美人素人モデル アリス 看護婦監禁 緊縛桟敷 掲載開始


Alice_002素人モデル アリス杉浦則夫緊縛桟敷 にて掲載開始。

女の文面で応募のメールが届いたから本人からと思っていたら恋人のパートナーであった。節々に強い言葉があったから気の強い女性かと危惧したが男の文面とわかればさもありなんだ。六本木アマンドの前で待ち合わせる。顔写真で確認はしてあるが写真は不確かなものであまり信用がおけない、不安なおももちで待つ。
身長160㎝黒のコートに黒のブーツをおしゃれに着込んだOL風な女性が交差点の反対から前もって教えた俺の携帯に連絡が入る。すらりとした美人だ、初対面では会話がとぎれがちで気まずいものであるが、アリスとはスタジオまでの5分ほどの会話はとぎれることもなくパートナーの話をする、出会いから二人は緊縛のSとMというめずらしい出会いであった、プレーは週2回ほど3年ほど続いている、浣腸、ローソクの経験なし正統な?緊縛マニア。
制服マニアで普段は制服をきて緊縛されるだけで裸で縛られることは少ないという。制服の緊縛が集中しやすいということでナース服を用意した。ナース服を着たアリスはさすが制服に執着するだけにすっかり看護婦になりきっている。おお今日は看護婦の拉致であったのに院外をナース服で歩く看護婦の後ろ姿を撮るのを忘れた残念。男のむさくるしい部屋に監禁された美人看護婦。

アリスは小学生の時から看護婦に憧れて苦労して看護学校を卒業した。この白い制服を身にまとうと清らかな天使になれると友人に話すのでした。男は天使の羽を折る。アリスの大切な純白のナース服に大きな男根をさらけだしてドバドバと小便をたらす。天使の鎧を剥ぎ取り女に仕立てる。
私はさらわれてからもう1週間になるのかしら、薄暗い狭いカビ臭い部屋で、せめてシャワーとトイレぐらいは使わせてください。
女の陰部からたちあがる鼻がまがる強烈な臭いを嗅ぐと、女を下等動物しあげてみたいと思うのだ。
辛いのですたとえ虫けらのような貴方にでも、女のすべてを晒すのは。
尻をあげろ、動物の交尾だ。A感覚の調教だ。犬になって俺の一物を舐めろ。
ああ私は救われない女なのかしら、男のみにくい手が股間にのびると最初は必死に抵抗するのですが、力ずくで花心をこじ開けられると防げません、指がぐいぐいと豆を刺激するのです、私の体はもう抵抗しきれません、助けてください、私はそんな女ではありません。
お前の扉を開くのだ、濡れた紅いひだを晒せ。
嫌だ嫌だこんな男におもちゃにされる私、
おおよがれよがれ、吐息がもれるぞ、そらそらお前のオ○○コがたこの吸盤みたいに俺の指にすいつくぞ。
こんなひとりごとを頭に描いて撮影をした。

600_model_131121

注意:
月額会員サイト 杉浦則夫緊縛桟敷でのアリスの掲載は二ヶ月間で終了します、
以後はグループサイトの緊縛桟敷キネマ館にて販売される予定となっております。

リンク:杉浦則夫緊縛桟敷 →
リンク:緊縛桟敷キネマ館 →

関連記事:

    None Found

投稿者:

杉浦 則夫

杉浦則夫写真事務所代表 杉浦則夫