アンダーカバー・SUMIRE 6


本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

■第6章 痴態

このままではマズイ。
私が口を割るまで、あの女は拷問はどんどんエスカレートさせていくに違いない。
今日の股間責めですら耐え抜くのが精一杯だったというのに、これ以上責め続けられたら・・・、それでも沈黙を守り通す自信なんかないわ。
でも・・・・、でも、私が捜査情報を漏らしたらどうなる。
公安○課がこれまで必死に追い詰めた今回のヤマ。その努力は水泡に帰すばかりか、悪党どもをのさばらせ、挙句はこの国を危機に晒すことになってしまう。
そんなことは、させるわけにはいかない!

私は監禁された暗い個室で、下腹部の痛みを堪えながらただ天井の一点を見つめ、自問自答を繰り返していた。
ほんの僅かな心の支えは、音信不通に非常事態を察知した味方の救助だった。
しかし、ここはいったいどこなのだろう?私自身にもわからない場所を、仲間が見つけ出せるとは思えなかった。
なぜなら、発信装置は社長私邸の書斎でガスに包まれた時、自ら咄嗟に破壊したため、そこを最後に私の居場所は途絶えてしまっているからだ。
やはり、ダメか・・・・。
絶望感と極度の疲労に完全に支配された私は、いつしか深い眠りの中に落ちて行った。

―――――――――――――――

「それで、君は無限地獄の苦痛から逃れるためなら捜査情報の提供も止むを得ないとだんだん思うようになっていったんだね。」
公安の取調室で正面に座る草八木課長は、興味深そうに目を爛々と輝かせ、煙草をゆっくりと燻らせながら静かに問いかけた。
まるで同意を求めるように。
「い、いえ、違います!私は決して拷問に屈する気はありませんでした。本当です!」
私は草八木の誘導尋問に咄嗟に反論した。
「なるほど、その時は“まだ”音を上げていなかったということか。まあいい。それで、奴らは次に君にどんな責め苦を加えたんだい?」

―――――――――――――――

私は聞き覚えのある男の声で目を覚ました。
いつの間にか、胸を大きく開いた白い薄手のワンピースに着替えさせられており、後ろ手に拘束された両手を縛るロープは、丸々露出した私の乳房をも上下からしっかり締め上げていた。

ハッとして私は正面に目を向け、そこに立ってこっちを見下ろしている男を睨みつけた。
暗崎社長である。
「その様子じゃ、どうやら手こずっているらしいな、NANA。もっと従順な娘かと思っていた私が甘かったようだ。」
暗崎は私の傍らにいる黒いキャミソールの女に語りかけた。
「心配なさらないで、お父様。必ず落として見せるわ。時間の問題よ。」
NANA。女の名前か?
お父様?ということは、暗崎の娘なのか。
この父娘の異例な年齢差を考えると、かなり遅くできた娘ということになる。
文字通り目に入れても痛くないほど溺愛された娘が、我侭放題育てられ、挙句はとんだサディストに成長したとしても不思議ではない。

NANAと呼ばれた女は、父親の期待に応えるかのように私の頭を力いっぱい押さえ込んだ。
あうっ!
私は顔を床に当てると同時に、思わず尻を大きく持ち上げるような格好にさせられてしまった。
NANAは素早く片手で私の背中を押さえて身動きを封じると、もう一方の手で巨大なシリンジを取り出し、ズブリと私の肛門に挿し込んだ。
あぁっ!な、なにするの!!や、やめ・・・・
NANAの手馴れた動作で見る見る私の体内に得体の知れない液体が注入されていく。
あぁあぁぁぁぁ・・・・・・・
「今からあなたには想像を越える痴態を演じてもらうわ。私とお父様の目の前でね。」
NANAはさらに充填済みの新たなシリンジを取り上げると、再び私の肛門から大量の液体を注入した。
液体が私の直腸を逆流し、体内の隅々まで浸透していくような経験したことのない不快感が私を呑み込んだ。

「浣腸プレイって聞いたことないかしら?でもね、このグリセリンには特別の調合が施してあるの。あなたに極限の腹痛を味わってもらうためにね。ふふふ・・・。」
「馬鹿言わないで!私はそんな趣味ないわ!やめなさい、こんなこと!!」
むきになって怒鳴る私は、間もなく腹の中に異常な変化を感じ始めた。
グルグルとまるで無数の手で内部から掻き毟られるような。
この様子を見たNANAはゴム製の栓を私の肛門に深く挿し込むとそれを革ベルトでしっかりと腰周りに装着した。
「今から激しい腹痛と強烈な排泄感があなたを襲うわ。でも、そのどちらからもあなたは逃れることができない。白状すると言わない限りね。」
「好きにするがいいわ!私はこんなことに負けない!」
NANAの恐ろしい予告は、すぐさま現実のものとなって現れた。
うぅぅぅ・・・、うわぁあぁぁ、うぐぐぐぐ・・・・・!!
あたかも重度の食あたりを起したような凄まじい痛みが腹の中を抉るように走り回る。
と同時に、腸内の排泄物がグルグルと音を立てながら肛門に突進する。
私は全身から脂汗を噴き出しながら、両手両足を縛られたまま床を転げまわった。
突然、ムズッとNANAのハイヒールが仰向けになった私の腹を踏みつけた。
「さあ、言ってごらん。ウ○チをさせてくださいって。はははははは・・・、どう、あなたの情けない姿。これでも敏腕エージェントって笑っちゃうわね。はははははは・・・・。」
グワァァァアァァァーーー!!く、苦しい・・・・・痛い、痛い、痛い!!!
暗崎とNANAが意地悪い笑みを浮かべて見つめる中、七転八倒する自分のあられもない姿を想像すると、私は羞恥と無念さではちきれそうになった。
「もっといいことしてあげるわ。」
NANAは私の髪を掴んで柱を背に座らせると、なんと股間にローターを当て始めたのだ。

ローターの振動が股間を起点に全身を貫く。
腹痛と排泄感がますます増幅されるとともに、意に反した強制的な快感が中枢神経を刺激し、ついに私は発狂寸前にまで追い込まれてしまったのだ。
そのような尋常でない状態がどれくらい続いたのだろう。
ほんの短い間だったのかもしれないが、私には永遠にも感じられる地獄の時間だったことはたしかだ。
やがてもの凄い解放感と異臭に包まれた後、そのまま私は悶絶してしまった。

文章 蝉丸
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「SUMIRE」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事: