タグ別アーカイブ: 蝉丸

アンダーカバー・SUMIRE 8

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

■第8章 終わりなき悪夢

「この苦痛から逃れるためならすべてを明かしてもいい。そう考えるようになったんだろ?」
恐ろしい記憶の世界を当て所なく彷徨う私は、草八木課長の言葉で現実に引き戻された。
「い、いいえ、そうではありません。私はあくまで・・・・」
そう言いかけた私の前に数枚の写真が無造作に並べられた。
それは公安外事○課の仲間の写真。彼らも私同様、Z国秘密組織の各所に潜入している捜査官たちだ。
「みんな殺られたよ。何者かによって組織に正体をバラされてね。」
その言葉の意味するところに気づいた私は愕然とした。そういうことか!
「SUMIRE君。君の証言どおりなら、君が組織の尋問を受けた直後に、彼らは無残な死体となって発見されたんだ。それも同じ日に。どうだい、ほかに情報が漏れる理由があるとは思えないが。」

私が拷問に屈して仲間を売ったというのか?そんな馬鹿な!
でも、本当に私は最後まで黙秘を貫いたのだろうか・・・・。
正直言うと、あの極限状態で自分が何を言ったのか、実のところ定かではないのだ。
もしかしたら、苦し紛れに仲間の潜伏先を口走ったのかもしれない。
いや、そんなことはあろうはずが・・・・・。だが、もし、あるとしたら、あの時か・・・・・。
私は混乱する頭を抱えながら、まるで忘れ物を探しに行くように、再び地獄の記憶の世界に戻って行った。

―――――――――――――――

電気拷問で意識を失った私の弛緩した体を吊り棒から降ろすと、NANAは両手を頭上に一まとめに縛り、両足を開いて跪かせた状態で柱を背に縛りなおした。

全身鳥肌が立つような不快感に目を覚ました私は、先ほどの電気ショックにより朦朧とする意識の中にNANAの姿をおぼろげながら捉えていた。
「電気も耐え抜くなんて、あなたやっぱり相当訓練されているようね。面白いわ。どこまで耐えられるのか、ますます試してみたくなってきたわ。次はこれよ。」
NANAが手にしたもの。それは一本の鳥の羽だった。
それを私の乳房にそっと当て、ゆっくりと乳房の稜線を辿りながら滑らせていく。
はうっ!うぐうぅぅぅぅ・・・・
まるでナイフで切りつけられるような鋭利な痛みがその羽の先が触れる部分に沸き起こる。
いったい、何なの、この羽は!!?
「ふふふ。驚いているみたいね。教えてあげるわ。あなたが気を失っている間に、強力な神経過敏剤をその大きなオッパイに注入してあげたの。痛覚反応を100倍まで高感度にする特殊なお薬よ。だからこんな羽で軽く触られたくらいでも、あなたには激痛に感じられるってわけ。」
羽の先端は乳輪に沿ってぐるりと一回りしたあと、刺激ではちきれんばかりに硬く勃起した乳首の先をゆっくりとくすぐり始めた。
あうっ!くぅぅぅ・・・・
「ほらね、耐え切れないほど痛いでしょ?でも本番はこれからよ。」
NANAは鳥の羽を捨てると代わりに一本の小さな針を指先に持ちかえた。
「や、やめて・・・・」
柔らかい鳥の羽ですらあのような激痛を生み出すというのに、こんな鋭い針で責められたら・・・。
私の目は恐怖に大きく見開かれ、思わず哀願の言葉を発してしまった。
「いいわよ、やめてあげるわ。だからいい加減教えて頂戴。あなたの正体、目的、ここで得た情報。その他あなたが知っているすべてのことを。」
「うっ、そ、それは言えない。言えないの!もうわかって。お願い許して!!」
私は全身を小刻みに震わせながら涙を流して訴えた。
もはや強がりや抵抗を演じるだけの余裕は私にはなかった。
憎い敵の前に思いっきり無様な姿を晒してでも、この恐怖から逃れたかったのだ。
もちろんNANAがそんな虫のいい条件を飲むとは思っていない。でも、そう言うしかその時の私には手がなかった。
「生憎だけど、そうは行かないわ。」
NANAは冷たく言い放つと、左手の人差し指と親指で私の左の乳首を摘み上げた。
ヒィィィィーー!い、痛いっ!!!
研ぎ澄まされた神経が引き起こす想像を絶する痛みに思わず顔をしかめた私を無視するように、針が無情にも乳首の横に突き立てられた。

プスッ、ツーーーー、針はゆっくりとしかし止まることなく乳首を抉りながら貫通した。
グギャァアァアァアアァァアアァァァアァァーーーーーー!!!!
私は乳首を切り落とされたような激痛に、大きな悲鳴をあげて仰け反った。
「さあ、もう一本行くわよ。」
「いや、いや、いや・・・・もう、お願い、やめて、お願い、許して!!!」
ウワァアァァァアアァァァァアアアアァァッーー!!
泣こうが喚こうがお構いなしに、右の乳首も同じく針の餌食となってしまった。
NANAは慣れた手つきで素早く2本の針にチェーンをつなぐと、その中央を指で持って激痛に必死に堪える私に問いかけた。
「その感じやすい淫らな乳首にお仕置きをしてあげるわ。あなたがすべてを白状するって言うまでね。さあ、さあ、どうするの?」
「だめ!言えない、言えない、言えない!!!」
ギャッァアァァアアァァアァァアアァアァァアァァッーーーー!!!
NANAの指がチェーンを引き、それにつれて私の乳首は上下左右に引き伸ばされた。
そしていつ果てるとも知れないNANAの嗜虐の指遊びに私の乳首はさんざん弄ばれ、ついには激痛のあまり悶絶するまで私は責め苛まれ続けたのだった。

次に気がついた時、何故か私は病室のベッドの上にいた。
失われた空白の時間を推定で補いながら経過を再現してみると、恐らく味方の特殊部隊によって私は救出され、そのまま治療のため公安局の医務室に運び込まれたということなのだろう。
少なくともあの地獄から脱することが出来たのは事実らしい。
しかし安堵する間もなく、私を待っていたのは身内による尋問であった。
捜査情報漏洩の嫌疑である。
忘れ去りたい忌まわしい記憶をこれでもかと言わんばかりに繰り返し報告を強要される。
NANAの拷問で心身ともにボロボロになっていた私は、草八木の執拗なまでの尋問で徐々精神を蝕まれていくのを感じた。
「いったい君はやつらにどこまで手の内を明かしたんだ?君の証言次第では、今後の捜査方針を変更せざるを得なくなる。どうしても本当のことを教えないつもりなら、手荒な方法も止むを得ない。覚悟するんだな。」
草八木は部下に私の身柄を拘束させると、特別取調室へ連行するよう命じた。
表向きには存在しないことになっている公安局の闇の拷問室だ。
でも私は負けない。きっと無実を証明してみせる。そして仲間たちを非業の死に追いやった真の犯人をいつか必ず突き止めて見せる。
私は自分自身に固く誓い、地獄に通じる道を歩いて行った。

尋問室に一人残った草八木はおもむろに携帯を取り出しナンバーを押した。
「ああ、私だ。すべては計画通りいったよ。SUMIREは情報漏洩の容疑者として逮捕した。危うくバレそうになったが、これでもう私がスパイとして疑われる心配はなくなった。協力に感謝するよ、NANA君。」

<完>

文章 蝉丸
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

アンダーカバー・SUMIRE 7

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

■第7章 電流地獄

ギィィ・・・ギィィ・・・
どこか遠くから何かが軋むような音が断続的に聞こえてくる。
全身がスースーして妙に肌寒い。
監禁されて以来、何度も失神と覚醒を強制的に繰り返させられてきた私は、疲労と緊張、絶望と恐怖、苦痛と羞恥が複雑に混じり合った言葉にできないような不快な状況下で、意識はすっかり朦朧となっていた。
もう、駄目。ここが限界かもしれない。これ以上は耐えられそうもない。
すべてを白状します!その一言でこの生き地獄から解放してもらえるのだ。
しかしそれをさせまいと懸命に止めている私の奥なる声が、諦め、屈服、解放の考えを否定する。

パシッ!いきなり強烈な平手打ちを頬に喰らって、私はハッと正気を取り戻した。
「いつまで寝てるの!こっちは準備はすっかり整っているのよ。」
ゆっくりと明けた薄目の中に、あの黒いドレスの女NANAの姿が飛び込んできた。
私は背中に横に背負った一本の竹の棒に両手を縛られ、天井からロープで吊り下げられていた。
肌寒さを感じたのは全裸に剥かれていたからだ。

くうぅぅぅ・・・・・
抗う術を完全に奪われ、無防備な全身を敵前に晒す屈辱。
NANAを思いっきり睨みつけることが、そんな私のせめてもの抵抗だった。
「あら、怖い顔。でもその様子じゃかなり堪えているみたいね。あと一押しってところかしら?今日は電気ショックで弄んであげるわ。これが、なんだか分かる?」
そう言うNANAの手には一本の棒が握り締められていた。
一見、黒塗りの竹棒に見えた。しかしその内部には、おそらく強力な電流が流れる回路が仕込まれているのだろう。
「く、くそぉ。好きにすればいい、このサディスト!私はどんな目に遭わされようと、決して屈したりなんかしないわ!」
心にもない台詞が口から飛び出す。
本心は許しを乞うて今すぐにでも解放してもらいたい気持ちでいっぱいなのに、これも日頃の訓練で徹底的に叩き込まれているエージェントの悲しいサガなのか。

「いいわ、お望みどおりしてあげるわ。最初はどこを責めて欲しい?」
NANAは黒光りする不気味な棒をゆっくりと私に見せびらかすと、いきなり右の乳房にその先端をグイッと食い込ませた。
「いくわよ。」そう言うと同時に手元のスイッチがONにされた。
バシッ!!!
アギィッ!!
突然眩しいほどの火花が飛び散り、乳房から全身に刺すような鋭い痛みが瞬時に駆け抜け、私の体は仰け反るように弾け飛んだ。
「今のはほんの小手調べ。次はキツイわよ。」
バシッ!ビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリ――――!!!!!
アグァアアァァアアァアァァァアアァァァアーーーー!!!
体中の筋肉が激しい痙攣を起し、内臓が鷲掴みにされるような表現し難い苦痛が私に一気に襲い掛かった。
ビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリ――――!!!!!
NANAは巧みにスイッチのON、OFFを繰り返し、その都度私の体は吊られた人形のごとく奇妙なダンスを強要された。

被疑者の心臓を停止させず、それでいて苦痛を最大限引き出す悪魔のテクニック。
恐らくこれまで数多くの犠牲者によってNANAが体得した技術に違いない。
今その毒牙が私に向けられているのだ。
「ほらほらほら、いい加減吐いちゃいなさいよ。でないとあなた壊れちゃうわよ。」
ビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリ――――!!!!!
ギャギャアアァァアァァアアァァーーーーー!!!
全身の血液が沸騰し、毛穴から一斉に噴き出しそうな衝動に駆られる。
もはや私は抵抗する言葉すら発することができず、ただただ獣のような叫び声をあげるしかなかった。

失禁し口から泡を吹き出した私に気づき、NANAは慌ててスイッチを切ったが、その時既に私の意識は別世界にぶっ飛んでいた。
「ち、ちょっとやりすぎたみたいね。」

文章 蝉丸
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

アンダーカバー・SUMIRE 6

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

■第6章 痴態

このままではマズイ。
私が口を割るまで、あの女は拷問はどんどんエスカレートさせていくに違いない。
今日の股間責めですら耐え抜くのが精一杯だったというのに、これ以上責め続けられたら・・・、それでも沈黙を守り通す自信なんかないわ。
でも・・・・、でも、私が捜査情報を漏らしたらどうなる。
公安○課がこれまで必死に追い詰めた今回のヤマ。その努力は水泡に帰すばかりか、悪党どもをのさばらせ、挙句はこの国を危機に晒すことになってしまう。
そんなことは、させるわけにはいかない!

私は監禁された暗い個室で、下腹部の痛みを堪えながらただ天井の一点を見つめ、自問自答を繰り返していた。
ほんの僅かな心の支えは、音信不通に非常事態を察知した味方の救助だった。
しかし、ここはいったいどこなのだろう?私自身にもわからない場所を、仲間が見つけ出せるとは思えなかった。
なぜなら、発信装置は社長私邸の書斎でガスに包まれた時、自ら咄嗟に破壊したため、そこを最後に私の居場所は途絶えてしまっているからだ。
やはり、ダメか・・・・。
絶望感と極度の疲労に完全に支配された私は、いつしか深い眠りの中に落ちて行った。

―――――――――――――――

「それで、君は無限地獄の苦痛から逃れるためなら捜査情報の提供も止むを得ないとだんだん思うようになっていったんだね。」
公安の取調室で正面に座る草八木課長は、興味深そうに目を爛々と輝かせ、煙草をゆっくりと燻らせながら静かに問いかけた。
まるで同意を求めるように。
「い、いえ、違います!私は決して拷問に屈する気はありませんでした。本当です!」
私は草八木の誘導尋問に咄嗟に反論した。
「なるほど、その時は“まだ”音を上げていなかったということか。まあいい。それで、奴らは次に君にどんな責め苦を加えたんだい?」

―――――――――――――――

私は聞き覚えのある男の声で目を覚ました。
いつの間にか、胸を大きく開いた白い薄手のワンピースに着替えさせられており、後ろ手に拘束された両手を縛るロープは、丸々露出した私の乳房をも上下からしっかり締め上げていた。

ハッとして私は正面に目を向け、そこに立ってこっちを見下ろしている男を睨みつけた。
暗崎社長である。
「その様子じゃ、どうやら手こずっているらしいな、NANA。もっと従順な娘かと思っていた私が甘かったようだ。」
暗崎は私の傍らにいる黒いキャミソールの女に語りかけた。
「心配なさらないで、お父様。必ず落として見せるわ。時間の問題よ。」
NANA。女の名前か?
お父様?ということは、暗崎の娘なのか。
この父娘の異例な年齢差を考えると、かなり遅くできた娘ということになる。
文字通り目に入れても痛くないほど溺愛された娘が、我侭放題育てられ、挙句はとんだサディストに成長したとしても不思議ではない。

NANAと呼ばれた女は、父親の期待に応えるかのように私の頭を力いっぱい押さえ込んだ。
あうっ!
私は顔を床に当てると同時に、思わず尻を大きく持ち上げるような格好にさせられてしまった。
NANAは素早く片手で私の背中を押さえて身動きを封じると、もう一方の手で巨大なシリンジを取り出し、ズブリと私の肛門に挿し込んだ。
あぁっ!な、なにするの!!や、やめ・・・・
NANAの手馴れた動作で見る見る私の体内に得体の知れない液体が注入されていく。
あぁあぁぁぁぁ・・・・・・・
「今からあなたには想像を越える痴態を演じてもらうわ。私とお父様の目の前でね。」
NANAはさらに充填済みの新たなシリンジを取り上げると、再び私の肛門から大量の液体を注入した。
液体が私の直腸を逆流し、体内の隅々まで浸透していくような経験したことのない不快感が私を呑み込んだ。

「浣腸プレイって聞いたことないかしら?でもね、このグリセリンには特別の調合が施してあるの。あなたに極限の腹痛を味わってもらうためにね。ふふふ・・・。」
「馬鹿言わないで!私はそんな趣味ないわ!やめなさい、こんなこと!!」
むきになって怒鳴る私は、間もなく腹の中に異常な変化を感じ始めた。
グルグルとまるで無数の手で内部から掻き毟られるような。
この様子を見たNANAはゴム製の栓を私の肛門に深く挿し込むとそれを革ベルトでしっかりと腰周りに装着した。
「今から激しい腹痛と強烈な排泄感があなたを襲うわ。でも、そのどちらからもあなたは逃れることができない。白状すると言わない限りね。」
「好きにするがいいわ!私はこんなことに負けない!」
NANAの恐ろしい予告は、すぐさま現実のものとなって現れた。
うぅぅぅ・・・、うわぁあぁぁ、うぐぐぐぐ・・・・・!!
あたかも重度の食あたりを起したような凄まじい痛みが腹の中を抉るように走り回る。
と同時に、腸内の排泄物がグルグルと音を立てながら肛門に突進する。
私は全身から脂汗を噴き出しながら、両手両足を縛られたまま床を転げまわった。
突然、ムズッとNANAのハイヒールが仰向けになった私の腹を踏みつけた。
「さあ、言ってごらん。ウ○チをさせてくださいって。はははははは・・・、どう、あなたの情けない姿。これでも敏腕エージェントって笑っちゃうわね。はははははは・・・・。」
グワァァァアァァァーーー!!く、苦しい・・・・・痛い、痛い、痛い!!!
暗崎とNANAが意地悪い笑みを浮かべて見つめる中、七転八倒する自分のあられもない姿を想像すると、私は羞恥と無念さではちきれそうになった。
「もっといいことしてあげるわ。」
NANAは私の髪を掴んで柱を背に座らせると、なんと股間にローターを当て始めたのだ。

ローターの振動が股間を起点に全身を貫く。
腹痛と排泄感がますます増幅されるとともに、意に反した強制的な快感が中枢神経を刺激し、ついに私は発狂寸前にまで追い込まれてしまったのだ。
そのような尋常でない状態がどれくらい続いたのだろう。
ほんの短い間だったのかもしれないが、私には永遠にも感じられる地獄の時間だったことはたしかだ。
やがてもの凄い解放感と異臭に包まれた後、そのまま私は悶絶してしまった。

文章 蝉丸
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

アンダーカバー・SUMIRE 5

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

■第5章 赤い粉

それからいったいどれくらい気を失っていたのだろう。
手足に締め上げられる激痛を感じ、私は一気に正気を取り戻した。
両膝が胸に届くほど折りたたまれた格好で手足をロープできつく縛られ、尻と股間を無防備にも曝け出した格好で天井から吊り上げられている。
あう、うぅぅぅ・・・
目の前には今しがた私の股間を残忍に責め抜いた黒いキャミソール姿のあの女が立っている。
「あなた、さっきは悶え苦しみながらも随分と感じてたようじゃない。見てごらん、おかげで私のハイヒール、あなたの愛液でグチョグチョに汚れてしまったわ。そのお仕置きよ。」
女は傍らのテーブルの上に置かれたボウルに右手を入れると何かを一掬い掴み上げ、私の顔の前で開いて見せた。
その手の平の上は真っ赤な粉で覆われていた。
「し、七味?!」
「そう、七味唐辛子よ。これをあなたのアソコにたっぷり塗り込んであげるわ。きっと極楽級の快感で、またまた昇天しちゃうわね。ふふふふふ・・・」
「や、やめて、お願い。そんなことしないで!!」
私は恐怖に顔を引き攣らせて女に哀願した。
ハイヒールの突起でズタズタに傷つけられた股間にそんなものを塗り込まれたらどういうことになるかは、容易に想像できた。
「いいわよ、やめてあげても。でも、それなら素直にこちらの質問に答えてくれるのかしら?」
「うっ、・・・・・・・・・・・」
一瞬答えに詰まった私の股間に、容赦なく女の指先が潜り込んだ。
ヒィィィィィイィィィィィイィィィィーーーーーーッ!!!!

まるで陰茎ごと爆破されたような強烈な熱風が私の体内を一気に駆け上がる。
私は熱湯に投げ込まれた海老のように全身を硬直させ仰け反って悲鳴をあげた。
そんな吊られた状態で暴れまわる私の髪を女は握って押さえ付けながら、もう一方の手は傷ついた内壁にザラザラした七味を満遍なく塗りたくり続ける。

ある程度塗りつけると、再びボウルに手を入れて掬い上げ、そしてまた私の体内に忌まわしき赤い粉を擦り付ける。
そんな作業が何度繰り返されたのだろうか。
私はあまりの激痛に目を見開き、呼吸困難に口をパクパクさせるだけで、もはや悲鳴すら出せない状態になっていた。
「エージェントの訓練も大したことないわね。いいわ、時間はたっぷりあるし、今日はこの辺で許してあげるわ。一晩よく考えることね。明日はこんなもんじゃ済まないわよ。」
女はそう言うとロープをゆっくりと下ろした。

文章 蝉丸
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

アンダーカバー・SUMIRE 4

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

■第4章 美しき標的

突然鼻に引き裂かれるような痛みを感じて、私は無理やり覚醒させられた。
ああぁぁぁあぁぁ・・・・
気づくと鼻腔に2つの金属フックが掛けられ、それが頭上からグイグイ引き上げられていたのだ。
私は思わずフックの上昇に合わせて上体を起した。
「ふふふ、見てご覧なさい。あなたの顔、まるで豚みたいじゃない?」
女の言葉にハッと正面を向いた私は、そこに大きな鏡が備え付けられいるのを知った。
その鏡には鼻の穴を思いっきり開かされ、苦しさに口を大きく開けた口からだらしなく舌を垂らす自分の情けない姿が映し出されているではないか!
それ以上に驚いたのは、気を失っている間に衣服を剥ぎ取られ、上半身こそかろうじて下着をつけているものの、下半身は無防備なまでに完全に曝け出されている。
そんな恥ずかしい姿に焦った私は、慌てて目を閉じた。

「美しいものが醜く壊されていく。これほどゾクゾクすることはないわ。」
鏡に映った女の顔はサディスティックな笑みを浮かべている。
私の中で、苦痛と恥ずかしさを越えて屈辱感と悔しさがどんどん膨らんでいく。
そんな私を嘲笑うかのように、女の手はフックを巧みに操り、それに連れて私は嫌でも顔を上下左右に向けるしかなかった。
さらにパレットの上に仰向けに倒された私の髪を女はグイと掴みあげた。
こ、今度はなに?!
まるで蛙のように惨めに開いた私の両脚の間に女は立つと、ニタッと笑ってこともあろうかハイヒールの尖った先端を私の股間にグイと押し込んできた。
「あぁ、ヒィッ!! や、やめて!!」

私は痛みに上体を起そうとしたが、頭上から髪を掴む手はそうはさせまいとますます力を入れて押さえ込みにかかる。
ギャァアアァアアァァーー!!!
ハイヒールの先は膣に達するほど私の体内に潜り込み、グリグリと掻き回すように責めたてる。
一見滑らかなエナメルの材質と思えたハイヒールは、実は周囲に小さな突起が無数に取り付けられたまさに拷問仕様で、その突起が私の内なる肉の壁を強烈に摩擦するのだ。
「いいのよ、大声を出して。気持ちいいんでしょ?ほらほらほら。」
いや、いや、いやぁーーー!!
さらにハイヒールの尖った先端は的確に私の陰核を捉え、踏み潰さんばかりの勢いだ。
言語に絶する激痛と味わったこともない奇妙な快感が私の脳天まで突き抜ける。
だ、だめ!も、もう壊れるーーー!!!!
「どう?そろそろ白状する気になったかしら?」
私の耐え難い表情を見計らって尋問を切り出しながらも、女の足先の攻撃は緩むどころか一層激しさを増してくる。
あああ、ぐぐぐ・・・・、「い、言わない!言うもんか!!」
そう叫ぶのが私には精一杯だった。
その答えに失望の色を露にした女は順番に足を変えながら、ついに私が悶絶するまでその後20分近くも股間を責め続けたのだった。

文章 蝉丸
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。