放課後の向うがわⅡ-19


「さて、さっそく授業を始めましょうか。
 あ、その前に。
 なぜ、川上先生は縄を打たれてるのか。
 もちろん、川上先生が罪を犯したというわけではありません。
 でもね……。
 縄が無ければ、どうなると思う。
 ただの素っ裸よね。
 考えてもご覧なさい。
 制服を着た生徒たちの前に、裸で出るわけよ。
 とても恥ずかしいことなの。
 普通にしてたら、心が持ちこたえられない。
 だから……。
 縄を打たれ、わたしに命じられているという体を取ったわけ。
 決して、自ら裸になったわけじゃないって設定ね。
 おわかり?

 さて、それでは授業を始めます。
 どう?
 みなさん。
 川上先生の裸を見て。
 綺麗よね?
 まさに、女体としての理想の体型じゃないかしら。
 ファッションモデルみたいにギスギスしてなくて、適度な脂肪が載ってる。
 まるで、西洋絵画に描かれた女性みたい。
 川上先生、ちょっと後ろを向いてくださる?

 そうそう。

 ほら。
 このお尻の膨らみ。
 このフォルムは、どんな陶工でも作れない。
 まさしく、神が造りたもうたラインね。
 あと、ここ見てご覧なさい。
 お尻の上。
 わからない?
 指し棒が要るわね。
 あなた、机から取って来てちょうだい。

 ありがとう。
 さて、それじゃ、指し棒の先をよく見てください。
 ほら、交差する腕のすぐ下に、笑窪みたいな窪みが見えるでしょ?
 キューピー人形って知ってる?
 あの人形にはあるのよ。
 実際、欧米人には比較的多いんだけど……。
 東洋人では滅多にいない。
 これ、何て呼ばれてるか、知ってる?
 “ヴィーナスのえくぼ”って云うの。
 ほんと、素敵なお尻。
 頬ずりしたくなっちゃう。
 神さまってスゴいわね。
 赤ちゃんを産ませるために、骨盤を膨らませ、こんなすてきなお尻を造った。
 もっとよく見てみたいわね。
 川上先生。
 座ってくださる。
 両膝を着いて」

「そう。

 どう、みなさん?
 この太腿のボリューム、見てちょうだい。
 まるで、古代建築の柱みたいでしょ。
 川上先生、そのまま上体を倒して行ってくださる。
 あ、ちょっと待った。
 ストップ。
 これこれ。
 このお腹に載った、豊かな脂肪。


 川上先生、どうされました?
 嫌なの?
 このお腹。
 まぁ、とんでもない思い違いだわ。
 女性の腹部に載った適度な脂肪は……。
 男性からは、この上なくセクシーに見えるものなんですのよ。
 ときどきAVなんかだと、スカートやランジェリーを、お腹にたくし上げたままヤッてるシーンがあるけど……。
 とんでもない心得違いだわ。
 お腹を隠すなんて。
 特に、オシメを替えられるみたいに両脚を上げた姿勢だと……。
 お臍の下に、オムレツみたいな括れが出来て……。
 それはそれは、美味しそうな膨らみ。
 それを隠すなんて!
 言語道断もいいとこ!

 おっと、失礼。
 ちょっと興奮してしまいましたね。
 あ、言っときますけど……。
 AVは、資料として見てるんですからね。
 こうして保健の授業をするためには……。
 男女のまぐわいシーンの研究は不可欠なの。
 決して、オナニーするために見てるんじゃないわよ。
 ここんとこ、間違わないでちょうだい。

 あれ?
 川上先生?
 ひょっとして、乳首起ってません?
 あらあら。
 そんなに首振って。
 イヤなの?
 生徒に、勃起した乳首見られるの?
 いいじゃありませんか。
 こんなに素敵な乳首なんですもの。
 薄い肉色で、ほんとに綺麗。
 しゃぶしゃぶのお肉を、一瞬だけお湯に潜らせたみたい。
 大きさも、ベリーみたいで、人の唇に含むには最適の大きさ。
 川上先生の赤ちゃん、幸せだわ。
 いえ、その前に、将来の旦那さまが幸せものだけど。
 こんなおっぱいに吸い着いたら……。
 それだけで射精しちゃうかもね」

「おっぱいにほっぺた着けて、母乳を吸いたてながら……。
 川上先生の優しい手コキで射精する。
 幸せでしょうね。
 残業なんかしてられっこない。
 すっ飛んで帰ってくるわね。
 腎虚になるかも。
 ほんと、や~らしい乳首。
 先生、言ってご覧なさい。
 『わたしの乳首は、イヤらしく勃起してます』って。
 どうしたの?
 言えないの?
 まだ、認めないつもり?
 こんなになってるのに。
 こういう悪い子の乳首は……。
 指し棒で突いてあげます。
 えい。
 ほほ。
 見た、今の反応?
 敏感敏感。
 体ごと跳ね上がったじゃありませんか。
 ほんと、嬲りがいのある体。

 さて。
 また脱線してしまいました。
 こんなことしてたら、時間がいくらあっても足りないわ。
 神秘の授業を進めます。
 この骨盤の膨らみを、みなさんに見てもらわなきゃね。
 先生、上体を倒してってください。
 そうそう。

 そのまま、顔を床に着ける。
 お尻を上げる。
 ほら!
 もっと。


 よしよし。
 それじゃ、みなさん。
 こっちに回って。
 川上先生の後ろから見てみましょう。
 先生は動かないでくださいね。
 ほら、お尻下げない!
 どうしたの?
 いまさら、恥ずかしいの?
 悪い子ね。
 そういうお尻は、縄で吊り上げてさしあげますわ。
 あなた、ロープ取ってきて。
 教卓の引き出し。
 そうそう。

 それじゃ、みなさん。
 マジックショーの始まり始まり。
 この一本の縄が……。
 撚れ絡み、結び合うと……。
 人の快感を貪る蛇に変わる。
 ほうら出来た。
 縄の、おふんどし。
 あなた、これ持って。
 上に吊りあげてちょうだい。
 そうそう。
 川上先生。
 いいかげんお尻上げてくださいな。
 素直にしないと……。
 指し棒で、下から突き上げてあげます。
 えい。
 ほら、上がった。

 どう、このお尻?
 “ヴィーナスのえくぼ”が、くっきりと見えるでしょ。
 きっとここには、天使の羽が生えてたのね。
 見れば見るほど、まんまるなお尻。
 男性だったら、突っこまずにおれないわね」

「そのとおりです!」
「誰です?」
「保健授業の助手として、まかりこしました」
「まぁ。
 あなたは、毎日愛妻弁当を持って来てる、新婚の日本史の先生じゃありませんか」
「詳細なご説明、ありがとうございます」
「でも、授業中の教室に、いきなり真っ裸で入ってくるのは、どういう心得ですの?
 生徒たち、みんな引いちゃったじゃないですか」
「真っ裸ではありません。
 ちゃんと、ネクタイはしてます」
「よけいに変態ですわ」
「本日は、憧れの川上先生がモデルと聞き及び……。
 是が非でも、授業の助手を務めさせていただきたく、馳せ参じた次第です」
「口調が、いちいち日本史すぎます」
「かたじけない」
「わけわかりません。
 でも、国語の先生は、放っといていいんですか?
 最近は、学校でもなさってるんでしょ?」
「あの、エロババア……。
 いや、失礼。
 しかし、恐ろしいものですな。
 あの歳で歓びを知ると。
 完全にタガが外れてしまってます。
 最近は、トイレで待ちぶせしてるんですよ。
 女子高にあって、男子トイレは一種の聖域です。
 侵すべからざる、謂わば“禁区 ”。
 そこに平気で入ってこられたんじゃ、男性にとって、安息の地は無くなってしまいます。
 あのバアさん、男子トイレの個室に潜んでるんですよ。
 で、わたしが小便器で気持よく用を足してると……。
 個室から飛び出してくる。
 しかも、全裸で。
 たまげますよ。
 いきなり後ろから、全裸の女が飛び出して来たら。
 初めてやられたときは、うんこ漏らしそうになりました。
 『先生は、足音でわかりますのよ』なんて言いながら、用を足してるわたしの傍らにしゃがみこむ。
 逃げようにも、おしっこは途中で止められません。
 で、あのエロババア、わたしのちんちんに、ちょっかい出してくる。

『やめてください』
『こっち向いてぇ』
『うわっ』」

「とうとう、ちんちん横を向かされました。
 バアさん、おしっこの軌道に顔突っこんで来て……。
 顔をうねらせながら、満遍なくおしっこを浴びるんです。
 終いには飲み始める。
 でも、お酒飲んでないときのおしっこなんて、すぐに止まってしまいます。

『あら、もうお終いですの?』
『もう空っぽです』
『ウソですわ。まだ残ってます』
『ありませんって』
『残ってます。
 真っ白くて、栗の花みたいな臭いのするおしっこが。
 今度は、それを出していただきますわ』。

 言いながらもう、ちんちんしゃぶってます。
 そこまでされると……。
 わたしも、勃たざるをえないでしょう。
 なにしろ、朝方、妻とやったきりですから。
 男子トイレの小便器前で、全裸の女にフェラされる……。
 思えば、興奮もののシチュエーションではあるわけです。
 女が、もう少し良ければいいんですが。
 でも、骨盤を尖らせたヤセ女が、背骨をうねらせながらフェラしてるのを見下ろすのは……。
 一種、倒錯的な興奮をもたらすものです。
 ちんちんは、あっという間に硬度を増します。
 ビンビンです。
 ほらみんな、よく見て。
 男性の陰茎は、こんなふうにビンビンになるんだよ。
 まるで骨が入ってるみたいだろ?
 みんな、触ってみて。
 痛っ。
 岩城先生、指し棒でちんちんを叩くのは止めてください。
 でも、ちょっと気持ちよかったかも。
 あ、話が途中でしたね。
 で、ちんぽがビンビンになると……。
 やっぱり、突っこみたくなる。
 国語の先生を引っ張りあげると……。
 小便器を抱えさせます。
 肉の薄い尻で、ちょっと突き出しただけで、肛門まで見えるんですよ。
 もちろん、その下の性器も丸見え。
 砕いたウニみたいに蠢いてます。
 そこを目掛け、思い切り腰をぶつける。

『わひぃ』
『先生、相変わらず狭いですね』
『突いてぇ』
『いきますよ。
 それそれ』
『わひわひ、わひひひ』
『どうです?』
『いぃっ。いぃ。
 犯されてるのね。
 わたしは犯されてる。
 男子トイレで、素っ裸に剥かれて』
『自分で脱いだんでしょ』
『言わないで!
 あぁ。
 身動きの出来ないわたしに、凶悪な肉棒が!』『エロ小説の読みすぎじゃありませんか?』『毎晩読んでます。
 こんなシーンを夢見ながら。
 でも今は、今は、夢じゃない!
 突いてください。
 突いて!
 突いて突いて突いてぇぇぇぇ』」


本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「川上ゆう」 「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は毎週金曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です