放課後のむこうがわ 19


本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

放課後のむこうがわ 19

 わたしが夢から醒めたときには……。
 もう、窓からの光が、だいぶ傾いてた。
 一瞬、自分がどこにいるのかわからなかったけど……。
 剥き出しの下半身が、すべてを思い出させてくれた。
 裸のお尻に、鳥肌が立ってた。

 教室を見回しても、ともみさんもあけみちゃんもいなかった。
 今度こそ、置いてかれたみたい。
 誰もいない教室で、下半身裸でいることが、いたたまれなかった。
 誰かに見つかるんじゃないかって、恐ろしくなった。

 わたしは、隠しようもない下腹部を晒したまま階段を駆け降りた。

「あぁ」

 安堵の溜息が、声になって零れた。
 1階の床には、わたしのスカートと鞄が落ちてたの。
 わたしが戻るのを待ってくれてたみたいに。
 鞄はともかく、スカートが無ければ、校舎を出ることさえ出来ないんだからね。
 ほんとにホッとした。
 ショーツは見当たらなかったけど。

 スカートを着けてあたりを見回した。
 でも、あの2人の姿はもちろん……。
 あの2人の持ち物も、何ひとつ残ってなかった。
 わたしを置いて、2人で行っちゃったのかと思うと、切なかった。
 でも、スカートや鞄を置いてってくれた気持ちが、すごく嬉しかった。
 わたし、小学校のころ、虐められてた時期があってさ。
 よく、持ち物隠されたんだよね。

 鞄を抱えて木造校舎を出ると、体育館脇の通用口から新校舎に戻った。
 鍵が掛かってるんじゃないかって心配したけど、大丈夫だった。
 人影のほとんど無い新校舎を駆け抜け、寄宿舎まで一直線。

 その晩は、なかなか寝付けなかった。
 疲れてたはずなのにね。
 ともみさんとあけみちゃん、2人と知り合えた興奮が収まらなかったんだ。
 新しい友だちが出来たっていうより……。
 わたしにとっては、肉親に出会えたみたいなもの。
 そう、“変態”という血を分けた、かけがえのない肉親なんだよ。

 翌日は、放課後が待ち遠しかった。
 もちろん、また2人に会いに行こうと思ってさ。
 終礼のチャイムが鳴ると、真っ直ぐに体育館脇に向かった。
 人通りの絶えたタイミングをはかり、通用口を抜ける。
 踏み段から駆け出したわたしの脚が……。
 止まった。

 無かったのよ。
 木造校舎が。
 確かにきのう、木造校舎のあった場所は、テニスコートになってた。
 わたしは、ふらふらとコートまで歩いた。
 確かに、ここだったはず。
 でも、何度見回しても、何もない。
 まだ部活が始まってないらしく、コートには誰もいなかった。
 テニスボールがひとつ、赤土の上に転がってた。

 いくら何でも……。
 たった一晩で校舎が取り壊されて、テニスコートに変わるわけがない。
 場所を間違えて覚えてたんだって思った。
 記憶が混乱してるんだって。

 それから、校内を探しまわった。
 隅から隅まで探した。
 でも……。
 木造校舎なんて、どこにも無かったの。
 小さなものを探してるわけじゃないんだよ。
 校舎なんだからね。
 見つからないわけ、無いじゃない。

 もちろん、諦めきれなかった。
 翌日も探した。
 その翌日も。
 でも見つからない。
 勇気を出して、新しいクラスメイトにも聞いてみた。
 木造校舎への行き方。
 答えはひとつだった。
 そんなもの知らないって。
 みんなして口裏合わせて、わたしに教えないんじゃないかって思った。
 やっぱり、わたしの友達は、あの2人しかいないんだ。
 探すうちに、どんどんそう思いこんでいった。
 絶対見つけてやるって……。
 意地になった。

 何日探したろう。
 その日の放課後も、木造校舎への入口を探して、校内を歩きまわってた。
 そしたら、体育館脇の通用口あたりで、音楽の先生と鉢合わせしたの。
 ていうか、その先生、わたしのこと待ってたみたいなのよね。
 転校して間もなかったから、音楽の授業を受けたのは、まだ数えるほどだった。
 でも、初めての授業のときから、ヘンな気がしてたんだ。
 わたしのこと、じっと見るの。
 転校生だから、気にかけてくれてるのかなとも思ったんだけど……。
 なんか、粘り着くみたいな視線を感じてね。

 で、わたしは一礼して擦れ違おうとしたんだけど……。
 先生に声をかけられた。

「棚橋さん?
 だったわよね」
「はい」
「何かお探し?」
「い、いいえ。
 別に」
「それじゃ、少しいいかしら?
 お話ししたいことがあるの。
 音楽室に来てくれない?」

 気が進まなかったけどね。
 転校早々、教師に楯突くわけにもいかないし……。
 渋々、後をついて行った。

 音楽室の扉を開けると、中は真っ暗だった。
 窓に緞帳が下がってたの。
 暑かった。

「今開けるわね」

 先生は、教壇に近い緞帳を、一面だけ開けた。
 窓の外から西日が射して、床材の木目に伸びた。
 新しい鉄筋校舎だったけど……。
 音楽室だけは、床も壁も、木製だったんだよ。

 先生は、窓も少しだけ開けた。

「あんまり、風入らないわね。
 少し暑いけど、我慢して。
 寮に帰ったら、お風呂入れるでしょ?
 あ、そこ座って」

 先生は、ピアノ椅子を指差した。
 グランドピアノの前に据えられた椅子。
 一瞬、試験でもさせられるのかと思った。
 でも違った。

「部活とか、決まった?」
「いいえ」
「よかったら、写真部に入らない?
 わたしが顧問をしてるの」
「はぁ」
「どうやら……。
 わたしのこと、覚えてないようね」

 わけもわからず、先生を見上げた。

「それじゃ、これならどうかしら?」

 先生の両手が、顔の脇まで上がると……。
 メガネのセルフレームに添えられた。
 フォックス型の黒セルだった。
 先生は、メガネをゆっくりと外した。

「あ!」
「やっと、気がついてくれたみたいね」

 メガネフレームの外れた顔は、つるんとした卵みたいだった。
 そう、その顔はまさしく、あの「あけみちゃん」にそっくりだったの。

 でも、木造校舎で見た「あけみちゃん」は、間違いなく同年代の子だった。
 それに対し、目の前の先生は、どう見ても二十代後半……。
 ひょっとしたら、もっといってたかも。

「会ったでしょ、この顔に?
 木造校舎で」

 わたしは、うなずくしか無かった。

「もっとも、年齢は違うけどね。
 あの子、誰だと思う?」
「妹さん、ですか?」
「ハズレ。
 あの子の名前、覚えてる?」
「あけみ……、ちゃん」
「そう。
 そしてわたしの名前は……」

 先生は、扉の脇を指差した。
 そこには、火元責任者を表示するプレートが掛かっていた。
 プレートに書かれた名前は……。

【岩城あけみ】

第二十話へ続く

文章 Mikiko
写真 杉浦則夫
—————————————————————-

本作品のモデル「岩城あけみ」の緊縛画像作品はこちらからご購入可能です。

関連記事: