放課後の向うがわⅡ-33


「でもね……。
 あんな場面は、大ウソなのよ。
 ま、ウソというか、ドラマ共通の方便ね。
 『クロロフォルムを染みこませたハンカチで口を覆われると、人は気絶する』ってのは……。
 フィクションの世界だけの約束事。
 実際には、クロロフォルムにそんな作用はないの。
 せいぜい、咳が出たり吐き気がする程度。
 もちろん、大量に吸引すれば気絶するけど……。
 その場合、もう目覚めないわよ。
 腎不全で死んじゃうから。
 ということで、わたしが川上先生に使ったのは、ごくポピュラーな溶剤だけど……。
 青少年にこういう知識を与えちゃマズいから、あなたには内緒ね。
 どう?
 川上先生、バカになってない?
 はは。
 その状態じゃ、わからないか。
 起こしてあげて。
 せっかく、これからいい場面が始まるんだから。
 ダメダメ。
 揺さぶったくらいじゃ起きないわよ。
 ほっぺた、張り飛ばすのよ。
 出来ないの?
 使えない助手ね。
 じゃ、わたしがお手本みせようか」

 先生は、理事長の足元から起ちあがると、わたしの傍らに身を移した。

「これ、持ってて」

 赤いバイブを手渡された。
 こわごわ持ったら落としそうになり、思わず抱きかかえた。

「いい。
 よーく見てなさいよ。
 眠れる美女は……。
 こうやって起こすの」

 先生はわたしに背を見せ、川上先生に正対した。

「両脚を踏ん張る。
 この姿勢よ。
 どう?」

 先生は、両脚をパンタグラフみたいに開いた。
 いわゆる、がに股ってやつ。
 わざとしてるとしか思えなかった。
 わたしに見せつけるために。
 そう。
 だって、先生の下半身は剥き出しなんだもの。
 オーバーブラウスの途切れたウェストの下は、一糸まとわぬ素っ裸。
 肉色のパンタグラフは、この上なく卑猥に見えた。

 先生は、そのまま右手を振りかぶり、宙を薙ぎ払った。
 肉を打つ音と共に、川上先生の顔が真横を向いた。

「先生。
 お目覚めの時間ですわよ」
「ぐ……」
「寝起きが悪い子ね。
 もう一発、モーニングコールお見舞いしましょうか?」

 川上先生の首が、ようやく自力で起ちあがった。

「岩城先生。
 下ろして……。
 お願い」
「ダメー」
「下ろして。
 下ろして!
 下ろしてぇぇぇぇぇ」

 川上先生は、全身をよじりながら絶叫した。


「気が済みました?
 あんまり喚くと、綺麗な声が掠れちゃいますよ。
 さてと。
 やっと観客が起きてくださったから……。
 さっきの続きね」

 あけみ先生は、川上先生に背を向け、わたしに正対した。
 わたしの前に、手の平が差し出される。
 一瞬、何のことかわからなかったけど……。
 ようやく気づいて、抱えてた荷物を手渡した。
 そう。
 真っ赤なバイブ。

「これ、気に入った?
 抱きしめちゃって。
 暖かくなってる。
 こいつにバージン捧げてみる?
 ほほ。
 冗談よ。
 それじゃ、お待ちかねの人の方に、突っこんで差しあげましょうね」

 先生は、わたしの前から身を翻した。
 バイブと電池ボックスを片手ずつに持ち、猫をからかうみたいに背を丸め、理事長の足元に戻った。

「お待たせ!
 理事長、見えるでしょ?
 川上先生が、起きてくださいましたよ」

 あけみ先生は身を開き、理事長の視界を通した。

「ゆうちゃん……」
「そう。
 可愛いゆうちゃんね。
 川上先生も、何かひとことどうぞ」
「理事長先生!
 助けて」
「バカじゃないの?
 こんな格好で、何が出来るっていうの。
 出来ることはね……。
 無様にヨガってるとこを、あなたに見せることくらいよ。
 それじゃ……。
 レーッツ、ショータイム」

 バイブの駆動音が立ちあがった。
 あけみ先生は、真っ赤なバイブを顔の前に翳した。

「やっぱり、長年使ってたから……。
 見ただけで興奮するわ。
 刷りこみってやつかしら。
 ちょっと、摘み食いしちゃお」

 先生の舌が零れ、駆動するバイブを舐め始めた。
 視線は、理事長を見据えたままだった。
 理事長の顔は、恐怖と嫌悪を隠し切れないようだった。
 あけみ先生は、頬肉を上げて笑うと、バイブを咥えた。
 両目を寄せ、困ったような顔をしながら挿出する。
 髪の毛が宙を跳ね踊った。
 顔の輪郭がブレるほどに高まった速度が、しだいに緩やかになり……。
 ようやく先生は、バイブを吐き出した。
 湯気の立つバイブを、ソフトクリームみたいに掲げ、下から見入ってる。

「あー、美味しい。
 羨ましいわ。
 こんな美味しいもの、下のお口で堪能できるんですもの」

 あけみ先生は、掲げたバイブを揺らしながら、理事長に、にじり寄った。

「ひぃぃ。
 助けて」

 理事長は背中をうねらせ、懸命に畳を後退ろうとした。
 腹筋が地形図のように浮き上がり、後頭部が畳の縁から落ちた。

「まぁ。
 器用なことなさるのね。
 でも、こういうの……。
 “無駄な抵抗”って云いますのよ」

 あけみ先生は、理事長の両腿の縄に手を掛けると、自らの体重を後ろに預けた。
 理事長の努力も虚しく、その身体は、畳の中央に引き戻された。

「美里。
 なに突っ立ってるの。
 もっとこっち来なさい。
 見るの初めてじゃない?
 女性器が、男性器を咥えこむとこ。
 しっかり見てるのよ」

 あけみ先生は、トーチを傾げるようにバイブを倒していった。
 聖火台は、理事長の股間だった。

「あひぃ」

 理事長の背中が、持ちあがった。

「あら、敏感。
 触っただけなのに。
 ひょっとして、クリ……。
 もう、勃起してます?」

 あけみ先生は、手元を覗きこみながら、位置を調節してるようだった。

「あぅぅ」
「お、反応が良くなった。
 やっぱりここね。
 クリに直より……。
 ちょっと離して、振動を伝えた方がいいでしょ」
「やめて……。
 しないで」
「どうして?」
「はぅ」
「感じちゃうから?」

 理事長は、頭を幾度も横振った。
 あけみ先生の言葉を否定するというより……。
 内奥から湧きあがる感覚から逃れようとする仕草に見えた。

「ほーら、滲んできた。
 これなら、ローションなんて要らないわ。
 スゴいスゴい。
 アワビが潮吹いてる。
 美里、見てごらん。
 陰唇が捲れて……。
 雛鳥みたいにさえずってる。
 早くちょうだいって」

 理事長の陰唇は、バイブの振動に共鳴して、ゼリーのように細かく震えてた。

「それじゃ、お望みどおり、入れてあげましょうね。
 ほら、もっと股開いて」

 あけみ先生は、片手で理事長の膝を押さえつけた。
 もう一方の手が、持ちあげたバイブを掴み直す。
 短刀を構えるようだった。
 赤い切っ先が、理事長の正中線を灼きながら、再び仰角を下げていく。
 あけみ先生の二の腕に、腱の筋が走った。

「あぎぃ」

 赤い亀頭が、焼き鏝のように押しあてられた。

「はは。
 ごめんなさい。
 クリ、直撃しちゃったわね。
 もちろん、わざとですけど。
 痛かった?
 それじゃ、あんまり焦らしたら可哀想ですので……。
 入れてあげましょうね」

 思わず先生の手元に見入ったとき、後ろで柱の軋む音がした。

「止めてえ!」

 川上先生だった。
 マリオネットみたいに宙で藻掻きながら、懸命に首をもたげてる。
 自らの無様な姿を顧みない、必死な仕草に見えた。

「理事長、観客から掛け声がかかりましたよ。
 ヨガリ甲斐、ありますね。
 それじゃ、いきますよ。
 それっ」

 あけみ先生の腕が、短刀を突き出すように動いた。

「わひぃ」

 理事長の顎が仰け反った。


 バイブが、理事長の股間に埋もれてる。
 わたしは、思わず下腹を押さえてた。

「どうしたの、美里?
 気分出てきた?」

 わたしは、首を横振った。
 その仕草に嘘は無かった。
 あんな棒みたいに太いものが体内に入ってることを思うと、自分の身が突き刺されてるようだった。

「理事長の方は、もうお楽しみよ」


本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「川上ゆう」 「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は毎週日曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事:

放課後の向うがわⅡ-33」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です