Aya×緊縛桟敷 個展で出会った女


Aya杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

次週の掲載モデルを誰にしようかと考えながら私の個展会場に出向いてみると、入り口で「先生おはようございます」と美女から声をかけられた、私としてはみおぼえがなく怪訝なそぶりでいると、奈加氏の縄会で会っているという、会場にいた奈加氏にさっそく紹介をいただき、そのばでモデルを決める事ができた、こちらも助かったがAYAの嬉しがりようは尋常を越えその場で日程が決まるとすでに撮影が始まったごとく緊張し始めるのであった。この調子では一週間さきの撮影日までにストレスで体調をくずしてはいけないと心をほぐしてみてもいっこうにききめがない。
だが撮影が始まるとさすがベテランだけに緊張はほぐれ、本日のテーマである令嬢を演じていた。個展が終わってBBSにも書きましたが、私は撮影に変化を求めるようになった、具体性はみえない、だが欠けている緊縛の要素を知り、個人として一つ二つ取り込みたい、学術的なことではないので絶対的とか形式的とかとむずかしいことは苦手だ。
緊縛桟敷の縛師は奈加氏が中心であるから先日そんな話をして賛同を得た、だがわれわれ職人は一度習得した技を変化させるのは容易でない。また先日ある会員の方から個展を見て、やはり昔のフイルム時代の写真がデジタルと比べるとよりまさると指摘があり、だが今の環境でできることをせいいっぱい努力して下さい。と温かい支援のメールも届いた。

AYAの撮影にもどります。本格的に緊縛されるのは初めてとのこと、体はかたい、やせ形ではあるが小さいお尻が丸くて魅力的、想像以上の拘束の厳しさに4度ほど泣くはめになる、AYAにとっては辛い1日になった、しかし泣いてもシーンが終わると目をはらしててれたようなはにかみの笑顔をつくっていた。

Aya杉浦則夫緊縛桟敷にて掲載開始。

関連記事:

    None Found

投稿者:

杉浦 則夫

杉浦則夫写真事務所代表 杉浦則夫