タグ別アーカイブ: M女

峰岸ふじこ 全てが超ど級 緊縛桟敷掲載開始

Minegishi_152峰岸ふじこ杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

全てが超ど級、尻、バスト、ウエイト、迫力、関西なまりの話術、朝から迫力におされぎみ、そんな雰囲気にのまれて悪いことが起こった、この体重で後手の日常にない姿勢で縛られて長い時間横に寝かされると必ず肩を痛めてしまう、最近このような体型のモデルを使わなかったのでついうっかりしてしまった。
案の定2時間ほど撮影すると肩の痛みを訴えだした。最終の新幹線で神戸へ帰るというけつカッチンもある。痛みがひくまで待つわけにいかない。
だがこの猥褻感、卑猥さ並みの人生おくっていては出来ない体だ、厚い唇からのぞく充血した舌、幾人の精液を飲み込んだことかふじこの唇。豪縄でぎりぎり責めしぼれば油がこぼれるような熟女肌なんともすさまじい。

撮影毎に送信するTwiiterの人気は抜群、朝からどんどんフォローの数がうなぎのぼりだ。こちらの苦労もうなぎのぼり、奈加氏の縛りもあのてこのてと品数ふえる。

ふじこは肩の痛みをこらえて熟女の根性をはっき。室内は人気とライトの熱で熱中症警告ゾーンだ、ふきでる脂汗、陶酔の涎、涎が乳のような濃密で白いのはふじこはこの分泌液を男の陰茎にからませて昇天させる必殺の媚薬とするのか。
巨乳の理想の吊りは乳房吊りだ、だがふじこの乳ははりが強く縄で締めとめることが出来ない、それでも奈加氏は挑戦するがするりと抜け落ちてしまうやむなく菱形縛で溜飲する。

とにかく新幹線の最終にまにあうように終えてふじこを送り出した時にはスタッフ一同がっくりひざをおとし溜め息をついた撮影でした。

495_210_model

峰岸ふじこ杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

永瀬あき 祭り姿で緊縛拉致監禁 緊縛桟敷掲載開始

Nagase_021永瀬あき杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

永瀬あきを検索してみると膨大な動画の表紙画面が現れた、ロリコンの水着、制服は可愛い顔で微笑をつくっている。だが渋谷で遊ぶ少女のどぎついメイクの作品も多く見られた。今はこちらに永瀬の比重があるのかと不安にかられていた。
当日の朝の永瀬との初対面は意外な出会いとなった、小柄で礼儀ができている、握手を求められて手をとると小さな紅葉手は子どもの手をとったような柔らかな感触で不安はとんだ。

季節も秋祭り、少女の祭りのいでたちにあるエロチシズムはまばゆいばかりだ、少しきつめの化粧をし髪を結い上げて豆絞りの手ぬぐいをきりりと締めた姿、はちきれんばかりの太ももを晒して白いはんだこをはき、白足袋で少女たちが祭りの中を楽しげに浮き足だつ光景はわが股間もついつい楽しげになるものだ。
祭り狂いの奈加氏も拉致犯人として登場していただいた。下町育ちの永瀬は祭り好きとみえて衣装を着ると祭り気分でのりは最高、そこから拉致緊縛され、祭り囃子の聞こえる蔵に閉じ込められたあわれな少女になる。
拉致された恐ろしさに涙をながし蔵の窓辺に顔を寄せて救いを求めるのであるが、口をふさぐ固く結ばれた猿ぐつわで声がでない、ただ涙がこぼれるばかりだ。
こんな可愛い子の放尿シーンはぜひ見てみたいものだと頼んでみると快く引き受けてくれて、カットが変わるたびに『とめて!」と命令するときように止める技ももちあわせている。すべて疑似の演技はしたくないとのもとで小水を飲むシーンももちろん本人の生小水である。

今回は永瀬のリクエストで赤い襦袢を着たいということでテーマを2本組んだ。襦袢は似合うか疑問であったがメイクを直して襟を深く抜いた永瀬はすっかり色気だつ女であった。
AV女優はなんらの訓練も受けないで演技をするのであるが、ときどき真の女優のような演技の入りをする人がいる、永瀬もそんな一人であると思うが、彼女は縄が本当に好きなタイプだった。俺との呼吸がぴたりと合いカットをきざむ、おなかの丸い子どもの腹、股縄がかった陰部も子ども、クリトリスは小さく隠れている子ども、そんな子どもが芸者の色香をみせる。

永瀬あき杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

涼 素人応募モデル後半 緊縛桟敷掲載開始

Ryo_180涼(素人応募マニアモデル)杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

Twitterからの応募モデルさんでした、てっきり初心者かと思い面接してみると10年ほどの縛の経験があるとのことであった。みるからに聡明な顔立ちと清楚な衣服の好みは今回の屈辱の令嬢というテーマにはまっている、さっそく撮影の日取りを決めた。
昨年の家族の出かけた暑い夏の日に、私は涼しい風のとおる自室で蝉の鳴き声を聞きながらついうとうとと眠ってしまった。
夢見心地に人の睨め付けるような視線を感じて不愉快な思いで目覚めた、男の血走ったギラギラする目が息をこらして見つめている。怖くて金縛りにあったような身動きできないもどかしさのなかで、せめて助けを呼ぶ声を出そうとするのだがそれも叶わない、男になにやら布切れをむりやり口に押し込まれて口を塞がれてしまった。
顔に強い衝撃を受けて私は気を失った。性器に強い痛みがはしり足を広げる男の手の力で気がついたときには股間にねっとりとした感触があり不愉快な臭いがたちこめていた。私にはこうして義兄が初めての男。
両親が海外旅行に出かけた昨年の秋には勤めを終えて毎日やってきた、もともとまじめな義兄で姉以外の女は知らないようである。そんな日のある時から私を縛るようになった。
私は義兄の姉への優しさと円満な家庭をうらやみ義兄をあこがれの人と思うところがあった。たとえ不倫の関係でも処女を捧げた男、暴力のはてに私を犯した男でも大切な人、そんな人が喜ぶならばこの痛い縛にも耐えようとしてみた。
義兄は縛られた女の写真を見せながら慣れないてつきで縛る、写真には女の性器は写っていないがやたらと私の足を開いたポーズをつくる、そこを見たがる、私の恥じらいのうめき声をききたがる、私の背後にまわり私の性器を開いてなにやら自慰をする時もある。そんな彼を今は大切な愛しています。

涼(素人応募マニアモデル)杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

Twitter応募モデル×緊縛桟敷

秋代「杉浦則夫緊縛桟敷」にて掲載開始。

「今回はTwitterからモデル応募のダイレクトメールを送ってくれた正真正銘の素人M女性秋代さんです」
「彼女に撮影終了後、感想文を書いて頂いたので、今回はそれを掲載します」

杉浦先生、感想が遅くなり申し訳ございません。 過日は夢のような一日を、誠に有難うございました。
ツイッターからという異例の申し出にも関わらず、快くご対応下さり、一介の不形な主婦がこのような稀代なる機会に恵まれましたことは、誠に以って勿体無き幸せ、光栄至極としか申し上げようがございません。
御厚情に拝謝申し上げます。

今回の秘め事の実現に当たっては、相当な決意と様々な不安がありました。 そもそもツイッターで杉浦先生のアカウントを発見したのは恐れ多くもほんの数ヶ月前。それからは時折アップされる撮影風景の写メを貪るように拝見しては、強い羨望と言い知れぬ思いに身を捩らせる日々でした。

幼い頃より人知れず懐いてきた不埒な妄想と被虐の願望は、何を以て生じたものなのか定かではありませんが、所謂被加虐趣味の写真や官能小説を見て衝撃を受けてというより、それらは単なる呼び水に過ぎず、言ってみればもっと根底的な、宿世の業のようなものなのではないかと感じます。
因縁に導かれるまま、緊縛もほんの真似事程度ならばしたことはあったのですが、もどかしさが募るばかりでいまひとつ釈然としないままでおりました。
そんな中杉浦先生の作品に出会って、モデルの方々の艶麗な面差しを目の当たりにするにつけ「痛めつけられたい」「罰せられたい」「縄に酔いたい」「気持ちよくなりたい」そんな情動が再び燃え上がり、夫がある身でありながら、辛抱堪らず無謀な試みに踏み切った次第です。

杉浦先生に不躾にもメッセージを送らせて頂いた際は、はた迷惑な呟きをしてみたに過ぎず、ご返信を頂けるとは思いもよらなかったので、話が進むにつれ、実際に事に臨む覚悟はあるのか、求められるものを提供できるだけの器量が自分にはあるのか、果たして酔うことはできるのか、期待とは裏腹に自問の日々が続きましたが、挑戦させて頂き、こうして何とか作品の一部に加えて頂く事が出来て、冥加に尽きる思いです。

不慣れにつきご面倒をお掛けしたかと存じますが、何かとお心配り頂き、有難うございました。痛み入ります。 頂戴した写真を拝見し、纏綿たる陰翳の中縄化粧を施され痴態を惜しげもなく晒すこの女は紛れもなく私自身なのだと、見れば見るほど信じられない心地がすると同時に、あの出来事は夢ではなく現であったのだと、ひとつひとつ思い出し、振り返りつつ、改めて悦びを噛み締めております。

撮影当日は、幾人もの殿方に囲まれ、プロの縄師さんによる責め縄を受け、見られながらの本格的な撮影という初めてのことだらけで暫くは緊張しきりでしたが、夢中で縄に身を委ねる内に、次第次第にのめり込んでいきました。
秘密めいた淫靡さを搔き立てる旧家の佇まい、麻縄の咽ぶような匂い、流麗な縄捌きの音、怠惰の蓄積である分厚い肉に容赦なく食い込む縄…緊縛という行為にいつしか意識は恍惚とし、きりきりと締め上げられ身を切られるような絶え間ない痛みは快感に変わり…程なく心地よさすら感じ出し、いよいよ理性的な思考は崩壊、甘えの感情まで出てきて、逆さに吊って頂いた頃には、激しかった痛みはすっかり消え去り、包まれるように優しく、それでいて孤独な、経験したことのないような感覚が訪れ、嬉しいのか悲しいのか何なのか全く訳の解らない感情の波に溺れて、堰を切ったように溢れ出す涙を止めることが出来ませんでした。(人前で涙を流すことなんて、滅多にないのに。。) 恐らくあれは、普段無意識に繕っている構えが解け、頑なな心のタガが外れ、気取らないありのままの状態になれたことによってもたらされた深い癒しの感覚だったのでしょう。

一日中厳しく責め上げられて身体はぼろぼろなのに、終わってしまうのだと思ったら、安堵というよりも、悲しくて寂しくて仕方なくなり、いつまでも続けばいいのにと、祈るような、ねだるような気持ちになっておりました。
縄でがんじがらめにされ、身動きが出来なくなったその様は、赤ん坊の様でもあり、芋虫の様でもあり、意思が介在する余地もなくなされるが儘になることは、それがどんなに惨めで、無様で、恥ずかしく、手酷い凌虐であろうとも、身を預け心を明け渡し、寄り掛かり頼らざるを得ないという点で、矢張りどうしようもなく心地の好いことなのかもしれません。
身体は不自由なのに、心は爽快ともいえる解放感に満ち溢れているのです。
撮影後の数日間は、総身寝返りさえ打てない程の激しい痛みに苛まれましたが、それすらもただただ愛おしく、ベルトの跡や縄跡を見ては悦に入り、身体中の火照りを愛でながら、縛られている時の包まれるような幸せな感覚を思い出しては、痕跡が消えていくことを惜しみました。 夢にまで見た積年の思いが果たされ、一生の思い出です!と申し上げたいところですが、どうやら病み付きになってしまいました(笑)
望むべくもないことですがまた万が一このような機会を頂けた際には、万障繰り合わせて是が非でも参上致す所存でございます。

何はともあれ、この度は得がたい経験をさせて頂き、本当に有難うございました。
秋代こと。

まとまりがつかず申し訳ありません!以上が私の感想です。
一言でいえば「よかった!」「感動した!」なのですが。。
苦戦した結果がこの程度で忝いですが、どうにかお納め頂ければ有難いです。

秋代「杉浦則夫緊縛桟敷」にて掲載開始。

優木あおい×緊縛桟敷

優木あおい「杉浦則夫緊縛桟敷」にて掲載開始。

「オリンパスのコマーシャルに出ている女優さんに似ているね」
「このごろよく云われます、前は‥‥(私はタレントの名前にうとく忘れた)に似ていると云われていました」

笑顔が可愛い子であるが笑顔の奥に深い何かが隠れているように思われた。
この美少女に魅かれた男たちが多くいたことであろう、または美しさ故に男たちは遠巻きに眺めるだけであったのかもしれない。
「私は恋愛をしらない」となにかの会話の途中でポツリともらす。
そうだった、あおいとの会話はポキポキと折れるようでつながりに欠けるが、話の内容は刺激的だ。
「強姦願望は強いネ、オナニーはもっぱらそれ、冷房は嫌い、むれた暑い空気の中でするオナニーは濃厚な臭いを発散させて、汗ばむ皮膚とクリトリスから起こる焼けるような気持ちよさに狂て興奮する」。

大学を卒業して再び大学に学ぶ2年生、そして卒業したらまた大学に学びたいという向学心の持ち主。

優木あおい「杉浦則夫緊縛桟敷」にて掲載開始。