放課後の向うがわⅡ-43

「形のいいお鼻で、うらやましいわ。  でも、息が出来ないでしょ?  どうします?  このまま死んじゃう?」  理事長の顔に、曙のように朱が差した。 「あふ」  理事長の口が、わずかに割れた。  歯間をうかがってたバイブは […]

放課後の向うがわⅡ-42

「ほほっ。  そうよね。  大丈夫よね。  ていうか……。  大好きなんだもんね。  こんなふうに、苛められるのが。  そういうの、マゾって云いますのよ」 「違います」 「違わないでしょ。  こんなに乳首、尖らせておいて […]

放課後の向うがわⅡ-41

 床に仰向いた理事長の真上に、川上先生がぶら下がってた。 「暑っつ。  美里、タオル取って。  ほら、その柱に下がってるでしょ。  バスタオル」  畳の脇の太い柱には、手を横に伸ばせば取れる位置に、白いバスタオルが下がっ […]

放課後の向うがわⅡ-40

 あけみ先生は、再び起ちあがった。  理事長を跨ぎ越し、川上先生の柱に向かう。  真っ直ぐな脚は、内腿がかすかに擦れ合った。  内腿は光ってた。  ナメクジの這ったような筋が、膝頭まで濡らしてる。  わたしは、思わず自分 […]

放課後の向うがわⅡ-39

「わがままな先生ね。  わたしは、まぁくんと違って……。  便利な奴隷じゃありませんの。  この場を支配するのは、あくまでわたし。  今日は……。  徹底的に焦らしの刑」 「いやぁぁぁ」 「あら、泣いちゃった。  ふふ。 […]