
 背中の脇から、僅かに指先が覗いてる。

「今、外してあげまちゅからね」

 後ろ頭に回した先生の手が、結び目を解いてる。
 猿轡が引き絞られ、女性の口元が歪む。

「はい、解けました。
 それじゃ……。
 ご開帳」

 先生は女性を隠していた背中を翻し、わたしへの視界を開いた。
 片手には、白い布地が握られてた。
 女性の顔が、はっきりと見えた。
 でも、わからない。
 逆さになった顔なんて、普段見てないからかな。

「下ろしなさい!
 下ろして!
 お願い……」

 女性が声を上げた。
 その声で、逆さの顔と、記憶の中の顔が、瞬時に結びついた。
 全身が凍りついた。

「やっとわかったみたいね。
 そう。
 あなたも会ってるでしょ。
 転入試験の面接で。
 改めてご紹介するわ。
 当学園の理事長よ」

 理事長と目があった。
 もちろん、何も言えない。
 理事長の目も、事態を把握し切れてないみたいだった。
 わたしと合わせた目線はすぐに外れ、四囲に泳いでた。

「岩城先生。
 どうして?
 どうして、こんなことするの?
 お願いだから下ろして」
「光栄ですわ。
 理事長先生にお願いされるなんて。
 今までは、命令されたことしか無かったですものね」

 先生は、吊り下げられた理事長の周りを、ゆっくりと巡り始めた。
 出来あがった作品を検証する芸術家みたいだった。

「でも、理事長先生。
 ほんとに、素晴らしいスタイルでいらっしゃいますわ。
 もちろん、普段の着衣からも想像できましたけど。
 必要以上にぴったりしたお召し物でしたものね。
 でも、こうして裸になると……。
 想像してた以上。
 ほら、美里。
 こっち、いらっしゃい。
 間近で見てご覧なさい」

 わたしのお尻は、床に落ちたままだった。
 あけみ先生は、ヒール音を響かせて近づくと、わたしの腕を引っ張りあげた。
 人形なら、腕が取れてた。
 それほどの力だった。
 先生は、起きあがったわたしの腕を引き、理事長の前に立たせた。


本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は7/13まで連続掲載、以後毎週金曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事:

放課後の向うがわⅡ-7」への2件のフィードバック

  1. やみげん

    Mikiko様
    掲載スケジュールの遅れ、そして、集中連載は決して、悪の組織の陰謀ではございませぬ。
    でも、おっしゃる通り、結果としては良かったのではないかしら。
    それにしても、イントロがあれだけの文量…本編に期待が膨らみます。

    さて皆様、お待たせいたしました。
    今回より、いよいよ新しい登場人物「結」(YUI)さんが物語に加わります。
    使用した画像は、「杉浦則夫緊縛桟敷平成十八年八月」に収録されたシリーズで、吊ながらの水責めが大変印象に残る作品です。

  2. Mikiko

     やっと新しい画像が付いて、ホッとしてます。

     YUIさんの単独画像は、わたしがリクエストして送っていただきました。
     ストリップダンサーだそうで……。
     腹斜筋が割れていながら、女性らしい曲線も失わないスタイルは、とにかく見事。
     画像を見ながら書いてるんですが……。
     キーボードを打つ手が止まってしまうこともしばし。
     わたしのつたない筆で、この美しさを伝えきれるか、心もとありませんが……。
     頑張って書いていきますので、お付き合いのほど、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です