宮崎由麻×緊縛桟敷 レオタード姿の女教師


宮崎由麻杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

撮影後期:
色白で潤いのある裸の肌は昼の光に照らされて美しい佇まいであった、そして恥ずかしそうにするさまは可愛さがます。
かって新体操を習っていたという柔軟な体つきはさまざまな責めに艶をそえて感動させる、トウシューズを垂直に立ててバランスをたもった立ち姿の脚の美しさは由麻のプロポーションの美しさをきわだたせていた、残念な失敗は私の発案であったがトウシューズ履いた美しい脚をぐるぐると縛ってしまったことは失敗であった。
不思議なのはまた縄で開かせられた股間の穴、小さなポッカリとした穴、どのようにしてあのような形になったのかは不思議、きっと新体操などの奇怪なポーズをとっていると、あそこも人並みはずれた形をつくるのか。私が好きな責めがあるウエストを極限まで反らした先にふっくらとした尻がのぞいている、なんとも可愛らしくエロチックだ。
髪を縛ったロープで足を縛った時にはさすがに「髪がぬける」と叫んだがすかさず撮る事ができた、これも貴重な一枚になるだろう。なんとも楽しい撮影でした。

宮崎由麻杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

関連記事:

    None Found