放課後の向うがわⅡ-26


 わくわくしながら、その日を待ったわ。
 セピア色だった女子高の日常が、鮮やかな色に輝き出した。
 で、ある週末の放課後。
 川上先生の様子に異変を感じた。
 わたしは、折りたたみの手鏡を机に置いて、ずっと先生を観察してたの。
 だから、小さな変化も見逃さなかった。
 それほど忙しい時期でもないのに、居残ってるし……。
 と言って、仕事をしてるふうでも無い。
 ノートパソコンに向かいながらも、心ここにあらずって感じね。
 何かあるって思ったわ。

 外が暗くなりかけたころ……。
 川上先生がパソを落とし、起ちあがった。
 まばらに残る同僚に、『お先に』の言葉を残して扉を出てった。
 先生の足音が聞こえなくなるまで待ち、わたしも席を立った。
 廊下に出ると、もう先生の姿は見えなかった。
 もし、わたしの思い違いで、先生が真っ直ぐに帰ったんなら……。
 それはそれで仕方ない。
 次の機会を待てばいい。
 わたしは、躊躇なく塔に向かった。
 曲がり角ごとに、そっと覗くんだけど……。
 先生の姿は見えない。
 やっぱり今日は外れかと思いつつ、最後の角から顔を覗かせたら……。
 遠い扉の前に、背中が見えた。
 見間違えようのない、白いブラウス。
 わたしは、慌てて顔を引っこめた。
 振り向かれたらヤバいもんね。
 遠くで扉の閉まる音を確かめ、扉に続く廊下に踏み出した。
 もう、そこには誰の姿も無かった。
 でも、さっきの背中が、扉の向こうに消えたことは間違いない。
 その扉のほかに、行き場は無いんだから。
 わたしは、足音を殺しながら、扉に駆け寄った。
 なんだか、身体がフワフワと軽くて、宙を飛んでるように思えた。
 夢の中にいるみたい。
 扉の前で立ち止まって初めて……。
 自分の心臓が、早鐘みたいに鳴ってるのがわかった。
 2,3度深呼吸して、ノブに手を掛ける。
 開かない。
 やっぱり、向こうからロックしたのね。
 もちろん、これは想定内。
 わたしは、ポケットから合鍵を取り出し、ノブの鍵穴に挿しこんだ。
 指に伝わる手応えを感じながら、鍵を回す。
 くぐもった金属音を響かせて、鍵は180度回った。
 でも、なかなか扉を開く勇気が出ない。
 この扉を入ったら、もう後戻りできない。
 そんな気がしたの。
 だけど、そのまま引き返す気なんて、もちろん無かった。
 気づくと、握ったノブが、わたしの手の温度と同じになってた。
 校舎の外で、カラスが鳴いた。
 わたしには、それが合図だった。
 ドアノブを回し、押し開く。

 考えてみれば……。
 塔に入ったのは、竣工パーティ以来かも。
 建築中は、毎日のように通ってたのにね。
 でも、目の前に開けたホールは、記憶にあるままだった。
 まるで、ここだけ時が止まってたみたい。
 夕暮れの、がらんと静まり返ったホール。
 もちろん、明かりは灯されてない。
 ステンドグラスから差しこむ光が、床に綺麗な模様を描いてる。

 わたしは、もう一度復唱する。
 ここに入ったのは、川上先生を見かけて、不思議に思ったから。
 扉には、鍵がかかってなかった。
 うなずきながら、扉を振り返る。
 でもそれなら……。
 わたしがここをロックしたら、ヘンかな?
 だけど、開けっ放しにしておくのは、どうしても不安だった。
 わたしと同じように、ここに入りこむ人物がいないとも限らない。
 背後から、誰かがつけてくる……。
 その妄想だけは振り切りたかった。
 ラッチを回し、扉をロックする。
 無意識にロックしたんだと、自分に言い聞かせながら。
 でも、ノブを掴み、開かないことを確認すると……。
 逆に、度胸が座った。
 この先、鬼が出るか蛇が出るか……。
 見届けてやりましょう、ってね。

 ホールの空気は、しんと静まり返って、人のいる気配がない。
 それなら、川上先生はどこに消えたのか。
 2階しか考えられなかった。
 わたしは、華奢な階段に向けて歩き出した。
 吹き抜けの高いホールに、ヒール音が木霊する。

 階段から見下ろす景色は、夢で見た記憶のように綺麗だった。
 ステンドグラスを透いた細長い影が、床に幾本も絵画を描いてる。
 わたしは思わず立ち止まり、胸ポケットからカメラを取り出した。
 川上先生を監視するようになってから、カメラは常時持ち歩くようにしてるの。
 どんなネタが撮れるかわからないものね。

 カメラを構えると、細い手すりに両腕を載せて固定する。
 液晶を覗きながら、ホールの全景を収める。
 小さなシャッター音が響いた。
 写真を撮るのは、わたしにとって、おまじないのひとつなのよ。
 緊張してるときとか、不安になったときに撮るの。
 カメラを構えるってのは、そのシーンで第3者になる儀式なわけ。
 当事者の立場じゃなくてね。
 だから、客観的になれるんじゃないかな。
 美里も、大学受験のときとか、やってごらん。
 試験場のまわりとか、受験生の表情。
 シャッター押さなくても、覗くだけでもいいのよ。
 はは。
 また、脱線ね。
 でも、勉強になったでしょ?

 階段を上りきったところで、ホールを背にした。
 正面の理事長室まで、綺麗な遠近法で真っ白い廊下が伸びてる。
 左右に、いくつかの扉。
 川上先生は、そのどれかに入ったに違いない。

 廊下を歩き始めると、思いのほか靴音が響いた。
 パンプス、脱いじゃおうかと思ったけど……。
 そんな姿を見られたら、言い訳のしようが無いし。
 懸命に足音を忍ばせて進んだ。
 扉の前では足を止め、中の気配を伺った。
 でも、何も聞こえない。
 気配もしない。
 理事長室の扉が、真正面に迫ってくる。
 今にもそれが開き……。
 わたしを糾弾する指が突きつけられる。
 そんな妄想がちらつき始めたころ……。
 聞こえた。
 声。
 女の人の声。
 言ってる言葉までは聞き取れなかったけど……。
 日常会話じゃないってことは、はっきりとわかった。
 粘るような甘ったるいトーンが、ところどころ跳ねあがる。
 2種類の声が交差し、重なってる。
 わたしは、声の漏れてる扉に擦り寄った。
 それがこの、理事会室だった。

 この部屋の工事は、途中で放棄されたはず。
 立ち会ったわたしは、その経緯を知ってる。
 その後、工事が再開された話なんて聞かない。
 それならどうして、その部屋から声が聞こえるのか?
 逃げ出したい恐怖に、好奇心が勝った。

 鍵穴を覗いたけど、何も見えない。
 扉に耳を着ける。
 声は、部屋の奥からのようだった。
 耳を着けても聞き取れない。
 ぷつぷつと粒を潰すような響きに、ときどき裏返った高音が伸びあがる。
 我慢できず、ドアノブに手を掛けた。
 鍵が掛かってなかったことに気づいたのは、扉が開いてからだった。
 でも、この事実に、わたしは意を強くした。
 だって、ここに鍵が掛かってないってことは……。
 塔の入口に鍵を掛けただけで、事足りるってこと。
 つまり、塔の中には、この部屋の声の主しかいないってことじゃない?
 それなら、背後から誰かが現れる心配は、もうしなくていい。
 わたしは、扉の隙間を少しずつ広げていった。

 まだ外は暮れ切ってないはずなのに、扉の中は夜のように暗かった。
 窓に打ちつけられた横板のせいだってわかったのは、後になってから。
 そう言えば、おととしだったかの台風のとき……。
 塔の窓を、大急ぎで塞がせたことがあったの。
 外から塞ぐのは無理だから、内側から塞いだわけ。
 割れたガラスが散乱しないように。
 台風のあと、ほかの部屋の板は外されたようだけど……。
 ここだけは、そのままにされたみたいね。
 ま、倉庫代わりに使うんなら……。
 光が入らない方が、収納物が日焼けする心配も無いわけだし。

 扉の隙間から、中を伺う。
 聞こえる声は、少し大きくなったけど……。
 聞き分けるには、まだ遠かった。
 声の主は、扉からは離れた位置にいるようだった。
 目が慣れると、部屋は真っ暗じゃなくて、遠くから微かな光が差してるのがわかった。
 声の主は、きっとその光源付近にいるに違いない。
 扉からわたしが入っても、声の主は気づかないだろう。
 そう思ったけど、なかなか踏み出せない。

 じっと耳を澄ます。
 声は、ときおり重なるようだった。
 明らかに、2種類。
 中にいるのは2人。
 2人とも女性であることは間違いない。
 ひとりはおそらく、忽然と消えた川上先生。
 なら、もう1人は?
 好奇心を抑えきれなくなった。
 思い切って、扉の隙間を擦り抜ける。
 咎められたらどうしようかと思ったけど……。
 使われてないはずの部屋で声が聞こえたから入ってみたって、開き直る覚悟だった。
 もう、後戻りは出来ない。

 ドアは、開けたままにしておくことにした。
 閉めるとき音がしそうだったし……。
 逃げ道を確保しておくためもあった。
 扉に鍵が掛かってなかったんだから、第三者が扉から入ってくる危険も無いだろうし。

 ようやく一人歩きを始めた子供みたいに、恐る恐るドアノブから手を離す。
 声の聞こえる方へ、身体を向ける。
 床材をほんのりと浮かびあがらせる光も、その方向から漏れてるのがわかった。
 部屋の奥だった。
 でも、人影は見えない。
 わたしの視線は、不思議な材質の幕に遮られてた。
 声の主は、その幕の向こうにいる。
 踏み出そうとする脚が、震えてるのに気づいた。
 足音を殺す自信が無かった。
 思い切ってパンプスを脱ぐ。
 逃げる用心のために、パンプスは手に持った。
 もう、言い訳も出来ない格好ね。

 ストッキングを滑らせるようにして床を進む。
 木製の床は、能舞台を思わせた。
 薪の火だけが、舞台を照らす。
 一歩踏み出すごとに、鼓の音が聞こえるようだった。
 でも、数歩進んだところで、能役者の脚がすくんだ。
 幕の向こうから、バイオリンの弦を引くような高音が伸びてきた。
 わたしのすぐ脇をすり抜けてった声は、日常会話では有り得ない音色だった。
 その高音に、粘り気を帯びた声が重なる。
 引き伸ばした飴に、濃厚なシロップが絡むみたい。
 ようやく確信した。
 2つの声は、明らかに睦言だ。
 下腹が痛くなった。
 膝が震える。
 幕が降りたまま、舞台ではとんでもない劇が演じられてるに違いない。

 ようやく幕までたどり着いた。
 不思議な材質に見えた幕が、ブルーシートだってわかったのもこのとき。
 そこまで近づくと、声ははっきりと聞こえた。
 でも、声はもう、意味のある言葉を発してなかった。
 明らかに、佳境に入った声。

 シートの裾からは、光が漏れてる。
 光源に照らされた舞台を、早く見たかった。
 わたしは、ブルーシートを見回し、覗ける場所が無いか探した。
 シートは、中央部で重なってた。
 そこを開けば見えるだろうけど、幕の真ん中から顔を出すわけにはいかない。
 わたしは、下手に回った。
 壁面に、光が漏れてる。
 幕の側面が、壁に沿って揺らいでる。
 そのあたりは光源から遠いようで、漏れる光も弱かった。
 ここから覗けば、中の2人には気付かれないはず。
 でも、高い位置からシートを捲るのは憚られた。
 わたしは、その場にひざまずいた。
 シートの側面に手を掛ける。
 わたしの手が触れると、シートが震えた。
 もちろん、わたしの指が震えてたから。
 僅かにシートを開くと、黄色い光が、スカートに差した。
 その状態で、声に耳を澄ます。
 気取られてないことを確信すると、少しずつシートを捲ってく。
 身を壁に目一杯寄せ、頬を壁に着けながら、隙間に顔を差し入れた。
 光源を、右頬に感じた。
 光に視線を向ける。
 そこには、裸電球の光源と……。
 2つの声の音源があった。


本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「川上ゆう」 「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は毎週日曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です