翔田千里 赤裸々な責め 緊縛桟敷 掲載開始


Shyouda_001翔田千里杉浦則夫緊縛桟敷 にて掲載開始。

明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。

あねご肌の美人翔田。我が師に失礼して「花と蛇」のイメージで見て下さい。もう一人の登場人物の妹ぶんは制作費の関係でカット。それでも翔田演じる静子夫人はこんな赤裸々な責めをうけたのではないだろうか、熱演していただいた翔田さんには深く感謝いたします。少々裏版で師に怒られますかも失礼いたします。

和服の裾がめくれ、白い肌の臀部があらわにされたとき眼前ではじける霊気が見えた、うっすらと香木の香りの蜃気楼で包まれた肉の塊が深い影を作る臀部のエロチシズムにたじろぐ、背後から犯せ犯せと妄想の嵐、だがまだまだ視姦で満足しよう。突然に静子夫人の恥ずかしげな小さな呻きがもれる、背後から見つめられて放置される恥じらいが女を犯す。身をくねらせて恥ずかしさから逃れようとする女を見つめるて視姦の快楽で楽しむ。以下我が妄想がいりまじる。
裾を割った立ち姿の潮吹きを見たいものだと、おしげもなくあらわにされた陰部を晒す静子夫人、身がわりとして覚悟はあってももはやこんな姿を大勢の男達に晒す恥じらいに悔しさに身を熱くのたうつ夫人。
だがこんな責めはうぶなことと太い張り型がもちだされる。はしごに柱にとがっしりと縛られた姿では太い張り型の責めをどんなに抵抗しても防ぎようがない、諦めの裡に堕ちて行く夫人にじわじわと熱いものが肉体に生まれてくる、憎悪と快楽が身内にいりまじる混乱に不思議な肉の快楽、吐息さえももらしている自分に気がつく。私は堕ちたとはらりと涙をこぼす夫人

140102_600_model

注意:
月額会員サイト 杉浦則夫緊縛桟敷でのアリスの掲載は二ヶ月間で終了します、
以後はグループサイトの緊縛桟敷キネマ館にて販売される予定となっております。

リンク:杉浦則夫緊縛桟敷 →
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

関連記事:

    None Found

翔田千里 赤裸々な責め 緊縛桟敷 掲載開始」への1件のフィードバック

  1. かおり信者

    翔田千里なら顔も身体も静子夫人にピッタリだと思います。ただ、以前に動画で観た彼女の浣腸シーンでは、恥じらいが今一つ物足りませんでした。やはり静子夫人の最大の見せ場は浣腸への苦悶と恥じらいです。貴婦人の禁断の姿、だからこそ憧憬の念をもって見たくなる場面だけに。

    私が史上最高の静子夫人と尊崇しているのは「花と蛇:地獄篇」の麻生かおりさんです。まさに原作から脱け出たような気品です。かおり信者とは麻生かおりさんにちなだハンドルネームです。

    日活に比べると、東映の静子夫人は完全に原作離れしています。翔田千里に日活の映画女優のような繊細な恥じらいが演じられれば、非常に素晴らしい静子夫人になれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です