亀甲縛りの貞操帯 来栖舞子 緊縛桟敷 掲載開始


kurusu来栖舞子杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

奴隷妻、配偶者の枷がついた完全なる服従者、だがDVではありません、二人は深い愛のある嗜好を共にする夫婦です。
舞子は身も心も快楽を欲する女である。夫の帰りを待つ昼時、夫が施した亀甲縛りを貞操帯として過ごします、とかれることのない縄は男好きな舞子にとっても彼えの操の証明であり安心して留守宅で過ごすことができる。一人でいると寂しさのあまり一日にいくどとなく自慰をしてしまう。

舞子の好みはクリップで両開きに開いた性器のあらわになったクリトリスに熱いローるい垂らすことである。これには相当の集中力がいる、舞子のクリトリスは小さいものではないが最初の一滴が突起の芯にあたったときの全身に走る刺激を好む、ローるいが重なれば重なるほど刺激がうすれ絶頂感をのがすのである。今日の一滴はうまく射止めたのか舞子の吐息がたかまる。

全身黒網タイツの不思議な魅力、なぜか刺青を思い起こした。黒クモに縄を咎める不思議な魅力、はたしてそのように見ていただけるでしょうか。今回のハイライトは胡座縛りの究極の両肩から足にかけた縄だ、こんな責めはいままで撮ったことがない。舞子だからできる責めだ、だがさすがの舞子でも1分この姿勢を保つのが限界でした、俺も夢中でシャッターをきってしまい舞子の表情を作るのに少々難があった、もったいないことおしたと反省。

女の性器の形にはいろいろだが、舞子のあれは雪原のクレパスのように割れている、肉襞が厚くこんもりとめくれている、太いバナナも喰わえたらたちまち切り落とすだろう。あな恐ろしや、だが勇者はこれに立ち向かうか。
縄あとをくっきりとつけて鏡を見ながら「あら、キスマークがずいぶんついてしまった」と満足げにしていた舞子でした。

495_210_model

関連記事:

    None Found

投稿者:

杉浦 則夫

杉浦則夫写真事務所代表 杉浦則夫