アンダーカバー・SUMIRE 5


本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

■第5章 赤い粉

それからいったいどれくらい気を失っていたのだろう。
手足に締め上げられる激痛を感じ、私は一気に正気を取り戻した。
両膝が胸に届くほど折りたたまれた格好で手足をロープできつく縛られ、尻と股間を無防備にも曝け出した格好で天井から吊り上げられている。
あう、うぅぅぅ・・・
目の前には今しがた私の股間を残忍に責め抜いた黒いキャミソール姿のあの女が立っている。
「あなた、さっきは悶え苦しみながらも随分と感じてたようじゃない。見てごらん、おかげで私のハイヒール、あなたの愛液でグチョグチョに汚れてしまったわ。そのお仕置きよ。」
女は傍らのテーブルの上に置かれたボウルに右手を入れると何かを一掬い掴み上げ、私の顔の前で開いて見せた。
その手の平の上は真っ赤な粉で覆われていた。
「し、七味?!」
「そう、七味唐辛子よ。これをあなたのアソコにたっぷり塗り込んであげるわ。きっと極楽級の快感で、またまた昇天しちゃうわね。ふふふふふ・・・」
「や、やめて、お願い。そんなことしないで!!」
私は恐怖に顔を引き攣らせて女に哀願した。
ハイヒールの突起でズタズタに傷つけられた股間にそんなものを塗り込まれたらどういうことになるかは、容易に想像できた。
「いいわよ、やめてあげても。でも、それなら素直にこちらの質問に答えてくれるのかしら?」
「うっ、・・・・・・・・・・・」
一瞬答えに詰まった私の股間に、容赦なく女の指先が潜り込んだ。
ヒィィィィィイィィィィィイィィィィーーーーーーッ!!!!

まるで陰茎ごと爆破されたような強烈な熱風が私の体内を一気に駆け上がる。
私は熱湯に投げ込まれた海老のように全身を硬直させ仰け反って悲鳴をあげた。
そんな吊られた状態で暴れまわる私の髪を女は握って押さえ付けながら、もう一方の手は傷ついた内壁にザラザラした七味を満遍なく塗りたくり続ける。

ある程度塗りつけると、再びボウルに手を入れて掬い上げ、そしてまた私の体内に忌まわしき赤い粉を擦り付ける。
そんな作業が何度繰り返されたのだろうか。
私はあまりの激痛に目を見開き、呼吸困難に口をパクパクさせるだけで、もはや悲鳴すら出せない状態になっていた。
「エージェントの訓練も大したことないわね。いいわ、時間はたっぷりあるし、今日はこの辺で許してあげるわ。一晩よく考えることね。明日はこんなもんじゃ済まないわよ。」
女はそう言うとロープをゆっくりと下ろした。

文章 蝉丸
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事: