放課後の向うがわⅡ-48

 美里は、テーブルの新聞を持ち上げた。  紙面の幅いっぱいに書かれた『なでしこ 銀』の文字。  美里の掲げる古い写真に、同じ新聞が写っていると言う。  いったい、どういうことなのか。 「この写真を撮ったころだって……。 […]

放課後の向うがわⅡ-47

「あぁ。  最高……。  撮って。  ミサ、撮って。  立ちオナする変態女を。  そう。  あぁ。  フラッシュ浴びると、身体が燃えるわ」  あけみ先生のブラウスが、細かく震え出した。  指先は、すでに佳境を奏でてるに違 […]

放課後の向うがわⅡ-46

 理事長の背中が浮きあがった。 「あら。  手伝ってくれるの。  この、最後のクリップ、わたしがどこに付けたいか、わかってくださってるみたいね。  そうよ。  この鎖は、川上先生と理事長を繋ぐ、架け橋。  それでは、繋い […]

放課後の向うがわⅡ-45

 理事長のバイブはそのままに、わたしはその場を立った。  入口脇のテーブルから、カメラを取って戻る。 「ほら、そこから撮ってごらん。  ちょっと、待って。  わたしが構図を決めてあげる」  あけみ先生は、ファインダーの視 […]

放課後の向うがわⅡ-44

「美里。  理事長が、バイブ突っこんでほしいんだって。  ほら、これ持って足元に回って。  あ、待った。  湿らせてあげないと、可哀想ね」  言うなり、あけみ先生は、バイブを口いっぱいに頬張った。  バイブに纏わる舌に押 […]