タグ別アーカイブ: 顔面縛り

倉科もえ 高所恐怖症の吊り 緊縛桟敷 掲載開始

Kurashina_010もえちゃんにベテランのAV女優が演じるようなオーバーなわかりやすい表情を求めるのは無理な要求である。
それだからこそ僅かな恥じらい苦痛の表情をみとった時は真にせまった哀しさ愛らしさに心うたれるものがある。
今回は徳田老人と無垢な少女のもえちゃんという組み合わせに視点をおいてみた。映像は脇役が作るといいますが、私の写真においても責めてしだいで絵づらの出来が決まってしまいます。徳田さんはーギネスブックに世界最長老のAV男優として記録されているーチィーフを首に粋にしたて、また今では博物館ものの靴下バンドをつけるようなとてもおしゃれな老人です。長く官能社会にたずさわれているせいで艶社会を歴史的にもよくごぞんじで貴重な裏ばなしをポロリとしてくださいます。たぶん徳田さんは今後も協力を願えるかと思いますから、会員の皆様からお知恵はいしゃくがあれば幸せです。
もえは瞳のきれいな素直な子です、すくなくとも我が現場においては高所恐怖症なのに二階から吊り下げられる場面を歯をくいしばってやりとげてくれた。可愛い顔をワンカットしか納められなかったことを悔やんでいる。強弱をつけて例えば正座などの時に自然な可愛さを撮ってあればと悔やんでいる。徳田老人がもえからはぎ脱がしたパンツを舐め自分の唾液を混ぜて臭いを嗅ぐシーンなぞは失った性欲をとりもどそうとする哀れな男の姿だ。また老人は興奮すると口がゆるみ、唾液があふれて涎を流してしまう様子がある。張り型がもえの秘部を出入りする、興奮した老人は若い娘の秘部からあふれでる愛の泉を期待して息をきらすのであるが、未熟なもえは恥じ入り尊敬する老人の変貌する様が哀しいばかりだ。そんな老人の責めを受けるもえの表情は真にせまっている。(後編ではついに涙を流して終焉となるが続編も可能かと思う)

屋根裏の女の尻 たしか芥川の小説にもあったと思うが。男の強い願望として便所(水洗ではなく昔懐かしい和式便所)の下に隠れて女の用をたすのを覗きたいという者がいる。分便にまぎれたい者、女の秘部を覗きたいという正常な者、いろいろだが究極の覗きだ。もえのひきしまった尻も下から覗き見るとそれはそれはそそりたつ、もえは怖くてそんな覗き魔など気にかけていられない、無防備なひきしまった若い尻が隙間にちらちらと動く様は万華鏡のエロチックさがある。恐怖に震えた足裏を見せてもえが下がってくる、ちらりと見えた足裏にこの吊りの絶頂がある、恐怖の美しさがある。

詫び  Twitterでもえが二階の床板の隙間から降ろされるカットがありましたが私は階下にいましたから撮ることができませんでした。あれは見事なカットだ、機会があれば再度挑戦いたします。

140306_620_200_model

注意:
月額会員サイト 杉浦則夫緊縛桟敷でのあおいの掲載は二ヶ月間で終了します、
以後はグループサイトの緊縛桟敷キネマ館にて販売される予定となっております。

リンク:杉浦則夫緊縛桟敷 →
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

あおい 顔面拘束に蝋涙を 緊縛桟敷 掲載開始

Aoi_004あおい杉浦則夫緊縛桟敷 にて掲載開始。

異常性癖の写真には美醜のバランスが大切だ。最近の私の写真がともすると美を求めすぎる傾向にあるのではないかと危惧している。
それというのもある計画のために40年ほどにおよぶ私の写真を見直している。納得のいく写真に出会った時はホッとするのであるが、大半は狂い死にたくなるような反省で辛い作業である。
  
今週掲載のあおいさんはとてもスレンダーで美しい脚の女性であります。とても従順です。私の想いを奴婢になって仕えるのです。顔面拘束の縄が脳に酸欠をもよおし、思考を奪われたあおいは醜い己の様に酔いしれている。形のいい鼻をつぶされそこに蝋涙が垂れた時などは、まるで絶頂感を感じたような呻き声がもれるのでした。
あおいの醜と俺の美の合体でひとつの写真のできあがり。相方の奈加師も燃え、縄の締め具合が強くなる。あおいにはこの荒々しい縄が、この血流を止めてしまう縄が、より忘我の淵に堕ちて満ち足りたうつろなまなざしをつくる。
縄を解かれたあおいの体に残る縄痕の血痕がいたるところにでき無惨なさまでがまた美しい、快楽を妊った女のオーラが薄い幕をつくりうずくまる。

140220_600_model

注意:
月額会員サイト 杉浦則夫緊縛桟敷でのあおいの掲載は二ヶ月間で終了します、
以後はグループサイトの緊縛桟敷キネマ館にて販売される予定となっております。

リンク:杉浦則夫緊縛桟敷 →
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →