放課後の向うがわⅡ-24


 ビシッ。

「あぅぅ。
 ぶたないで……。
 お願いだから、ぶたないで」
「嘘おっしゃい。
 お尻ぶたれるたびに、お汁垂らしてるくせに」
「ち、違います」
「ほんとに、上の口は嘘つきだわ。
 下のお口は、こんなに正直なのに。
 ほら、ヌルヌル」
「いやぁぁぁ」
「イヤじゃないでしょ。
 気持ちいいです、でしょ。
 まだそんなこと言うのね。
 それじゃ、もうひとつのお口にも聞いてみようかしら。
 どろどろまんこの上で、おちょぼ口でお澄まししてる、おしりの穴。
 こんな可愛いお尻から、毎日太いうんこしてるのよね。
 こればっかりは、否定できないでしょ?
 したら、本当の嘘つきだものね。
 でも、ほんとに可愛いお口。
 指も入らないみたいなのに、どうしてうんこが出てこれるのかしら。
 ちょっと、チェックします」

 わたしは中指をしゃぶり、たっぷりと唾液を絡める。

「お尻あげて。
 また、ぶつわよ。
 そろそろ内出血しちゃうかも。
 ふふ。
 ちょっと素直になったわね。
 でも、妬けるわ。
 お尻の痣を気にするってことは……。
 彼氏がいるって証拠ですものね。
 その彼も、ぜったい後ろからヤルのが好きなのよね。
 この丸々したお尻を抱えて、天使のえくぼを見下ろしながら腰振ってたら……。
 あっという間にイッちゃうでしょうね。
 彼は、どこに出すのかしら?
 コンドームの中じゃ、味気ないものね。
 やっぱり、このお尻かな。
 象牙を溶かしたみたいな精液が、鞭となってお尻を叩く。
 幾本も、幾本も。
 見たいわぁ。
 あ、そうだ。
 今、出来るんじゃないの。
 わたしは、こんな立派なちんちん持ってるんですもの。
 おっと、その前にお尻のチェックね。
 指、乾いちゃった。
 もう一度、舐め舐め。
 さ、お尻あげて」

 わたしの中指の先が、肛門を隠す。
 川上先生のお尻が、跳ねあがる。
 指先を、一気に送りこむ。
 白い指が、巣穴に潜りこむように沈んだ。

「ひぃっ」
「動かないで。
 爪が腸壁を傷つけたら、後が怖いわよ。
 そうそう、そのまま。
 うんこは……。
 溜まってないみたいね。
 腸壁も、つるつるして健康そうだわ。
 温ったかい。
 ほんと、気持ちよさそう。
 男が、アナルに突っこみたくなる気持ち、わかるわ。
 どう?
 そっちも気持ちいい?
 まだ、首振ってんの。
 あ、そうか。
 1本じゃ、ご不満?」

 中指を引きあげる。
 指は、粘液に包まれたみたいに濡れてた。
 ジュンサイという水草の芽を思わせた。
 わたしは、濡れた中指に薬指を添えて揃える。

「じゃ、2本いきますよ」

 ゆっくりと送りこむ。

「あぅぅぅ」
「ほら、何の抵抗もない。
 うんこは、これより太いものね。
 どう?
 気持ちいい?
 あら、そんなでもないの?
 それじゃ、これはどうかしら?」

 わたしは、肛門に突きこんだ2本の指はそのままに、膣口にも親指を送りこむ。
 先生の背肉がうねる。
 わたしは、2本の指で腸壁を押し下げながら、親指で膣壁を持ち上げる。
 わたしの手は、影絵の狐を象ってる。
 耳に見立てた人差し指と小指は、ピンと起ちあがって、尻肉に食いこんでる。
 そして……。
 エッチな狐が、悪さを始める。
 上下から挟んだ指で、腸壁と膣壁を揉みしだく。

「あひぃっ。
 ひっ。
 ひぃっ」
「どう?
 初めての感覚でしょ?
 病みつきになるんだから。
 事前に浣腸しておいて……。
 揉まれながら漏らすと、最高よ。
 相手の腕に、水様便をぶち撒けるの。
 浣腸もしとけば良かったか。
 でもここじゃ、後始末が大変だもんね。
 ほら、先生どうしました。
 もっと?
 もっと?
 グリグリグリグリ」

「あっひぃ」
「いい声。
 聞いてるだけで、こっちがイキそうだわ。
 あらま、はしたない。
 お尻振っちゃって。
 あ、そうか。
 クリちゃんも弄ってほしいわけね。
 こんなに尖らせちゃって、悪い子」

 わたしは、もう一方の手の平を、恥丘に宛てがう。
 柔らかな陰毛が、手の平でそよぐ。

「ふふ。
 いたいた。
 悪い子が。
 ここを、こうしてほしいんでしょ?
 こうして」

 わたしは、揃えた指の腹で、陰核を優しく潰す。
 そのまま、恥骨に揉みこんでいく。

「わひぃぃ。
 わひっ。
 わひっ」
「先生。
 はしたないですわよ。
 もう少し可愛い声出さなきゃ、彼氏に嫌われちゃうわ。
 でも、気持ちいいでしょ?
 これがホントの三所攻めだわ。
 そーれ、グリグリグリグリ」
「あがっ。
 あがががが」
「ちょっと。
 もうイッちゃったの?
 ビクンビクンしちゃって。
 目が飛んじゃってる。
 あらあら、涎。
 また、床汚して。
 先生。
 しっかりしてくださいよ。
 ほんと、身勝手なんだから。
 おまんこ、パクパクさせちゃってさ。
 わたしももう、我慢出来ないわ。
 先生、突っこませていただきますわよ」

 わたしの股間からは、ピノキオの鼻みたいな陰茎が起ちあがってる。
 握る。
 ドクドクと打つ心臓の脈動が、手の平に返ってくる。
 膨れあがった亀頭は、顔が映るほどに張り詰め、つやつやと輝いてる。
 押し下げる。
 無毛の恥丘から起ちあがる基部は、まさしく“男根”の名に恥じない太さを誇ってる。
 そしてその基部の下側には、大量の精液を溜めた陰嚢がぶら下がってる。
 それを思うさまぶち撒けられる歓びが、わたしの脊髄を駆けあがる。
 2つの陰嚢のあわいに開くまんこが、だらだらと涎を零した。

「先生……」

 わたしは優しく声を掛け、片手を尻に添える。
 先生の意識は、まだ閾下に沈んだまま。
 押しさげた亀頭で、陰唇をなぞる。
 湯煎した肉片みたいな陰唇が、亀頭を満遍なく濡らす。
 切っ先を膣口に宛てがう。

「先生、いきますわよ。
 それ!
 はうぅっ」

 一気に陰茎を送りこむ。
 十分に湿った肉襞は、何の抵抗も示さなかった。
 長大な陰茎は、一瞬にして根元まで飲みこまれた。
 わたしの下腹が、先生の尻まで届いた。

「あぅぅ。
 気持ちいぃよぉ。
 女の人の中って、こんなに気持ちいいものなのね。
 先生?
 まだイッたままなの?
 しっかりしてよ。
 先生は今、同僚の女に、後ろから突っこまれてるんですのよ。
 ほら!」

 わたしは、鞭を入れるように、先生の尻を叩いた。
 破裂音みたいな小気味いい音が、狭い更衣室に響く。
 もう一発。
 先生の尻に、みるみる手形が浮き上がる。

「それ」

 振り下ろした手を腰骨に掛けると、わたしは思い切り腰を振る。

「それそれそれそれそれそれそれそれそれ」

 わたしの腰と先生の尻が、湿った肉音を立て始める。

 パンパンパンパンパンパンパンパンパン。

 それはまるで、更衣室に響くファンファーレ。
 歓喜の歌。
 先生の顔が、椅子の上で踊り出す。
 頭蓋が、木製の背もたれを叩き始める。
 先生の意識が、ようやく閾下から浮かびあがってきた。
 上瞼に隠れてた瞳が、ダイスの目のように戻る。
 わたしは腰を使いながら、その目を見下ろす。
 泳いでた目が、わたしの視線に絡んだ。
 まだ、事情が把握できてないようだ。

「先生。
 お気づきですか?
 勝手に使わせていただいてますのよ。
 おまんこ」

 先生の視線が、自らの背後に移った。
 その視線には……。
 丸々とした自分の尻と、そこに打ちつけられるわたしの腰が映ってるはず。
 膣内の感覚を合わせれば、何が行われてるかは一目瞭然。

「い、いや!
 岩城先生、止めて!」
「いかがです?
 女に後ろから犯されてる感覚は?
 いいものでしょ?」
「いやぁ。
 止めて……。
 止めてぇ。
 後ろから……。
 後ろから、犯さないでぇぇぇぇぇ」
「あら、前からの方が良かったのかしら?
 でも、もう遅いわ。
 だって……。
 もう、出そうなんですもの。
 先生?
 いいですか?
 中に出していいですか?
 わたしの精液……。
 先生のおまんこの中に、思い切りぶち撒けていいですか?」
「ダメぇぇ。
 お願い、止めて!
 中に……。
 中に、出さないでぇぇ」
「あら、今日は危険日でした?
 でももう、間に合いませんわ。
 我慢出来ないんですもの。
 行きますわよ。
 行きますわよ。
 あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
 イクっ!
 イクっ!」

 わたしの脊髄を、細い螺旋が駆けあがる。
 刹那!
 わたしは、全身で爆ぜた。

「わきゃっ。
 ぅわきゃ」

 陰嚢が、ゴムポンプを潰すように収縮し、大量の精液を送り出す。
 全身を踊らせながら、尻たぶを絞る。
 亀頭から噴き出す灼熱の精液が、子宮口を突き抜くのがわかった。
 種を残す歓びが、脳幹を沸騰させる。


本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「川上ゆう」 「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は毎週日曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事:

放課後の向うがわⅡ-24」への3件のフィードバック

  1. 小野澤

    とても楽しいストーリーですね。これを是非とも映像化して頂きたい。
    宜しくお願い致します。

  2. Mikiko

     コメント、ありがとうございます。
     読んでいただけてることがわかり、ホッとしました。
     妄想の赴くまま、好き勝手に書き散らしてますが……。
     わたしもぜひ、映像化したものを見てみたいです。

  3. sugiuranorio

    川上ゆうと結のコンビでは無理ですが、我が社の経済状態がうわむいたとき検討してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です