放課後の向うがわⅡ-35


 あけみ先生は、手の平を上向けた。
 手の平は宙を滑るように伸び、川上先生の股間に吸いついた。

「どうされたい?」
「やめて……」
「ウソおっしゃい。
 こうされたいくせに」

 あけみ先生の手の平が、股縄を押しあげる。

「やっぱり湿ってる」
「うぅ」
「この手を動かしたら……。
 あなたは、生徒の目の前で浅ましい姿を晒すことになる。
 それは、自分が一番わかってるわよね」
「お願いだから……。
 やめて」
「じゃ、言いなさい。
 あの日。
 そう。
 先生が、この塔への扉をくぐった放課後。
 ここに、もう一人いた女性は誰なの?」
「し、知らないのよ」
「そんなわけないでしょ!」
「ほんとです。
 ほんとなの」
「あなた方は、知らない女の前で裸になるの?
 知らない女に縛られて、ヒーヒー言うの?
 そんなことが信じられるもんですか!
 ほら、言いなさい。
 動かしてあげるから」

 あけみ先生の手の平が、小刻みに動き始めた。

「あひぃ。
 やめてぇ」
「ほら、音まで立て始めた。
 早く言わないと……。
 白目剥いてイクところ、生徒に見られちゃうわよ。
 ほらほらほら」
「あか、か、か」

 あけみ先生の二の腕に、腱の筋が走った。
 手の平が反るほど、股縄が押しあげられてる。
 そしてその縄は、間違いなくクリを揉み潰してる。
 わたしは内腿を絞った。
 見てる方が切なくなりそうだった。

「言いなさいってば。
 言わないの?
 じゃ、やめちゃう」

 あけみ先生の手の平が、股間を外れた。

「あぁっ」

 川上先生の声は、手の平を失った嘆きのように聞こえた。

「どうしたの?
 眉根に皺なんか寄せちゃって。
 もっとしてほしいんでしょ?」

 川上先生はかぶりを振った。
 懸命に、何かを振り払おうとしてるように見えた。

「案外しぶといわね。
 そうだ、美里。
 カメラ。
 持ってきて、早く」

 わたしが入口脇の机から、カメラを持ち帰ると……。
 あけみ先生は、再び股縄を擦り始めてた。

「あぁぁ。
 止めて、止めてぇ」
「美里。
 カメラ、構えて」
「撮らないで!」
「なら言いなさい。
 あの日の女性は、誰なの?」
「ほんとに知らないの。
 ほんとよぉ。
 突然現れたの。
 鍵で閉ざされた塔の中に、突然」
「なるほど。
 ひょっとして、あなたと理事長がなさってるとき……。
 現れたのね。
 ふふ。
 顔見ればわかるわよ。
 そうか。
 最も無防備な状況で、不可解な力を見せられれば……。
 一瞬で、精神的に支配されたっておかしくない。
 もちろん、その人の持ってるカリスマ的な力が大きかったんだろうけど。
 そんなことが出来るのは、わたしが知ってる限り、ひとりだけだわ。
 その人は、何て名乗ったの?」

 川上先生は、かぶりを振った。

「ヒーヒー言ってて、聞き漏らしたんじゃないの?
 思い出しなさいよ。
 ほら」
「あひぃ。
 弄らないでぇ」
「ともみ!
 ともみって言ったんじゃないの!」
「あひあひあひ」
「あなたまさか、生徒の前でイクつもり?」
「ゆ、許して」
「誰がイカせるもんですか」

 あけみ先生が、手の平を外した。

「あぁ」

 川上先生が、四肢を跳ね上げる。
 全身で、イヤイヤをしてるように見えた。

「美里、この眼見てごらん。
 さっきと違うでしょ。
 トロンとしてきた。
 この人、トランス状態になりやすいタイプね。
 こういう人は、たやすく、他人にコントロールされるものよ。
 ともみさんに心を掴まれたら、ひとたまりもないわ」




 あけみ先生は、股縄から外した手の平を、わたしに開いて見せた。
 指は、電球の明かりを映してた。
 明らかに濡れてたってこと。
 わたしの顔を見て、にやりと笑うと……。
 先生の手の平は、踊りの仕草みたいに舞いながら、川上先生の元に帰った。
 でも、戻ったのは、股間じゃなかった。
 乳房。
 優雅に伸びてた指先が、その位置で猛禽の爪に変貌した。
 爪が、乳首を挟みこむ。

「大した女ね。
 こんな状況で気持よくなれるんだから。
 そういうのをね……。
 変態って云うのよ。
 変態さんは、気持ちいいのも好きなんでしょうけど……。
 ひょっとして、痛いのはもっとお好きかしら?
 こんなふうに!」

 乳首を摘んだまま、手の甲が反転した。

「い、痛いぃぃ」
「お目覚め?
 まだ、大事な話が済んでませんのよ」

 捻りあげられた乳輪には、渦巻きみたいな皺が走ってた。

「それじゃ、質問を続けます。
 うかつな先生は、あの人の名前も聞かなかったって言うわけよね。
 それじゃ……。
 なぜ、あなた方の元に現れたのか、そのくらい聞いたでしょ?」

 川上先生は、歪めた顔を横振った。

「言いなさい」

 あけみ先生が、さらに手を持ち上げた。
 乳房が、生クリームの絞り袋のように変形した。
 乳首は、千切れそうなほど伸びてる。

「ひぃぃぃ。
 止めて止めて止めて。
 ほんとに知らないの。
 ほんとです!」
「ウソおっしゃい。
 言いなさいよ。
 ともみさんが、あなた方の元に現れた訳を。
 どうして?
 どうして、わたしのところじゃないの?
 どうして、あなたたちなの?
 言いなさいって!」
「わひぃぃぃ。
 乳首が乳首が、千切れるぅぅぅ」
「乳首くらい、何でもないでしょ!
 心が千切れるよりは!」
「あぶぶぶぶ」

 川上先生は、瞳を迫り上がらせ、口の端から泡を噴き始めた。

「ゆうちゃん!
 ゆうちゃん、大丈夫!」

 理事長の声だった。
 芋虫みたいに縛られたまま、懸命に顔を持ちあげてる。

「あら。
 あちらの方は、すっかり素に戻ってるようね。
 そうか。
 バイブ、止めてきちゃったもんね」
「岩城先生、お願いです。
 川上先生を下ろしてあげて。
 ほんとなのよ。
 ほんとにわたしたち、何も知らないの。
 あの人がどこの誰かも知らない。
 あの人は突然現れて、わたしたちに君臨した。
 名前も名乗らず、理由も告げず……。
 一瞬にして、わたしたちの女王になったの」
「そんなたわごと、誰が信じられるものですか。
 素面になると、ますます嘘つきになるようね。
 泡を噴きながらじゃないと、ほんとのことが言えないのかしら?
 美里、スイッチ入れてきて。
 バイブのスイッチよ。
 早く!」

 有無を言わさない眼光だった。
 あけみ先生は、理事長の方に顎を振った。
 わたしは、命じられた犬みたいに、理事長の足元に身を移した。
 電池ボックスを拾い上げる。

「お願い。
 美里さん、お願い。
 動かさないで。
 それを、動かされると……。
 動かされると……。
 わたし、ダメになっちゃう」
「美里!
 何もたもたしてんの。
 早くしなさい!
 スイッチ、わかるでしょ?
 そう。
 それをスライドさせれば、無断階に強さが調節できるわ。
 もちろん、目一杯まで動かしてちょうだい」

 駆動音が立ち上がった。
 おもちゃのロボットが動き出したみたいだった。
 音は、さっきよりも高かった。
 スライドを、最大限まで引き上げたから。

「あうぅ」

 理事長の顎が天を向いた。
 背中が持ちあがり、上体がアーチを描く。

「ふふ。
 いい反応ですこと。
 美里、クリも弄ってあげて。
 どうしたの?
 出来ない?
 ま、いいか。
 その状態でクリ揉まれたら、あっという間にイッちゃうもんね。
 じゃ、バイブだけ、抜けないように持っててよ」

 理事長の腹筋に渓谷が走り、腰が浮きあがった。
 クリトリスが、包皮から覗いてた。
 怒張してるのが、はっきりとわかった。
 これを、皮の上から揉み潰したら、どんなにいいか……。
 わたしは、立て膝をした脚の付根を内側に絞った。
 お汁が染み出すのがわかった。

「ほーら。
 川上先生。
 理事長、また勝手に気持ちよくなってますよ。
 どう?
 うらやましい?
 でも、残念だわ。
 そんな縄のおフンドシ締めてたら……。
 バイブなんか、入れられませんもの。
 今度やってあげますね。
 どこでしてあげようか?
 そうだ。
 保健の授業の続きでやりましょう」



本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「川上ゆう」 「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は毎週日曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です