タグ別アーカイブ: 内山遙

食虫花 ~美少女・内山遙~13

本作品のモデル「内山遙」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

第十三話【食虫花】

ウツボカズラの甘美な匂いに狂い、蔓先に膨らんだ蜜壷の内に捕われた蟲。
透明な粘液の中で、のたうちながら快楽に溺れていく。
やがて身が溶け出し、細り、消滅してもなお、残された魂は官能を貪り続けることだろう。
当初の甘い誘香は、いつしか誰もが眉根を寄せる死臭となる。

鬼畜教師の、変態的性癖の好餌となった少女。遙が、心に負った傷は計り知れない。
すでに彼女は、大学生の恋人と別れていた。林田に言われるまま、学校へは毎日登校していたが、以前のように清純可憐な生徒ではなくなっている。突然、廊下で奇声を上げたり、大雨の中ずぶ濡れでグランドを走ったりと、奇行も目立ち始めていた。
あんなに多かった友人も、今では気味悪がって誰も寄り付かない。こうなっては両親も、専門の医者に診てもらう事を、真剣に検討し始めていた。周囲には、すっかり人格が変わってしまったように見える。しかし、それは大きなストレスから自己を守る為、一時的に心神喪失状態となっているに過ぎなかった。
正気がある。まだ。真底は、人格崩壊に至っては居ない。
もはや遙本人は、意識していなかったろうが、堕とされてしまった絶望的状況の中で、未だ懸命に、心の逃げ場を探していたのだった。その代償として、あれほど聡明で精錬潔癖であった少女が、男の前で堕落した牝奴隷を演じていたとしても、誰が責める事が出来ようか。

「さぁ遙、今夜は少しキツイぞ!」
この教え子は、性の悦びを教え込まれ、ついにマゾとして開花したのだ。恋人との破局も、彼女がもはや、普通の男では満足出来なくなった証左なのだと、恩師は達成感に酔う。
これまでも、これからも。女生徒達の心理は読んでも、その心情を思いやる事など林田には無い。彼なりの愛情らしきモノは存在したが、己に都合良く曲解し、正当化されたものに過ぎなかった。
虚妄の慈愛。男はそれに従い、今はただ遙の肉体を求めるようになっている。連日連夜。
だが、この美蓄に飽きるのは、遠い先のように思われた。「こんな事が、いつまでも続けられるハズは無い」といった悲観は、林田の中に皆無である。いや、少しは頭を掠めていたかもしれない。それでも次々に妄想は実現し、彼はその官能に身を置く事を選んだ。何かに憑かれる様に、遙を縛ることを止められなくなっている。そして今夜も、二人は旧校舎の闇の中に蠢いていた。

激しい吊り責めの最中だった。
縄に身を委ね、恍惚の表情を浮かべる遙の視線の先。ドア越しにチラチラと懐中電灯らしき灯が目に入った。彼らの地下教室に向かい、警備員の靴音が階段を降りて来る。
青年は、いつものように巡回中、旧校舎から不振な物音を耳にした。掛かっているはずの鍵は壊れていた。ドアを開け旧校舎の中へと入った。音のする階下へと向かった。当然の職務遂行だった。
地下教室では教え子が、ギリギリと食い込む麻縄に顔を歪めている。教師はそれに熱狂し、自身が只今縛り上げた、幻想的とも言える妖美に見とれ、背後から近づく“破滅”に気付く事はない。

ただ一瞬、苦悶の表情が緩み、遙がフッと笑ったように見えた。林田はそれを、被虐の陶酔と解釈したが、彼を蔑み、そして憐れみを含んだ微笑ではなかったか。

『なんとも酷い話です』

この後、二人に悲劇的な終幕が訪れる事は、容易に想像が付いた。遙の持つ、強い心だけが、暗澹たる結末を照らす希望の灯だが、事ここに至っては、いかなる救済も無意味に思えてくる。
何の落ち度も無い。悪い事など何一つしていない。
美少女・内山遙に、多分訪れたであろう、慎ましくとも幸せに満ち、退屈であっても平穏に違いなかった未来。それら一切を奪い取り、暗く荒んだものに書き換えてしまった事について、慙愧の念に耐えない。謹んでお詫び申し上げる次第。

おわり

文章 やみげん
写真 杉浦則夫
—————————————————————-
本作品のモデル「内山遙」の緊縛画像作品は
こちらからご購入可能です。

食虫花 ~美少女・内山遙~12

本作品のモデル「内山遙」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

第十二話【DOLL】

遙は感情を表に出さず、極端に無口となっていった。あの明るく爽やかな笑顔を見せることは無い。時折、口元のみに薄ら寒い笑いが現れる。両親は娘の変化に気付いていたが、「一種の思春期病だろう」と、この時はまだ暢気であった。

その間にも、欲望はエスカレートしていく。
もう充分に教え子の身体をしゃぶり尽くし、いつもであれば、そろそろ次の獲物を物色しても良い頃合であった。だが林田は、遙の肉体を永遠に独占したいと、本気で思うようになっている。
美しく緊縛された教え子は、麻薬的な興奮と快感を鬼畜教師に与えていた。今では彼女も、直接的な刺激より、縄に酔う事を望んでいるように見える。やはり元々、マゾ的な資質が隠れていたのかもしれない。
すでに男は、週一回、土曜午後の淫靡な個人授業だけでは満足出来なくなっていた。平日、周囲を警戒しながらも、校内で遙と姦淫する。加えて、さらに夜になっても、教え子の美肉を求め始めていた。

夜の緊縛調教には、妻との別居先である安アパートでは、なにかと不都合だった。過激な妄想を実現するには手狭過ぎる。それに何よりも、学校外で未成年と交わるのに、世の中は厳しくなっていた。教え子であっても、不要の接触は世間が納得しまい。ホテルもまた同様の危険がある。知らぬものが見て、同年代が幼く見える遙であったが、警戒するに越した事はない。
やむを得ず、間もなく取り壊し予定の旧校舎を利用した。
「友達の家に泊まりこみで勉強」などと、ありきたりの嘘を両親へ吐かせて。あるいは家族の寝静まった頃、こっそり家を抜け出させて、学校へ呼び出す。そして、地下の一室で毎夜、色欲の狂宴が行われるのだった。

淡い光が、暗闇の中に遙の姿を妖艶に浮かび上がらせる。
旧校舎は通電していない為、自ら灯りを用意せねばならなかったが、そのほの暗さに中に浮かび上がる教え子は、高価なアンティーク・ドールにも見えた。

実際、遙は自らを、魂の抜けた肉人形としたのかも知れない。
精神と肉体を繋ぐ無数の回路があるとするならば、その重要な導線の幾つかを、彼女は無意識に遮断していた。林田の持つ、特異な性癖の全てを無条件に甘受せねばならない。あまりに不条理な現実に、そういった措置をとらねば、正気を保てなかったのだろうと同情する。

しかし、それと引き換えに発達途中の身体は、肉体的あるいは精神的苦痛をも、性的快感として変換し、受け入れるようになっていた。
あれほど嫌な目を見た浣腸プレイにも、すっかり慣れてしまった。限界まで耐えた排便時の擬似的射精感。それを覚えた今となっては、単にアナル挿入の前儀に過ぎない。苦痛を伴い、それ自体が“責め”であるはずの過酷な緊縛プレイでは、苦悶とも喜びともとれる、悦虐の表情を浮かべるようになっていた。
肥大する欲望を一身に受け止める学園性奴隷。
すでに、中年教師が好物とした、少女の初々しさや恥じらいといったものは、遙の心の奥底に封印されている。ゆっくり焦らしながら、一枚ずつ剥いていく彼女の服や下着からは、牝の匂いが立ち込めるようになっていた。

旧校舎には夜間警備が巡回しないと聞いている。最初こそ、警戒し音も出来るだけ立てず、慎重にプレイしていたが、本当に見回りがないと分かると、調教はより大掛かりなモノになっていった。

林田は、愛奴として育て上げた教え子に満足する。遙が、彼の責めを受け入れる度に、妄想と現実が境目を失っていく。男の魂は、蕩けるように居心地の良い時空に浮遊していた。

第十三話へ続く

文章 やみげん
写真 杉浦則夫
—————————————————————-
本作品のモデル「内山遙」の緊縛画像作品は
こちらからご購入可能です。

食虫花 ~美少女・内山遙~11

本作品のモデル「内山遙」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

第十一話【灑掃】

「引っ張るのは‥や、止めて下さい・いぃ・うぐぅ…うっ、ううっ」
すでに二〇分が経過しようとしていた。蒼白となった遥の顔面に脂汗が滲む。不自然に身体を折り曲げられ、ググゥ、ギュルルゥと、下腹からは猛烈な便意が突き上げて来る。

バレーボール部の地区大会が、明日に迫っていた。普段はのんびり土曜部活に励む部員達も、さすがに今日に限っては、熱心に練習に励んでいる。
遙は身長も高く、弱小バレー部にあって重要な戦力だった。それにも拘わらず、このところの気乗りしない練習ぶり。加えて、何かと理由を付けては午後の練習を抜ける。そんな彼女に対し、部員たちの不満が燻ぶっていた。部活をサボって、きっと大学生の彼氏とデートに違いない。そんな陰口を叩く者もいる。「今日はちゃんと、夕方まで出れるんでしょ?」試合は明日なのだから、絶対に参加してもらわないと。部長からは強い調子で言われている。遙は、「今日も昼から用事が」とは言い出せないでいた。
彼女とて、そのような事はもちろん本意では無い。どれほど、皆と一緒の時を過ごしたかったろう。午後の練習を抜け、遙を待ち受けているのは、目を覆い、耳を塞ぎたくなるような被虐の時間なのだから。

「今日だけは練習に出させて下さい」
お願い致します。練習が終わったら、気の済むまでご奉仕致します。一生懸命尽くさせて頂きます。だから数時間だけ自由を下さい。
昼休み、一足先に空き教室で待っていた林田に、遙は必死で懇願した。
「バレー部の練習か…楽しそうだな」
それならここでも出来るではないか。俺が教えてやるぞ。担任教師はそう言って、教え子の後頭で肘を伸ばした状態に、素早く縛り上げた。そしてそれを、「どうだ、ブロックの姿勢と同じだろ?」と笑った。
普段の、後手縛りに慣れてしまったせいか、変則的な緊縛は、少女に新たな羞恥をもたらす。男は、彼女の無防備になった脇の下を、ツンツンと突付き始めた。「ほら、跳んでみろよ!ほれ!」擽ったさに思わず身を捩る。そんな彼女の反応を楽しみ、そして未発掘の性感帯を、探っているようでもあった。
なおも、「お願いです!練習に行かせて下さい」と、奇妙な格好のまま頭を下げる教え子。もう、お前は俺の性奴隷なのだ。奴隷に自由があるものか。普通の高校生活など必要無いだろ。「これが、教師を愚弄した罰なのだ」と諭し、さらに、「この恥ずかしい格好のまま、廊下に放置してやろうか?」部活に戻るのは邪魔しないぞ。と恫喝した。

「良い事を思いついたぞ!」
次には声色を変える。俺も生徒思いの先生だからな。部活の大切さも分かっているつもりだ。と空々しい台詞を吐いた。そして、破廉恥な提案。
「ゲームをしよう」
昼休みが終わるまでの、残り時間四〇分間、浣腸を我慢出来たら練習を許す。但し。
出来なかった場合はあきらめろ。
「ウンチを付けた、臭いブルマで良いのなら、練習に出ても構わんがね!ふふふ」
残酷にも、下着とブルマを着用したまま我慢させるという。林田は遙の返事を待たず、浣腸の準備を始めた。本人の意向等どうでも良い。元々、今日はアナルを責めるつもりであった。思い掛けず面白い余興になるぞ、と内心、己の機転を自賛していた。

遙は、これまでの短い間にも、何度と無く浣腸されている。しかしそれは、アナル挿入の為にする、腸内洗浄の意味でしかなかった。早ければ二、三分で便意を催し、我慢できても精々一〇分が限度であった。今から三〇分近くも、あの苦痛と恥辱に耐えるなど、出来ようはずがない。だから林田も、よもや遙が、この下劣なゲームに勝つなどと言う事は、全く考えていなかった。

しかし、彼女は予想外に健闘する。練習に出たい一心だった。硬く肛門を閉じ、懸命に漏れ出そうとするものを押し留めている。昼休みは残り五分を切っていた。
ひょっとして、こいつは耐え切るのではないか。林田は、遙の精神力に感心すると同時に、焦りを抱いている。万一には、約束など反故にすれば良い。だがそれでは、こちらが面白くないのだ。そうはさせない。
グイと教え子の腕に掛かった縄を引き、無理矢理腹部を圧迫するような姿勢を取らせる。そして、下腹を靴の先でゆっくりと突き押した。
このアンフェアな加勢によって、限界ギリギリのところで持ちこたえていた、彼女の忍耐は一気に瓦解する。

「わあぁぁぁっ!!!」
遙、号泣。声を上げて、幼児のように泣き喚く。担任教師と“不適切な関係”となって、初めての慟哭だった。
どれほどおぞましい辱めを受けようと、彼女の心を強く支えてきた大切なモノ。クラブでの楽しい思い出。部員らと語り合った将来の夢や希望。かけがえのない友情、そして信頼。
それら大切な宝物の数々が、濁音と悪臭にまみれ、ブルマから染み出す汚物と共に、体外へと流れ落ちて行った。

第十二話へ続く

文章 やみげん
写真 杉浦則夫
—————————————————————-
本作品のモデル「内山遙」の緊縛画像作品は
こちらからご購入可能です。

食虫花 ~美少女・内山遙~10

本作品のモデル「内山遙」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

第十話【無間地獄】

週明け。遙は学校を休んだ。
風邪を引いたようなので休ませる、と朝一番に母親から電話があった。これは林田にとっては朗報だ。
口止め用に彼女の痴態を撮ってはいた。しかし遙は、これまでの女生徒らとは違うのだ。親なり、友人なり、学校関係者、あるいは警察が乗り込んでくるのではないかと、眠れぬ夜が二晩続いていた。興奮から醒めてみれば、現実はそういうものだ。なかなか計画通りに、うまくは物事が進まないと覚悟していた。だが、どうやら土曜日の出来事は誰にも話せていないらしい。

(それはそうだろう…)
あれだけの辱めを受ければ。小心者が、今度はそう安心する。
そして、誰にも言えない恥ずかしい秘密を握る、優位な立場を得たと気を大きくした。ここからは、いつも通りに進めて行けば良い。

ただ、遥の心中は過去の犠牲者らとは少し異なっていた。少女達は、どうしよう、どうしようと、ただオロオロするばかりで、その場から逃げようともしない。危機に際し小動物が取る行動に似ている。林田もそれをリサーチした上で毒牙に掛けて来た。
この時の遙は、自身の置かれた状況を、比較的冷静に捉えている。その上で、自分の事よりも愛すべき周囲の人々に、心配を掛けたく無い、悲しませたく無い、一心だった。彼女なら、いくらでも外部に助けを求め、その場から逃げられそうなものだ。だが、そうは成っていない。自力でこの災厄をどうにか克服できまいか、考えを巡らせている。
思春期独特の犠牲的ヒロイズムだろう。同時にそれは、やがて開花する被虐性を予感させた。

3日続けて遥が休んだところで、心配を装い電話を掛ける。最初母親が出たが、対応に変化は無い。上手く言って本人に代わらせた。
「早く治して学校に出てこないと、いろいろと大変な事になるからね」
“大変な事”それがどういう意味か、彼女には伝わったはずである。

次の日、彼女は登校して来た。
周囲は、顔色が優れないのを病み上がりのせいと思ったが、担任教師だけは本当の理由を知っている。さっそく放課後、あの空き教室へ呼び出し、従わなければ写真をネット上にばら撒くぞ、と念を押した。
「彼氏に見られたくないだろ?」
もちろん、本当にそんな事をすれば、林田自身もただでは済まぬ。こけおどしであったが、この教え子にはそれで充分だ。瞬時に表情がこわばった。他の生徒よりしっかりは見えても、所詮少女である。
その後、少し麻縄で遊んだが、遙は素直に従った。

それから毎週土曜日午後は、空き教室が調教部屋と化す。
周囲に怪しまれないように、バレー部の練習には一旦顔を出させる。適当な理由を作り、午後の練習を抜けさせては数時間、体操着姿の教え子を堪能した。制服姿も悪くは無かったが、着替えさせる時間も惜しまれたのだ。どうせ最後は脱がすのだから。
処女膜は残してある。毎回、丹念に膜を拡げながら、ネチネチと辱めの言葉を聞かせた。心の貞操は奪っていたが、肉体は以前のまま、繰り返し処女破りの瞬間を楽しんだ。遙にとっては無間地獄に思われただろう。林田は、そのアンバランスに苦しむ、少女の心の内を想像し、益々悦に入るのだった。

やがて、処女膜がすっかり緩くなり、その楽しみがなくなると、男の興味はアナル向かった。恥辱の浣腸プレイの後、彼は膣のそれと同様に、充分に肛門をほぐしながら、ますます彼女を貶める言葉を叩き付ける。それは以前よりも、さらに辛らつで下劣なものだった。

第十一話へ続く

文章 やみげん
写真 杉浦則夫
—————————————————————-
本作品のモデル「内山遙」の緊縛画像作品は
こちらからご購入可能です。

食虫花 ~美少女・内山遙~9

本作品のモデル「内山遙」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

第九話【侵食】

遙は懸命に、初めての異物感と戦っている。汚らわしい中年教師の指の侵入を拒もうと、股間に力を込めるのだが、無駄な抵抗であった。膣の内側を、クイクイと刺激されるたび、下腹部から脳髄に掛けて、鈍く電流が走る。未体験の刺激に、「あぁっ」と思わず声が出てしまう。林田は、その反応に満足しニタリと笑うと、さらに指と舌で遙の秘奥を弄り続けた。彼女はこれが悪夢であってくれる事を願い、早く覚める事を祈るのだった。両親や恋人、そして友達の顔が過ぎる。(助けて、助けて!)と何度も心の中で繰り返した。

内実はそうであっても、固く目を閉じ恥辱に耐える姿は、これまでのどの教え子よりも気丈に見える。だが、それもまた変態教師を欲情させた。
ここに赴任して以来、自分を悪とし、糾弾して来た遙を、出来るだけ惨めに辱めてやろう。わざと大げさに舌なめずりをし、ジュルジュルゥゥと遙に聞こえるように音を鳴らしながら、指を咥え濡らすと、少女の深部へ塗りたくるのだった。

ふぅーっと、意識が遠のく瞬間があった。
幾度目か。遙は、不潔極まりない中年男の唾液の中に、目に見えぬ微細な蛆虫の如き生き物を幻視する。何千何万もの無数の蟲が、膣の中を這い回り、彼女の中の神聖な場所を侵食していく。
「いやぁぁぁぁ!」
か細い悲鳴が、糸を引くように長く発せられた。
気が付くと、その蟲が巨大化し目の前にある。林田は、ズボンを脱ぎ、己の肉棒を遙の目の前に晒していた。風呂上りに見せた、父親のソレすら良くは覚えていない。だが、威きり立ちドクドクドクと脈打つ怒張が、何を意味するかは、初めての彼女にも理解できた。

「お願いです…先生、もう…ゆ、許してください…入れるのだけは…」
「今頃、頭を下げても遅いんだよ!」
安心しろ、処女膜は残してやるからな。彼氏には内緒にしておけば良い。
哀願する教え子の縄を一旦解き、椅子から降ろす。その身を、カビ臭い体育マットに放り投げた。そして体操着を毟り取ると、再び後ろ手に縛って抵抗を奪う。

全裸に剥かれた艶麗な体。林田は満足げに、美肌の感触を確かめながら、じっくりと愛撫した。乳首が勃っている。なんだ、感じてるじゃないか。こうやって縛られて犯されるのが良いのか。そう言ってからかってやった。少女は、死にたくなるほどの下賎な嘲笑から逃れようと、モソモソと体をくねらせる。男はその姿にますます興奮した。
彼女の股間を弄る。すでに、処女を疑うほどに濡れており、男を誘っていた。
「入れるぞ!」
膣は、やはり少し硬かったが、ズップリと標準サイズのオトコを飲み込んでいく。
「やだ、やだ、やだ…うぅ…やだぁ…うぅぅ」
少女は、しくしくと泣き始めたが、丹念に処女開発を行った御蔭で、流血や痛がる事はなかった。

途中、遙は「くっ、ぬぅぅぅ」と声を発し、一瞬、全身を硬直させた後、白目を剥きながらビクリ、ビクリと数度、痙攣した。
驚くべきことに、彼女は処女喪失と同時に初めてのアクメに酔っていたのだった。なんという淫らな身体。

「どうだ、遙、気持ち良かっただろ?え?」
林田は凌辱したばかりの教え子を下の名前で呼んだ。
今日はこのくらいにして置いてやる。だが、終わったと思うなよ。これからじっくり調教して、立派なM女に育ててやるよ。お前には素質がある。教え込まなきゃならない事が、まだまだあるのだ。
「そのうち、こっちの味も教えてやるからな」
不意にアナルに指を突っ込まれ、慌てて菊座をすぼめる。喉奥で、「ンンクッ」と上げた微かな声は、音にならなかった。今の遙には、その程度の反応をすることしか出来ない。緊縛されていなければ、肉体の形を留めていられないほど、脱力していた。

林田は容赦なく、彼女の、そのだらしない姿も携帯電話で撮影した。もちろん口封じ目的である。この教え子は絶頂を知ったのだ。ならば数日の時間を掛け、ハメ殺しにして色呆けさせるのが何より安心できるのだが、それは適わぬ事だろう。学校は、監禁調教には不向きな場所であった。

練習を終えたバレーボール部員達が、この階へと戻って来るのは、それから間もなくの事である。

第十話へ続く

文章 やみげん
写真 杉浦則夫
—————————————————————-
本作品のモデル「内山遙」の緊縛画像作品は
こちらからご購入可能です。