放課後の向うがわⅡ-42


「ほほっ。
 そうよね。
 大丈夫よね。
 ていうか……。
 大好きなんだもんね。
 こんなふうに、苛められるのが。
 そういうの、マゾって云いますのよ」
「違います」
「違わないでしょ。
 こんなに乳首、尖らせておいて」
「クリップに、挟まれてるから」
「わたしが言ってるのは、挟まれてないほうの乳首よ。
 ギン起ちじゃないの」
「違います違います」
「まぁ、さっきは教師の鏡だったのに……。
 今度は、教師にあるまじき言動だわ。
 先生、嘘はいけませんね」
「嘘なんかじゃない」
「そんなら、そのお股の汁は何なの?」
「それは……。
 さっき、バイブで……」
「それは、さっきでしょ。
 今、流れてるのは、何なのって言ってるの」
「……」
「今度はだんまり?
 何とか言いなさいよ。
 じゃ……。
 言わせてみせよう、ホトトギス」

 あけみ先生は、クリップを繋ぐチェーンを摘んだ。
 そのまま、ゆっくりと後退る。
 銀の鎖は、虚空に“く”の字を描いた。

「感じる感じる。
 2人の体温。
 チェーンを伝って、昇って来るわ」
「くくく」
「痛い?、川上先生。
 じゃ、おしっこ漏らしたら、許してあげる。
 ちょうど、犬がおしっこするポーズじゃないの。
 そのまましてごらんなさい。
 理事長、びしょびしょにしてやって」

 川上先生は、大きくかぶりを振った。

「岩城先生。
 ほんとにそれで、ゆうちゃんを助けてくれるの?」
「もちろん」
「ゆうちゃん、いいのよ。
 そのままおしっこして」

「できない。
 そんなこと、できません」

「気に入らないわね。
 本音を言いなさいよ。
 相手はどうなってもいいから、自分だけ助けてって」
「わたしたちは、あなたとは違うの!」
「あら、ご挨拶ね。
 憎たらしい口。
 あー、思い出してきた。
 この塔の建設当時。
 その口で、毎日毎日命令してくださしましたよね。
 ちょっと黙っていただこうかしら」

 あけみ先生が、理事長の乳首を挟むクリップに手を伸ばした。
 理事長の背筋に、力線が走った。
 上体を捻り、起きあがろうとしたのだ。

「おっと」

 一瞬早く、あけみ先生が肩を押さえつけた。
 理事長の上体が潰れる。

「危ない危ない。
 脚が自由なの、忘れてたわ。
 美里、理事長の身体、こうやって押さえてて。
 早く」

 言われるままに、理事長に被さる。
 何の香水だろう。
 かなり強い香りなんだけど、鼻を刺すような鋭さはなかった。
 逆に、わたしの顔を包みこむ、蒸気みたいなやわらかさを感じた。
 たぶん、香水と汗が混じった匂いなんだと思う。
 なぜだか、これが本物の香水の香りなんだって感じた。
 香水は、汗と混じって初めて、本物の香りを噴きあげるんだって。

 その間にも、あけみ先生の手は休まなかった。
 理事長の下半身に回り、膝上にロープを巻いてる。
 見とれるほどの手際だった。
 細めのロープが、重ならずに綺麗に並んでいく。

「ほら、脚あげて。
 オシメを替えてもらうポーズよ。
 赤ちゃんのとき、してたでしょ?
 覚えてない?
 嘘おっしゃい。
 今でも、毎晩やってるくせに。
 おまんこ舐めてぇ、って」

 あけみ先生は、理事長の太腿を持ちあげようとした。
 理事長は、脚をバタつかせて拒んだ。
 あけみ先生は、宙を蹴る膝下を胸の前に抱えた。
 そのまま、お尻を下ろす。
 お尻が理事長の腿裏を押さえつけ、理事長の脚は、お腹にくっつくまで折り畳まれた。
 あけみ先生は、体重を乗せたまま手を伸ばし、理事長の脚と上体をロープで繋いだ。
 理事長の抵抗も虚しく、もう1本の脚も、あっという間に畳まれた。

「ほら、おねだりポーズのできあがり。
 仰向けで、おまんこ全開。
 この格好、大好きでしょ?
 言ってごらんなさい。
 おまんこ舐めてって」
「いやよ。
 あなたとは違うわ」
「どう違うの?
 おんなじよ。
 お汁を垂らすおまんこを持った、雌同士じゃないの。
 ほら、理事長の腿裏に、わたしのお汁が光ってる」
「解いて!
 解きなさい!」
「まだ、わからないの?
 命令できる立場じゃないってことを。
 そんな口が、二度と利けないようにしてあげるわ」

 あけみ先生は、理事長の乳首からクリップを外した。

「ほら、お口開けて」

 もちろん、理事長が従うわけない。
 口を一文字に引き締めたまま、あけみ先生を睨みあげた。

「まぁ。
 素敵な眼差しですこと。
 そんなお顔が出来ないように……。
 心を折ってさしあげますわ。
 このチェーンじゃ、長すぎるわね」

 女王さまは、川上先生の乳首からもクリップを外した。
 床から、別のクリップを拾いあげる。
 今度のは、クリップを繋ぐチェーンが、ずっと短かった。

「ほら、お口開いて。
 まだ言うこと聞かないわけ。
 美里、そこに転がってるバイブ、拾って。
 そう。
 持ってきて。
 ふふ。
 ほら、理事長。
 大好きなオモチャが届きましたよ。
 でも、下のお口はお預けね。
 上のお口に咥えるのよ。
 ほら、あーん」

 理事長は、頬に腱が走るほど口元をきつく閉めた。

「相変わらず悪い子ね。
 わたし、自分の筋書き通りに事が進まないと、いらいらするの。
 手荒なことはしたくないんだけど……。
 仕方ないわね」

 あけみ先生は、バイブの先を理事長の口元に近づけた。
 理事長は首を振って逃れる。

「そうか。
 縄でがんじがらめにしても、首だけ動くっての忘れてた。
 じゃ、こうやって固定しようか」

 あけみ先生は、立膝の姿勢を取った。
 そのままにじり寄り、理事長の頭を両膝で挟む。

「どう?
 動けないでしょ。
 ははは」
「止めて!
 岩城先生、ほんとに止めて」
「あら、川上先生。
 そんなこと言って。
 ほんとは、このバイブが欲しいんじゃなくて?
 おねだりしたら……。
 ちょっとだけ味見させてあげる」
「そしたら、理事長先生は許してもらえますか?」
「それは、川上先生のセリフしだいよ。
 心を込めて、迫真のセリフを言ってくださいね。
 はい、オーディション、スタート。
 ほら、言って」
「そのバイブを、わたしにください」
「カーット。
 なにそれ?
 ダイコンにもほどがあるわ。
 英文和訳じゃ無いのよ」
「じゃ、なんて言えばいいんですか!」
「仕方ないわね。
 じゃ、わたしの言うとおり続けるのよ。
 『その、ズル剥けの犬のちんぽみたいなピンク色のバイブを、わたしの発情したまんこに、思いっ切り突っこんでください』。
 はい、言ったんさい」
「……、そのバイブを」
「ズル剥けが抜けてる」
「ズル剥けの……。
 うぅ」
「また、泣いてごまかす。
 ほんとは、下のまんこの方が泣いてるくせに。
 可哀想だから、ちょっとだけ入れてあげる。
 先っちょだけよ」

 駆動音が立ちあがり、バイブがうねり始めた。
 あけみ先生は、理事長の頭を挟んだ立膝のまま、バイブを燭台のように掲げた。
 ピンク色の蝋燭が、天を指してくねってる。
 あけみ先生は、手を伸ばしたまま、ゆっくりと燭台を下げた。
 バイブが、川上先生の股間を見上げた。

「ほら、さっきの続き。
 『まんこに突っこんでください』。
 ほら、言って」
「ゆうちゃん、言っちゃダメ」
「あ、惜しい。
 今、口開いたのにね。
 うっかりしてたわ。
 今度、口が開いたら、容赦しないから。
 ほら、川上先生。
 どうしたんですか?
 セリフが途中ですよ。
 『ヤラしいお汁を垂れ流すゆうのまんこに、そのぶっといバイブをぶち込んでください』。
 もたもたしてると、どんどんセリフが変わっちゃうんだから」
「うぅ。
 助けて。
 理事長先生、助けて」
「ゆうちゃん!
 ゆうちゃん!
 岩城先生!
 この人でなし!」

 理事長は、阿修羅のような形相で、あけみ先生を見上げた。

「うるさい女。
 やっぱり、この口を先に塞がなきゃダメね」

 あけみ先生は、掲げたバイブを逆手に持ち替え、理事長の口元に近づけた。
 理事長の唇が、真一文字に閉じる。

「ほら、口開いて」

 理事長は懸命に顔を振って逃れようとするけど……。
 あけみ先生の両膝が、理事長の頭をがっちりと押さえつけてた。
 バイブの先端が唇を割った。
 でも、それ以上は進まない。
 象牙の城郭みたいな前歯が、敵の侵入を阻止してるのだろう。

「開かぬなら……。
 開かせて見せよう」

 歌うように唱えながら、あけみ先生のもう一方の手が、理事長の鼻に伸びた。
 鼻梁を摘む。


本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「川上ゆう」 「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は毎週日曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です