永瀬あき 祭り姿で緊縛拉致監禁 緊縛桟敷掲載開始


Nagase_021永瀬あき杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

永瀬あきを検索してみると膨大な動画の表紙画面が現れた、ロリコンの水着、制服は可愛い顔で微笑をつくっている。だが渋谷で遊ぶ少女のどぎついメイクの作品も多く見られた。今はこちらに永瀬の比重があるのかと不安にかられていた。
当日の朝の永瀬との初対面は意外な出会いとなった、小柄で礼儀ができている、握手を求められて手をとると小さな紅葉手は子どもの手をとったような柔らかな感触で不安はとんだ。

季節も秋祭り、少女の祭りのいでたちにあるエロチシズムはまばゆいばかりだ、少しきつめの化粧をし髪を結い上げて豆絞りの手ぬぐいをきりりと締めた姿、はちきれんばかりの太ももを晒して白いはんだこをはき、白足袋で少女たちが祭りの中を楽しげに浮き足だつ光景はわが股間もついつい楽しげになるものだ。
祭り狂いの奈加氏も拉致犯人として登場していただいた。下町育ちの永瀬は祭り好きとみえて衣装を着ると祭り気分でのりは最高、そこから拉致緊縛され、祭り囃子の聞こえる蔵に閉じ込められたあわれな少女になる。
拉致された恐ろしさに涙をながし蔵の窓辺に顔を寄せて救いを求めるのであるが、口をふさぐ固く結ばれた猿ぐつわで声がでない、ただ涙がこぼれるばかりだ。
こんな可愛い子の放尿シーンはぜひ見てみたいものだと頼んでみると快く引き受けてくれて、カットが変わるたびに『とめて!」と命令するときように止める技ももちあわせている。すべて疑似の演技はしたくないとのもとで小水を飲むシーンももちろん本人の生小水である。

今回は永瀬のリクエストで赤い襦袢を着たいということでテーマを2本組んだ。襦袢は似合うか疑問であったがメイクを直して襟を深く抜いた永瀬はすっかり色気だつ女であった。
AV女優はなんらの訓練も受けないで演技をするのであるが、ときどき真の女優のような演技の入りをする人がいる、永瀬もそんな一人であると思うが、彼女は縄が本当に好きなタイプだった。俺との呼吸がぴたりと合いカットをきざむ、おなかの丸い子どもの腹、股縄がかった陰部も子ども、クリトリスは小さく隠れている子ども、そんな子どもが芸者の色香をみせる。

永瀬あき杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

関連記事:

    None Found

投稿者:

杉浦 則夫

杉浦則夫写真事務所代表 杉浦則夫