放課後の向うがわⅡ-27


 縄を纏った女が2人。
 床には、畳が敷いてあった。
 2人は、その畳に座りこんでる。
 2人の間には柱が立ってて、その柱を挟むように向かい合ってる。
 ひとりの顔は、正面から見えた。
 思ったとおり、川上先生だった。
 想像だけしてた裸が、目の前にあった。
 思ってた以上のボリュームに驚いた。
 お腹の肉が括れを作ってる。
 もう1人の身体は、見事なほど引き締まってた。
 ときおりうねる背中に、筋肉が浮きあがる。
 アップにまとめた髪から、解れた髪がうなじに流れてる。
 同僚の教師に、こんな体型の持ち主は思い当たらない。
 と言って、生徒では絶対ない。
 成熟しきった大人の身体だった。
 誰なのか確かめたい。
 わたしは、危険も忘れて身を乗り出した。
 刹那……。
 川上先生が、高い声で鳴きながら、仰け反った。
 それに応えるように、もう1人が顔を傾けた。
 見えた。
 知ってる顔だった。

 考えてみれば……。
 もう1人が塔の主だってことは、ごく当然のことだったのよね。
 川上先生が、塔への鍵を持ってたわけも、これでわかった。
 でも、理事長には命令されることしか無かったせいか……。
 自分と同じ人間だって意識を、持ってなかったのかも。
 だから、裸を想像したこともなかった。
 これまで、天上から見下ろされてた人が、今、わたしの眼の前にいる。
 性欲を剥き出しにした、1人の雌として。
 激しい興奮が、わたしの脊髄を貫いた。
 下腹が捻られる。
 思わず、スカートの股間に拳を押しあてた。

 2人は、何かささやき交わしてた。
 でも、弦を引くような高音に、くぐもった鼻濁音が混じって、よく聞き取れない。
 もどかしかった。
 2人は、畳にひざまずき……。
 柱に取り付けられた何かを、両側から挟むように向き合ってる。
 柱を中心線にした鏡像みたいな格好ね。
 その柱に取り付けられた何かが、よく見えない。
 最近、近視が進んで、コンタクトが合わなくなってるの。
 声を聞きたいし、2人の姿をもっと近くで見たい。
 我慢できなかった。
 身を移せる場所は、さっきから目に入ってた。
 大きな姿見が、立ててあったの。
 そう。
 ここにある、この鏡よ。

 この姿見が、2人の方を向いて置かれてあったの。
 まるで、2人の舞台を見る観客席みたいに。
 あの裏側なら、隠れられる。
 そうは思ったけど……。
 なかなか踏み出せなかった。
 でも、とうとう好奇心が勝った。

 天上から下がる裸電球は、わざとワット数の小さい電球を使ってるとしか思えなかった。
 2人の舞台をほんのりと浮かびあがらせるだけで、壁際までは届いてない。
 わたしは、手に持ったパンプスを、幕の外に置いた。
 暗がりに揃えられたパンプスは……。
 なんだか、身投げする人が残したみたいに見えた。
 でも、そう思ったら、逆に度胸が座った。
 そう。
 この幕を抜けて、わたしは彼岸に渡るんだ。
 別の自分に変わるんだって。

 もう一度、2人の様子を確認する。
 声はすでにうわ言に近く、忘我の境地って感じだった。
 おそらく、お互いの目の中しか見えてないはず。
 わたしは、幕の裾から這い出した。
 そのまま、壁際に沿って移動する。
 2人と鏡を結ぶ線上の位置で止まり、90度方向を変える。
 鏡が作る死角に身を縮め、這い寄っていく。
 おそらく、こちらを注視されたら、身を隠し切れてはいないはず。
 でも、見られる心配は薄いようだった。
 2人は、眼球を鎖で繋がれたように見つめ合ってたから。

 ようやく、鏡の真裏に身を寄せた。
 大振りな鏡は、おそらくわたしの全身を隠してくれてる。
 わたしは、鏡の縁から、そっと顔を覗かせた。
 2人の姿が、間近に見えた。

 柱から突き出てるものの正体が、ようやくわかった。
 それは、わたしの想像を超えた、最低に下品な代物だった。

 張り型だったのよ。
 わかる?
 勃起した陰茎を象った作り物。
 安っぽい肌色の質感が、よけいに淫猥に見えた。
 バイブみたいな棒型じゃなくて、陰嚢を模した平らな基部を持ってる。
 立てておけるのね。
 その基部が柱に密着し、陰茎は水平におっ勃ってる。
 もちろん、柱に括りつけられてるわけ。
 それがまた、白い布でね。
 まるで、褌を絞めたみたい。
 褌の脇から、ちんぽを突き出した変態男。
 その陰茎を、一生懸命2人で舐めてるの。

 理事長は、張り型に舌先を這わせてる。
 陰茎の肌には、誇張された血管が巡ってる。
 浮き出た血管を舌が乗り越えるたび、舌体がビラビラと震える。
 陰唇みたい。
 女の口が性器だってことが、まざまざとわかる。
 川上先生は、舌先で亀頭をなぞってる。
 張り出したカリ首を、愛おしむように。
 わたしはエラの張ったカリが好きなんですって、一生懸命舌が言ってた。


 ここまで近づくと、2人の声もはっきり聞こえた。
 はしたなくて、イヤらしい雌同士の会話。

「理事長先生……。
 頬張りたい。
 お口いっぱいに」
「ダメよ……。
 お預けって言われてるでしょ。
 舐めるだけって」
「欲しいの……。
 ノドの奥まで」
「あぁ……。
 そんなこと言わないで。
 わたしも欲しくなっちゃう。
 このカリで、おまんこの襞を研ぎ下ろされたら……。
 どんなにいいでしょう」

 聞いてるほうが、おかしくなりそうだった。
 わたしは、スカートの上から、拳を股間に押し当てた。
 太腿に力を籠めると、お汁が滲むのがわかった。

「理事長先生、もう我慢出来ない。
 お口に欲しいの」


「ダメダメ。
 叱られるわ」
「ちょっとだけ。
 だって、ほったらかしにするあの方が悪いのよ」
「もうすぐよ。
 もうすぐ戻ってらして、お預けを解いてくださるわ」

 この会話で、わたしは総身に水を浴びたように震えあがった。
 どうして気づかなかったんだろう。
 目の前の2人は、どちらも後ろ手に縛られてる。
 ひとりがもうひとりを縛ることは出来ても……。
 残された1人は、自分自身を縛れない。
 つまり、もう1人いたのよ。
 この2人を縛った誰かが。
 わたしは床に突っ伏し、身を縮めた。
 その誰かに、真後ろから襲われそうな気がした。

 ここから、逃げなければ。
 もう一度、2人の視線を確かめる。
 陰茎を舐めあがった理事長も、舌先を亀頭に這わせてた。
 2人の女は向かい合い、舌先を炎のようにちらつかせてる。

 こっちは見えてない。
 身を翻すタイミングを図る。

「まだなの?
 まだお姉さまはお戻りにならないの?」
「ほんとに遅いわねぇ」

 わたしは、反転しかけた身を止めた。
 お姉さま?
 ということは、第3の人物は女性だ。
 しかも、“あの方”という言葉を使うからには、それもひとり。
 そうであれば、さほど恐れることはないではないか。
 ここにいる2人は、後ろ手に縛られ、戦力にはならない。
 もうひとり現れたとしても、実際には一対一だ。
 逃げる隙はあるはず。
 それに……。
 この2人を縛った“女性”を、どうしても見届けたかった。
 わたしは、反転させかけた身を戻し、再び鏡の後ろにうずくまった。

「ゆうちゃんにちょうだい。
 このおちんちん、ちょうだい。
 ゆうちゃん、お口一杯に頬張りたいの」
「またそんな赤ちゃん言葉使って。
 ずるい子ね。
 その甘ったれ声で、お姉さまに気に入られようとしてるのね」
「そんなことしてません。
 どうしてそんなこと言うの?
 おかしいわ」
「そうなの。
 あの方が現れてから……。
 頭の中が、大混乱。
 ゆうちゃんが、ハーネスを付けたあの方に犯されてるとこ見ると……。
 悲しくて切なくて、涙がボロボロ出るのに……。
 下のお口からも、お汁がどんどん溢れてくる。
 わかる?
 この気持」
「すごくわかる」
「うそうそ」
「わかるもん」
「じゃ、今日は、わたしがお姉さまに犯されてもいい?」
「いや。
 理事長先生のそんな姿、見たくない」
「“理事長先生”は、やめて。
 そんな偉そうな肩書きで崇められる日常が、ほんとは好きじゃなかった。
 あの方が現れてから、それがはっきりわかったの」

「あの方に命令されると、嬉しくて仕方ないの。
 ご褒美に、足の指をしゃぶらせていただくのが、至福のとき」
「理事長先生……」
「だから、それはやめて。
 名前で呼んで。
 結(ゆい)って」
「ゆい?」
「そうよ。
 ゆうとゆい。
 まるで、双子の姉妹みたい」
「双子?」
「そう。
 2人は、羊水の中にいるときから、裸で寄り添ってたの」
「そして今も?」
「そうよ。
 だから今も、2人とも裸」
「でも、ゆうは、威厳のある理事長先生が好きなのに」
「2人だけのときは、これからもそうしてあげる。
 でも、あの方の前では、双子の姉妹にさせて」
「ゆいとゆう?」
「そう。
 ゆうとゆい」
「わかった」
「じゃ、いいでしょ?
 今日は、わたしが犯される番。
 ゆうに見つめられながら……。
 欲しいままに犯されたいの。
 あぁ。
 まだかしら。
 もう、我慢出来ないわ」
「どうする気?」
「このディルドゥを、あの方がハーネスに装着するまで待てないの。
 今、欲しいの」

 理事長は、その場に起ちあがった。
 後ろ手に縛られた身体が、よろめいた。
 脚が痺れたというより……。
 ささやき交わした睦言のせいで、腰が抜けそうなほど興奮してるのがわかった。
 股間から垂れ零した液体で、ナメクジが這ったような筋が、太腿を伝っていた。

「見て。
 ゆいが後ろから犯されるとこ」

 理事長は、腰をかがめながら顔をひねり、川上先生を見上げた。

「ダメよ。
 叱られるわ」
「叱られてもいいの。
 いいえ。
 叱られたいの。
 罰されたいの」


本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「川上ゆう」 「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は毎週日曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です