放課後の向うがわⅡ-44


「美里。
 理事長が、バイブ突っこんでほしいんだって。
 ほら、これ持って足元に回って。
 あ、待った。
 湿らせてあげないと、可哀想ね」

 言うなり、あけみ先生は、バイブを口いっぱいに頬張った。
 バイブに纏わる舌に押しあげられ、頬肉がうねりながら動いてる。
 潤んだ瞳に、喜色がさざなみのように浮かんだ。
 刹那、先生の顔が上下動を始めた。
 ピンク色のバイブが口中を出入りする。
 先生は、激しくうなずき続けながら、わたしの視線を絡み取った。
 切ることを許さない眼差しだった。
 でも、先に視線を外したのは、先生だった。

「おげぇぇ」

 先生は、バイブを吐き出すと、背を折ってえずいた。

「げほげほ。
 はは。
 突っこみすぎちゃった。
 涙出てきた。
 でもこれで、根元まで湿ったわ。
 ほら、美里。
 これ持って、理事長の足元に回って。
 そうそう。
 突っ立っててどうするのよ。
 しゃがむの。
 そしたらまず……。
 理事長のまんこチェック。
 濡れてる?
 見てたってわからないでしょ。
 触って調べる」

 陰毛を剃りあげられた理事長の性器は、驚くほど綺麗だった。
 小さな陰唇が、おちょぼ口みたいに開いてる。
 わたしは、恐る恐る指を伸ばした。
 指が触れた瞬間……。
 理事長の肛門が、シャッターのように絞られた。
 指先には、はっきりと湿り気が感じられた。

「どう?
 濡れてるでしょ?
 やっぱり。
 高飛車な女って、本性はドマゾだったりするものなの。
 自分がそうされたいという願望を、他人にぶつけてるのね。
 だからほんとは、こういうシチュが大好き。
 そうよね?
 理事長先生」

「ほほ。
 無理にうなずかなくてもいいんですよ。
 舌が痛いでしょう?
 お気持ちは、ちゃーんと汲み取りましたから。
 美里。
 中までチェックして。
 指突っこむのよ。
 いくら小さくても、処女のわけないんだから、大丈夫よ。
 理事長、いかがです?
 生徒に指を入れられるお気持ちは?」
「岩城先生、お願い!
 そんなことさせないで。
 棚橋さん、止めて」

 川上先生の声に、わたしの指が止まった。

「あら、妬いてるの?
 それとも、自分の方が先に入れられたいのかしら?」
「違います!」
「そんなこと言いながら、乳首おっ勃ててるくせに」
「してません。
 クリップが……」
「わたしの言ってるのは、挟んでない方の乳首のこと。
 ギン起ちじゃないの」

 川上先生は、顔を伏せたままかぶりを振った。
 豊かな髪が、闇を揺らした。

「触ってあげましょうか?」
「止めて!」
「ふふ。
 きっと声が出ちゃいますもんね。
 恥ずかしいわよね。
 なんなら、舌にもクリップしてあげましょうか?
 あら、それも嫌なの?
 わがままな先生ね。
 じゃ、おとなしく見てなさい。
 大好きな理事長先生が、生徒にバイブ突っこまれるとこ。
 美里。
 指はもういいから、いきなり突っこんじゃって。
 大丈夫。
 2人とも、立派な変態だから。
 まんこの準備は、とっくに出来てるわ。
 もたもたする子は嫌いよ。
 出来ないなら、あんたに突っこむからね。
 早く!」

 あけみ先生の冷たい声に、涙が滲みそうになった。
 でも、どうしてわたしは、逃げ出そうとしなかったんだろう。
 逃げようと思えば、いつでも出来たのに。
 やっぱり、あの旧校舎の記憶を共有する先生が、わたしにとっては特別な存在だったんだろう。
 それに……。
 ひょっとすると、ともみさんに会えるかも知れないし。
 話しかける相手もいなかったわたしに、初めて出来た2人の友達。
 友達っていうのも変だけど。
 でも、あのころのわたしには、この2人のほかに寄り添える人はいなかった。

「美里!」

 わたしは、バイブを握り直した。
 先端を、理事長の陰唇に宛がう。
 理事長の腿裏に、腱が走った。
 張り詰めた縄が、弦のように響いた。
 わたしは、手元を一気に押しこんだ。

「はひぃ」

 理事長が、風に似た声を立てた。

「ほほ。
 ずいぶん、思い切り良く突っこんだわね。
 理事長もお悦びだわ。
 そのまま、ゆっくり出し入れしてごらん。
 そうそう。
 上手上手」
「はが。
 はががが」

 理事長の腹筋が、甲板のように浮きあがった。

「ふふふ。
 いかがです?、理事長。
 生徒に犯されるご気分は?
 そのままイカされてみます?
 美里、もう片方の手で、クリ弄ってあげて。
 指先を揃えて、クリに載せて……。
 注射跡を揉むみたいに、やさしく捏ねてあげて」

 言われたとおり、束ねた指先をクリの上から宛てがった。
 指の腹には、明白なしこりが感じられた。

「どう?
 勃起してるでしょ?」

 わたしは、思わず頷いた。
 理事長の顔が、悲しそうに歪んだ。

「動かして。
 恥丘ごと押し回す感じよ」

 理事長の首が起ちあがった。
 わたしを真っ直ぐに見る瞳には、哀願のさざなみが揺れてた。

『お願いだから、動かさないで』

 理事長の瞳は、そう言ってるように思えた。

「ほら。
 理事長、お待ちかねよ。
 回して。
 自分ので、毎日やってるでしょ」

 わたしは、押しつけた指先を、ゆっくりと始動させた。
 力を徐々に加えながら、指先に円を描かせ始める。

「ひぃぃ」

 北風みたいな声とともに、理事長の頭が仰け反った。

「ほーら、来た。
 変態ショーの、始まり始まり。
 川上先生?
 いかがです。
 ちょっと、なに顔逸らしてるのよ。
 ちゃんと見なさいって。
 嫌なの?
 そうよね。
 大好きな理事長のまんこが、誰かに弄られてるんですものね。
 しかも、理事長は……。
 気分出しちゃってる。
 ほほほ」

 川上先生は、顔を伏せたまま、首を横振り続けた。

「はんが。
 はんがぁ」

 理事長が、鼻濁音を噴きあげ始めた。

「豚さんみたい。
 よっぽど気持ちいいのね。
 視線が飛んじゃってますわよ。
 ほら、川上先生、見なさいって。
 言うこと聞かないんなら……。
 理事長の肛門に突っこませるからね。
 いいの?」

 川上先生は、さらに激しく首を振った。

「なら、見なさい。
 顔上げて。
 そう」

 額に切なそうな皺を刻みながら、川上先生の顔が上がった。
 視線が、わたしの手元に落ちた。

「どう?
 気持ち良さそうでしょ?
 あなたもされてみたい?」

 川上先生は、再び首を振った。
 でも、その目線は、わたしの手元からブレようとしなかった。

「うそおっしゃい。
 うらやましくてしょうがないくせに。
 言ってごらん。
 わたしにも入れてくださいって。
 わたしのクリも弄ってくださいって」
「はんぐぅ。
 はんが、はんががが」
「ほら、理事長、イッちゃいそうよ。
 言ってごらんって。
 わたしのも弄ってって」

 川上先生は、全身を捩りながら首を横振った。
 豊かな髪が、闇に墨汁を撒き散らす。

「ははははは」

 あけみ先生が、仰け反りながら笑った。
 指先が持ちあがり、川上先生の股間を指した。

「身体は正直ね。
 美里、ほら見て。
 垂らしたわよ、この女。
 まんこから、糸引いてる」

 あけみ先生の指先から逃れるように、川上先生は身を捩った。
 もちろん、逃れるすべはない。

「ほーら。
 垂れてく垂れてく。
 川上先生。
 恥ずかしがることありませんよ。
 すっごく綺麗」

 そのとおりだった。
 川上先生の股間から垂れる糸は、まるで天上から下がる蜘蛛の糸だった。
 身じろいだせいで揺れる糸は、電球の明かりを返して銀色に光った。

「そうだ。
 写真!
 美里、カメラカメラ。
 早く取ってきて」

 そんなこと言われても……。
 わたしは、手元のバイブに目を落とした。

「それはそのままでいいから。
 その方が絵になるでしょ。
 早く!
 糸が切れちゃうじゃない」


本作品のモデルの掲載原稿は以下にて公開中です。
「川上ゆう」 「結」 「岩城あけみ」

《説明》
杉浦則夫の作品からインスピレーションされ作られた文章作品で、長編連載小説のご投稿がありました。(投稿者 Mikiko様)
本作品は毎週日曜日に公開される予定となっておりますので、どうぞお楽しみに。
前作を凌ぐ淫靡と過酷な百合緊縛!「川上ゆう」さん、「YUI」さん登場予定作品です。
時を越え、再び出会った美里とあけみ。現在に戻った美里は、さらなる花虐へと誘われていく…。


関連記事: