放課後の向うがわⅡ-30


「呆れた人。
 自分から、お尻振るなんて」
「弄って。
 下も弄って」
「下?
 何のことかしら?」
「……おまんこ」
「はしたない人ね。
 生徒の前でも、そんなこと言える?
 あらあら。
 スゴいことになってる。
 毛が無いから、どうなってるか一目瞭然ね。
 アワビが、お潮噴いてる。
 床まで濡らして」
「はがが」
「ちょっと。
 あなたひょっとして……。
 あそこに力入れるだけで、イケちゃうんじゃないの?
 便利な人ね。
 手を使わなくていいんだから、どこでもやり放題じゃないの。
 電車の中とか。
 やってるでしょ?」
「イ、イ……」
「おっと。
 イカれてたまるもんですか」

 イカの脚が、獲物を放した。

「あぁぁ。
 止めないで」
「さっき言ったでしょ。
 わたしは、ご奉仕するSじゃないって。
 いい目を見た後は……。
 痛い思いをしてもらうわよ。
 ギャップを味わいなさい」

 女王さまは、聖火みたいに掲げてたロウソクを、理事長の肩越しに傾けた。
 赤い蝋が、重たい雨のように、理事長の乳房に降り注ぐ。
 思いがけないほどの量だった。
 ロウソクの芯の部分が凹んでるから、そこに大量の蝋が溜まってたのね。
 理事長の乳房は、一瞬にして、絵の具をぶちまけたみたいな真紅に染まった。

「ぎぇぇぇ。
 熱いぃぃ」
「生きてる証拠よ」
「ひぎぃぃ」
「いい声。
 わたしが聞きたいのは、これよ。
 甘え声なんかじゃなく、悲鳴。
 ほら、もっと鳴いて」

 女王さまは、さらにロウソクを近づけた。
 理事長の肌には、疫病みたいに蝋の染みが広がった。
 乾いて薄皮の張った蝋に、ドロドロの真紅の蝋が溶け流れる。
 乳房を包みながら流れ下る蝋は、山肌を伝う溶岩流のように見えた。
 赤い染みは、脇腹まで拡がってた。

「ひぃぃ。
 熱い熱い熱い。
 熱いぃぃぃぃぃぃぃ」
「もっと鳴け。
 もっと!」

 悲鳴を迸らせる理事長を愛しむみたいに、女王さまは顔を近づけた。
 キスをするのかと思ったら、長い舌が零れた。
 理事長の耳を舐め回す。

「ふふ。
 いい香り。
 一気に汗が噴き出して、雌が香りだした。
 蝋の衣装を纏うと、女は雌に変わるのね」
「許してぇ」
「そんなこと言いながら……。
 こっちからは、別の汗を出してるんじゃないの?」

 女王さまの片手が、理事長の肩越しに前に回った。
 指先が、股間に届く。


「ほうら。
 山肌を伝うのは、真っ赤な溶岩流。
 そして、その麓には、熱泥が噴き出してる。
 どろどろじゃないの」
「い、言わないで」
「言ってほしいくせに。
 ほら、ほら。
 こんなに濡らして」
「あぅぅ」
「どう?
 いいでしょ。
 こうやって苛められながら、クリを嬲られるのって。
 ここに観客がいれば、もっと燃えるのにね。
 ゆうは目を覚まさないし。
 ほら、もっと股開いて」
「あぁぁ、あぁぁ」
「イキそう?」

 理事長は、歯を食いしばりながら、がっくがっくと頷いた。
 爪先では、10本の指が、花びらのように開いてた。

「イカせてあげなーい」

 女王さまの指が、股間を離れた。

「あぁっ。
 いやぁ」

 理事長が、怨嗟の声をあげる。

「気持よくイカれたんじゃ、お仕置きにならないって言ってるでしょ。
 今日のメインディッシュは、痛みなのよ。
 痛みのフルコースを、とことん味わってもらうわ。
 ひょっとしたら……。
 そこを突き抜けた先に、新たな快感が待ってるかも?
 さぁ、新しい地平を目指して、出発よ」

 女王さまの持つロウソクが、宙を移動した。
 再び傾けられる。
 理事長の真っ白いお尻に、鑞涙がぼたぼたと落ち始める。

「ぎぃえぇぇぇぇ」
「真っ白い肌に落ちる蝋って……。
 どうしてこんなに綺麗なのかしら。
 ほうら」
「熱い熱い熱い。
 無理!
 もう無理!」
「ウソおっしゃい。
 まだまだ地平は見えないわよ。
 ほら、もっと高みに登りなさい」
「あぎぃぃぃ」
「ぜんぜん余裕ね。
 ほんとに耐えられなくなった人はね……。
 大便を漏らすのよ。
 尻たぶを汚しながら、茶色い溶岩が流れ出す。
 地平が見える瞬間だわ。
 あなたはまだ、おしっこも漏らしてないじゃない。
 ほら、もっと鳴け」
「助けてぇぇぇぇ」

 理事長は、熱から逃れようと身を捻った。
 身体が反転し、下を向いた。
 豊かな相臀のあわいに、性器が覗いて見えた。

「馬鹿な人。
 身体を動かしたら、まっさらなところに蝋が落ちて、よけい熱いでしょうに。
 それとも……。
 お尻が好きなのかしら?
 お尻で受けたいわけ?
 真っ赤な精液を」
「ほんとに許して!
 ほんとに……」
「うんこ漏らしたら、許してあげる」
「いや」
「それじゃ、もっと味わいなさい。
 ほら」
「あぎゃぁぁぁぁ」

 理事長は、ロウソクをもぎ取ろうとでもしたのか、背中に束ねられた指を真上に伸ばした。
 10本の指が、白い炎のように燃え立った。

「おっと」

 女王さまは、ロウソクを吊り上げた。
 もう、白い指は届かない。
 理事長は、落ちる蝋を遮ろうとするみたいに、手の平を一杯に広げた。
 それをあざ笑うかのように、蝋は指の股を抜け、ぼたぼたとお尻に落ちた。


「あぁっ。
 あぁっ」

 理事長は、連獅子みたいに髪を振り立て、全身をうねらせた。

「いいパフォーマンスよ。
 このまま舞台に立てるわ。
 今度、会員制のクラブでやってみない?
 そうね。
 見せるだけじゃつまらないわね。
 会員さんにも参加してもらいましょう。
 もちろん、あなたには指一本触らせないから安心して。
 そのかわり……。
 精液をかけてもらうの。
 この格好で。
 真っ赤に溶け流れる蝋の上に、練乳みたいな精液が振りかかる。
 綺麗でしょうね。
 蝋の燃える臭いを突いて、栗の花が香り立つ。
 嗅いでるだけでイケそうね。
 あー、気分出てきた」

 縄目を掴んでた女王の片手が外れた。
 指先は、迷いなく自らの股間に移った。
 切れあがったショーツの上から、宥めるように股間をさすってる。

「ふぅ」

 贅肉の無い女王さまの腹筋が、ぴくぴくと震える。
 お臍のピアスが、ロウソクの炎を返して光った。
 女王さまの指先が、ショーツのサイドを割って滑りこむ。

「あふ。
 もう、どろどろ。
 指先に、蛭みたいに絡みつく。
 あぁっ」

 女王さまの太腿に、腱が走った。
 片手に束ねたロウソクが傾き、蝋が大量に零れた。

「ぎぇ」

 奇声とともに、理事長が這い始めた。
 縄目を掴んでた女王さまの手が外れたから、事実上、自由の身だったのよね。

「おっと」

 女王さまの手が、自らの股間を離れ……。
 逃げようとする理事長の肩を抱えた。

「誰が逃げていいって言ったの」

 そんなに強く押えられてるわけじゃないのに、理事長の四肢が静まった。
 まるで、主人に伏せを命じられた犬のようだった。

「じっとしてなさい。
 お尻に、綺麗な模様を入れてあげるから。
 立体的なタトゥよ」

 女王さまは、ロウソクを束ねた手の平を上向けた。
 巨大な2本の絵筆を、ゆっくりと下ろしていく。

「熱いぃ」

 理事長のお尻が跳ねあがった。

「ほら、もっとお尻振りなさい。
 そうそう。
 スゴいスゴい。
 まるで、後ろから突っこまれてるみたいよ。
 こんなに動かれたら、男はあっという間に射精だわね」
「痛い痛い痛い痛い痛い」

 理事長の張り出した相臀に、疫病のように蝋が広がっていく。

「あぁっあぁっあぁっ」
「そのまま、うんこ漏らしたら許してあげる」

 理事長は、額を擦りつけながら、顔を横振った。
 髪の毛が、モップを真似て床を掃く。

「強情な人ね。
 そんなにしたくないんなら……。
 蝋で肛門を塞いであげようか」


本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「川上ゆう」 「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は毎週日曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です