翻訳

海外の方に杉浦則夫写真事務所の作品をお届けする機会が結構あるのですが、
弊社には英語の長けた人材がおりません。
どなたかにお願いするにも、やはりお仕事としてちゃんとお願いせねばと思うのです。
しかしながら翻訳に回すお金もございません 泣。

そこで最近DeepLという自動翻訳が素晴らしいという噂を聞いて使っています。
英語わからないなりに確認してみても、今までの自動翻訳とは違うなってとこがわかります。

たわけ → nonsense(idiot・foolish act)

なかなかなものです。

しかし日本人すら読み取れない日本語を書く先生の文章の自動翻訳は無理そうですね。
英語のわかる方、この翻訳で大体意味は伝わっているのでしょうか?

【+縄+想い15 美帆 の自動翻訳】

+縄+想い15 美帆

It was painter Masashi Kagamido who said that he was not attracted to the tightly tied-up style of kimono dressing. There may be beauty in it, but it is not interesting. The ancestors of the Edo period were proud of their sophistication, saying that bait is a twist. If you look at the recent bindings, everyone is repeating the same kind of bindings. I wonder why.

I wonder if they do not make a rope rope line and the spatial treatment of the rope, etc., or if they cannot do it. It is usual to learn from imitating others, but if you want to become a professional from there, you should create your own individuality. It’s not a bad thing to be a Tengu, it’s not a bad thing to be a Tengu. I was in awe of the strict shugenja of the Tengu. 

I have been taking pictures with Miho for about seven years now. I wrote about the beginning of her career in the bondage press many times. Recently, her solo exhibition will be held in February next year. Because of this, she started to call my photos her work, which she never used to say before. Of course, I don’t call the photos I take for work a work of art, but an erotic one. In other words, Miho was the subject of my photographs, so she was a very special person to me. Actually, the work of the two of them which was created from seven years’ work is going to be done as a work for me. Miho takes my idea and creates a form. The photograph is made from the impression. It may be my personal photograph only, and it may be worthless to the rope mania. However, I am tweeting it as the title of +Rope + Feeling Miho to keep taking it. And it is in the pinch that Miho is going to throw out a subject just as soon as it thinks that it is still in the range of utterly unfinished. It is true that the restraint of binding her with her forearm every time she tries to throw her subject away just makes her frustrated and she feels sorry for her actions.

I announce this as “Another my rope” in the solo exhibition. In order to do so, I have to urge Miho to continue the work tonight while arguing with her. The recent quarrel is cursing, “You tie up other women”. There is no explanation of the promise of the return of the crowd. ‘You left the photographer’, which I suspect is the sad sex that has caused many of our fellow photographers to get divorced. But I’ll hang on until we get to this subject.

※Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

ごきげんよう

緊縛写真家 杉浦則夫という人の撮影スタイル

緊縛写真家 杉浦則夫 現場では皆「先生」と呼ぶ。
その撮影スタイルはちょっと面白い。

先生の助走のつけ方は、いわゆる怒りと混乱の中にあります。
怒号を撒き散らし「×?△%&●×□#$$%&ーーーー!」っという感じでわけのわからないことをわめき散らしながら自分のボルテージを一気に最大値へ押し上げて現場を作ります。
まるでスーパーサイヤ人に変化するみたいに変態になります。

それに振り落とされないように現場全体が後に続きます、みんな宇宙語のようなわけのわからない指示を読み解く超エキスパートになるのです。
あれをそっちでこれがそれで、●×□#$をもってこい!っていうの普通にあります。

その怒涛中で約束事無視に繰り返される縛りとポーズの変形から生まれる美しさが、未完成の中に美しさ漂う杉浦イズムとなっているんでしょうね。
前に先生が言っていました、A-B-Cと約束事をきめたり、段取りを組んだり、最初から丁寧に組み直したり、同じことを繰り返すようなことはしない。
バランスの崩れた中でなんとか努力して一生懸命に作り上げていく途中に何かが存在しているんだと。

(約束事無視といっても安全第一です、よくこんなはちゃめちゃな中で危なくないなと毎回思いますが、そこだけはいつも冷静に頭の中で確認しているそうです。さらに緊縛師さんを筆頭に皆の叡智を集結してモデルさんを全力でお守りしています。)

間違っていても気にしない、忖度も遠慮もしない、誰に何を思われても気にしない、あるのは常に最高の作品を作り出すこと、その一点に集中する。
こんなことを1日中繰り返しているので、緊張していないと一瞬「イかれてる」「こいつやべぇ」「超むかつく」「やってられんわ」となってしまう。
だからよく誤解される、先生やばいよね、人の気持ち考えられないよね、なんか時代に合ってないよね、あたおかじゃねって。

でもその最高を目指すのは、
その作品でみんなに恩返しする、みんなと同じようにはできないから、これしかないから、この一点に向かって突っ走る。
そんな気持ちも見えたりしています。もちろん自分のためが大半でしょうけど 笑。

ないしょですが、撮影前日は眠れない程緊張して、実は宇宙語の中に繊細な段取りと目指す先をみているんだ。と小さく呟いたことがありました。
わりと私は昔から先生の近くにいるのでなんとなくわかることもあります。
それでも1日の現場で何回かは先生に殺意を抱きます、そのくらいの狂気が杉浦則夫の作品を作っています。

不器用ながらも頑張っておりますので、
どうかみなさま末長くお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

杉浦則夫緊縛桟敷
https://www.sugiuranorio.jp

緊縛DVDジャケットデザイナーの小言

我らの初DVDジャケットデザイン、肩の力抜いてボツ案なしの一発制作でやりとげましたー。

まず写真を一枚も撮っていないので表紙に写真が使えないことに気づくことから始まります。
本編の1シーンをキャプチャして、拡大してごにょごにょして、なんとかイメージをひねくり出しました。
直接的じゃないようにするんだけど、直接的な感じがするイメージを心がけて、
レジに持って行くときに少しだけ恥ずかしい感じの変態加減にしようとしています。

色の持つ印象として、
ラーメン屋やレストランは食欲を煽るために暖かい色を広告や看板によく使います、
逆に青や緑は落ち着いた感じや清潔な感じ、エコな感じですね。
今回は性欲をそそりたい!なので欲つながりの暖色で黄色をメインに使いました。

裏面のデザインでは、ネットでみつけた「円グラフ画像メーカー」なるサイトで
本編の124分を360度に分配してデザインに組み込んみました。
なので、各タイトル横に記載されている収録分数に「何分間」という表記にしています。
この部分のデザインがそのまま盤面デザインに使われています。

黄色・時計・目玉ひん剥き…
時計仕掛けのなんたらをパスティーシュしたんだろぉと西ネガに言われましたが、
どーなんでしょうね。

最後にタイトル周りで悩んだ軌跡↓

小宮山亜依

緊縛オムニバス映像集

小宮山亜依

粘着質緊縛映像集

小宮山亜依

緊縛と執拗な責め

小宮山亜依

緊縛女体への執拗な責め

小宮山亜依

苦痛と快楽と私 〜爆裂オムニバス作品〜

HENTAI
Kinbaku omnibus video collection

部屋とYシャツと私みたいなw 完成❤️



このDVDは緊縛桟敷キネマ館で買えますよ。

ブエノスアイレスPicturesと一緒に作品を作ってみませんか?

この度杉浦則夫写真事務所スタッフ運営の新レーベル「ブエノスアイレスPictures」が皆様にアンケートを取らせていただきたく、以下質問を用意させていただきました。お気軽にポチッとしてください。

※質問毎に投票ボタンをクリックして投票してください。

オンラインサロン月額1000円なら入る?

現在の結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...


一緒に作品をつくるとしたら(Yesならチェック)

現在の結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...


月に自由に使えるお金はおいくら?

現在の結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...


その他お伺いしたいこと(Yesならチェック)

現在の結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

ご提案やアドバイス、メールでのやり取りを頂ける場合は是非以下よりお願いします。