放課後の向うがわⅡ-29


「こんなとこに忘れてったのね。
 危ない危ない。
 まさか、変なことには使って無かったでしょうね」

 その人は、棒を電球に翳した。
 光を浴びて、棒は光沢を見せた。
 竹だった。
 粉を吹いた地肌が光を返し、まるで自ら光を発してるように見えた。
 なぜだか、かぐや姫の物語が頭に浮かんだ。

 その人は、理事長の傍らに身を沈めた。
 さっきから、顔を確かめようとしてるんだけど……。
 出来なかった。
 なぜなら、その人は帽子を目深に被り、つばの作る影が、顔の上半分を隠してたから。

「ほら。
 おネンネの時間は終わりよ」

 その人は、理事長の身体を引き起こした。
 癇癪持ちの子が、人形を扱うような邪険な仕草だった。
 上体を起こされた理事長は、視線を四囲に彷徨わせてる。
 その人は、魔法めいた手際で、理事長の縄を解いた。
 しかし、理事長に自由は与えられなかった。
 理事長の両腕は、再び後頭部で束ねられ、縄打たれた。
 その縄に、竹が通される。
 理事長の頭の後ろを、竹が渡った。
 わたしには、理事長の首を突き抜けたように見えた。
 理事長の瞳が、焦点を結んだ。

「……、お姉さま」
「やっと目が覚めた?
 わたしに無断で、気持ちいいことしてたわね」
「ごめんなさい」
「気までやって。
 ほら、ゆうはまだ、大股拡げて寝てるわ。
 あの子も、筋金入りの変態。
 あんな綺麗な顔に生まれながら、不憫なものよね。
 さてと。
 まずは、あなたのお仕置き。
 どうしようかしら。
 どうされたい?」
「……。
 突いて。
 突いてください。
 あのディルドゥで」
「は?
 馬鹿じゃないの。
 それじゃ、お仕置きにならないでしょ。
 ふざけたこと言ってないで、ほら!」

 その人は起ちあがりながら、理事長の身体を引きあげた。
 理事長は自ら応えて身を起こすと、膝を突いた姿勢で背中を見せた。
 張り出したお尻から、腰への括れが見事だった。
 後頭部で束ねられた両腕には、竹が通っている。
 まるで、竹に射抜かれたビーナスだった。

 その人は、理事長を見下ろすように立ってる。
 高いピンヒールから伸びる脚は、網タイツのガーターストッキングに包まれてた。
 ストッキングが、ガーターだってわかると云うことは……。
 つまり、スカートは穿いてなかったの。
 股間は、かろうじて布地に覆われてたけど。
 その黒いパンティには、真紅の花があしらわれてた。

「これが、ほしいの?」

 その人は……。
 やっぱ、この呼び方って言いづらいな。
 ここからは、女王さまにするね。
 女王さまは、柱のディルドゥを指さした。
 さっき、理事長と川上先生が、舐めてたやつね。


「ください」
「さっきまで、つまみ食いしてたくせに」
「お姉さまに突いてほしい」
「そうかしら。
 ひとりで遊ぶの、大好きなくせに。
 わたしが、お預けを言いつけて置いても……。
 言うこと聞かないじゃない。
 ベッドに仰向けになったまま、腰振り出してさ。
 ガードパイプに燭台で据えたディルドゥを上目で睨めながら……。
 お尻をシーツに擦り始める。


「だって、お姉さまが、あんまり焦らすんですもの」
「甘え声出すんじゃないの。
 焦らさなきゃ、お預けの意味がないでしょ。
 ぜんぜん聞きゃしないんだから。
 勝手に起きあがって、ディルドゥ舐め始める。
 しかも、尻の穴をねぶりながら。


「だって……」
「また、だって?」
「前を弄ること、禁じられてるんですもの」
「“前”なんて曖昧な言い方、止めてちょうだい。
 ちゃんと言いなさい。
 どこをどうすることを禁じてあるの?」

「……。
 おまんこ」
「はっきり!
 おまんこをどうするの?」
「おまんこを、自分で弄ることです」
「そっちのいいつけだけは守ってるって言いたいわけ?
 それでお尻の穴弄ってたら、世話ないわ。
 あげくの果てに、ディルドゥ様を燭台から持ち出してさ。
 床に据え付けて……。
 舐め回すわ、頬ずりするわ。

 浅ましいったらありゃしない。
 わたしに見咎められなければ……。
 あのまま突っこんでたでしょ?」
「そんなこと、しません」
「ウソおっしゃい。
 ディルドゥが溶け出しそうなほど、頬張ってたくせに。
 そういう人は、罰を受けなきゃならないのよ」
「犯して……。
 めちゃめちゃに」
「だから……。
 それはあなたにとって、罰じゃないでしょ。
 考えてみれば……。
 SとMってのは、奉仕する側とされる側なのよね。
 もちろん、奉仕してるのはSの方。
 Mの欲望を満たすため、Sは一生懸命サービスしてるわけ。
 でもね。
 わたしは、そんなのイヤよ。
 わたしが聞きたいのは、ほんとの悲鳴。
 そのために……。
 今日は、おみやげを持ってきたわ」

 女王さまは、薄い上着を羽織ってた。
 胸前ははだけ、ブラが覗いてる。
 黒いカップの上に、パンティとお揃いの花が咲いてる。
 女王さまは、上着の裏から、マジシャンみたいに、あるものを取り出した。
 カップに咲く花よりも赤い、棒のようなもの。
 遠目からでは、よくわからない。

「ほら。
 おっきいでしょ。
 これも突っこみたい?
 でも、残念ながら……。
 あなたの下のお口を満足させるために、持ってきたんじゃないの。
 何に使うか、わかるでしょ。
 SMショーの定番だものね。
 ロウソクショーって云うのよ。
 どう、この色。
 毒々しいまでの赤。
 無残絵の血の色みたい。
 でも、とても懐かしい色。
 子供のころ見た夢に灯ってた色よ」

 女王さまは、赤いロウソクを、理事長の顔前に翳した。
 お寺の本堂にあるような、大きなロウソク。

「この赤い蝋が溶けて……。
 白い肌に落ちると、それはそれは綺麗なの。
 だから、SMショーでは、赤いロウソクが使われるのね。
 でも、ほんとに熱いのよ」

 ロウソクを突きつけられた理事長は、床を後退った。

「ゆ、許して」

 目が本気で怯えてた。
 無理もないわ。
 あんな太いロウソクを目の前にしたら……。
 誰だって、恐怖の方が先に立つ。

「ダーメ。
 どうやら、縛り直した方がよさそうね。
 ほら、おとなしくしなさい」

 女王さまは、理事長の腕から竹の棒を抜き取った。
 床に放られた竹が、楽器めいた音を立てる。
 その竹がまだ静まらないうちに、理事長の縄は解かれた。
 でも、自由を得たのはほんの一瞬。
 女王さまは、理事長の両腕を背中で束ねた。
 再び縄が打たれる。
 もちろん、本気で抵抗すれば逃げられたはず。
 でも、理事長はそうしなかった。
 顔は半泣きに歪んでたけど。
 恐怖と、嫌われたくないという思いが、せめぎ合ってるように見えた。
 その間にも、縄は重ねられていく。
 瞬く間に、理事長の上体は、縄で区画された。
 乳房の膨らみが縄で潰され、乳首が上を向いてた。

「はい、出来上がり。
 綺麗になったわよ。
 どんな衣装より、あなたには飴色の縄が似合うわ。
 そして、それに合わせるのは……。
 このロウソクの赤」

 女王さまの上着から、小さな金色が生まれた。
 指先が金色の肌を弾くと、軽やかな金属音とともに、金色は2つに割れた。
 ライターだった。
 微かな擦過音が立ち、炎が生まれた。
 2本束ねたロウソクを傾け、ライターに近づける。
 口づけをするみたいに、炎が移った。
 赤いロウソクに、柑子色の火が灯った。

「ほら。
 綺麗でしょ」

 女王さまは、理事長の前に、2本のロウソクを翳した。
 理事長の瞳が、怯えたように逃げる。

「まず、どこからいこうかしら?
 そうね。
 やっぱり、ツンとお澄ましした、そのおっぱいかしら。
 どうなの?」
「許して……」
「ダメよ。
 そんなこと言いながら……。
 乳首、起ててるくせに」
「言わないで……」
「言いなさい。
 蝋のお情けが欲しくて、乳首起ててますって」
「お姉さまに見られてるから」
「可愛いこと言ってもダメよ。
 見られて起てるなんて、変態だわ」
「あぁ」
「ほら。
 言葉で嬲られるだけで、そんな顔して。
 立派な変態。
 ちょっとだけ弄ってあげましょうか」

 女王さまは、理事長の背後に回った。
 束ねた指先が理事長の体側を回りこみ、乳首を摘んだ。

「ひ」
「まだ何もしてないでしょ。
 もう鼻の穴膨らませて。
 言ってごらん。
 ゆいは変態ですって」
「……」
「言えないの?
 止めちゃおうかな」
「変態です」
「主語が無い!」
「ゆいは……。
 ゆいは変態です!
 だから……。
 だから、弄ってぇぇ」

 指先が、獲物を捕らえたイカの脚みたいに蠢き出した。

「わひぃ」
「気持ちいいの?」

 理事長は、がっくがっくと頷いた。
 頷きながら、お尻を床にスライドさせ始めた。


本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「川上ゆう」 「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は毎週日曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です